2014年08月30日

夢への一歩

「一生懸命やらないとどんなものでも夢はかなえられない」

両足を切断するほどの大事故に遭い、夢を失いかけたのはちょうど1年前の事。
まーぼの母校で起こった事故はとてつもないショックな出来事でした。

まーぼ母校を彼に紹介したのは私。
責任の一端は私にもあるのでは・・・。
1年前はそんな事ばかりを考えブログを休んでいた時期でした。

そして彼の事故後に決定した東京五輪、東京パラリンピック。
その決定に大きく力を発揮したのがパラリンピアンの佐藤真海さん。
彼女のスピーチを聞いて「いつか彼女のように未来を見てスポーツに打ち込む日が来れば・・・」
そう願っていました。

そしてそんな日がまさか事故からわずか1年後にやって来ました。

東京パラリンピックの新戦力を探すイベントに参加した彼。
そんな彼をNHKのスポーツ番組が取り上げていた。
慣れない競技ばかりで戸惑う事もあるだろうけど、体を動かし笑顔を浮かべていた。
笑顔は人を幸せにするけど、彼の笑顔ほどの力を持つものはそうはないと思う。

冒頭の言葉はそんな笑顔の彼が発した言葉でした。

子供の頃に描いた夢ではないと思う。
でも今の自分を受け入れて新たな夢を手に入れた彼が笑顔で体を動かし汗を流している。

こんなに嬉しいことは無い。
こんなに嬉しいことは無い。

彼のために自分に何が出来るのか。
模索する日は今後も続いていくと思う。
いつか彼の笑顔を、彼が夢に向かって汗を流している姿をカメラに収めてみたい。
私自身もそんな夢を見てしまった。そんな魅力のある笑顔でした。

posted by かに at 22:40| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も見ました!
ホントに良い笑顔をしてましたね。
東京パラリンピックでは彼の雄姿が見られることを楽しみにしてます!
Posted by PAT at 2014年08月30日 23:43
部外者の私が言うことでは無いかもしれませんが、
彼の事故の「責任」は、かにさんは全く無いと思います。
けれど彼の今後を応援し続ける「義務」みたいなものは、
あるような気がします。
かにさんも、それを承知していらっしゃるから
「責任の一端」を感じているのでしょう。
大丈夫です。
たまたまですが、かにさんのブログで彼を知った
私も、彼を応援しようと思いました。
たぶん全国たくさんのこのブログファンも同じ気持ちを
持ったはずです。
かにさんは既に彼の「応援団長」です。
首からメダルを掛けた彼をかにさんが撮影する日まで
みんなで応援しましょう。

Posted by サトケン at 2014年08月31日 23:26
PATさん、ありがとうございます。
あの笑顔はきっとすごく多くの人に勇気と笑顔を与えてくれましたよね。
私もすごく多くのモノをもらいました。
だからこそ、この気持ちを持ち続けて彼の応援をしていきたいって思いました。

サトケンさん、ありがとうございます。
未来を目指そうと考えた時点で若者には無限の可能性がありますからね。
私の役目なんてささやかなものですが「応援団長」として何かが出来ればいいなと思っています。
ぜひ一緒の応援して下さい。ありがとうございます。
Posted by かに at 2014年09月04日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック