2014年06月08日

まだこれから

いよいよ待望のグリエルが1軍デビュー。

今日はテレビ観戦でじっくりと見る事が出来ました。
期待通り、それ以上の活躍で4打数3安打。
2打席目のレフト前ヒットはサード松井稼頭央のエラーっぽかったけど、3打席目のレフト線への2ベース、4打席目のセンター前ヒットは完璧だね。
特に4打席目のヒットはちょっと詰まった感じで、ショートに捕られると思ったんだけど、打球が早かったからか、サードよりに守ってたからか、キレイに抜けていきました。
これから打数を重ねる内に研究されて打てなくなる時期もあるだろうけど、それを乗り越えて結果を残せる力はあると思うな。

守備も柔らかくてすごく上手い。しかも送球がスゴイ。
しかもプロの試合を見ていて、普通に捌いたサードゴロの送球でスゴイって思う事は滅多に無い。
投げた次の瞬間にファーストに届いたんじゃない?ってくらい矢のような送球でした。
もしかしたらマウンドに登っても140kmくらいは簡単に出せちゃうんじゃないかな?

これで3番グリエル、4番ブランコ、5番筒香、6番バルディリス、7番梶谷というかなり強力な打線が出来上がった。
まだまだ全体的にバッティングの調子が上がって来てはいないけど、グリエル効果で良くなっていって欲しいな。

投手陣もハーラーダービートップの井納に加え、久保も良くなってるし、番長も結果には繋がらなかったけど好投してくれた。そして今日も好投して勝利したどすこい山口。
この後は藤井やルーキー柿田が上がって来たらずいぶん先発陣が落ち着くと思うんだよね。
7、8、9回はずいぶん安定してきたからあとは先発陣の踏ん張り次第。
ベイスターズの6月攻勢が始まりそうな予感がします。

他チームはと言えば、予想通り広島が落ちてきました。
確かに一時期はすごい勢いで勝っていて素晴らしく強いと感じる時期があったけど、この勢いがずっと続く事は無いと思っていました。
そして広島とは逆に中日が調子を上げてきた。
ヤクルトも脅威の打線で何だかんだで勝ちを拾っている。

現時点でベイスターズは最下位だけど、でも下位と上位の差がこの交流戦でグッと狭まってきたよね。
セ・リーグの1位から6位までのゲーム差は現在7.5ゲーム。
これはパ・リーグの1位から4位までの差より少ない。3位から6位までの差より少ない。
まさに混セになりつつある感じでしょ。

4月から考えたら格段にプロ野球が面白くなってきてるよ。
もちろんそれはベイスターズが勝ってるから、なんだけどね。
posted by かに at 19:01| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついにデビューしましたねぇ〜
キューバの至宝と言われる選手を見られるなんて、贅沢な話ですよね。
阪神戦ではあまり活躍してほしくないけど・・・^^;
Posted by PAT at 2014年06月08日 21:41
PATさん、どうもです。
グリエルはキューバ国内のリーグが3月に終わって、2ヶ月近く実践から離れていたと考えればこれまでの結果は出来すぎってくらいです。
夏を終える頃にはもっと本来の力を発揮してくれるでしょうから、楽しみでしょうがないです。
それにして、西、金子が連続で来るのは厳しすぎです。(>_<)
Posted by かに at 2014年06月12日 11:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック