2014年03月26日

危機感

以前書いた新入会選手の話。
おかげさまでその後入会手続きに来る方が相次ぎ、先日の日曜日で新入会は20人を越えました。

この後にも入会したいと言う連絡が何人か来てますので、リーグ説明会の時には30人弱になるかな、と感じています。

新しいホームページの運用も含めて、チームの良さをいかにアピールしていくかと腐心して来ただけに、例年に近い人数が集まってくれて広報担当としてはホッと胸を撫で下ろしています。
問い合わせのメールには可能な限り10分以内に返信を送る様に心掛けてるし、メールが長くなっても質問には全部答えてるしね。こうした小さな積み重ねが多少は影響してるかな、とほんのちょっとだけ自負してます。(^^;;

しかし、近隣のチーム、地域と言うことを考えると不安もあります。

春季大会期間中、近隣チームの方と話すとウチよりもっと危機感を持ってるチームがすごく多い。
中にはまだ新入会が数人というチームもありました。

こういうのってウチが人数揃ったからオッケー、って事じゃ無いと思うんです。
ブロック全体、支部全体の力が拮抗して、切磋琢磨していくからウチも負けじと頑張る。そうやって地域がレベルアップして行くことって大事だと思うんです。

ブロック、支部のレベルが下がってしまえば、今はウチに入ってくれてる人も将来はボーイズやヤングと言った他リーグに流れてしまうかもしれない。

そもそも、ここ数年サッカーに押されて野球少年の人口が減ってるって聞くんだよね。
野球に関わる人間としては、サッカーより野球の方が数段面白いし、野球選手はカッコイイって思ってます。

しかし今年はサッカーのW杯もあるし、またサッカーが注目を集めちゃうんじゃ無いか、サッカーを始めたい、息子をサッカー選手にしたいって親が増えちゃうんじゃないかと危機感を持っています。

とあるプロ野球チームのお偉いさんは未だに「◎◎が強ければ経済が活性化する」なんて前時代的な事を言ってる。

野球界はそんな事を言っていられる状況じゃ無いんだよ。
偉いさん達にはもっと危機感を持ってもらいたいよね。

かつて人気のあったラグビーやモータースポーツも今ではテレビ中継されることもなくなり、人気の回復はまだまだ難しいと思う。

プロ野球だって地上波中継が激減しています。
現時点でもっと危機感を持たなきゃおかしいっしょ。

野球を知ってる人間だけが野球を楽しく思うって言うんじゃダメなんですよ。
野球人全体でこの事は考えないといけない。

野球チームに身を置くものとして今の状況に危機感を持ってます。




posted by かに at 02:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
息子チームがまさに危機的状況にあります。
手続き完了者は0人。。。
一応、入ってくれそうな選手は2名いますが、決定していないということは、どうなるかわからないということですもんね。。。

でも、そんな状況なのに、チームスタッフから危機感を感じないんです。
仕方がないので、父兄が色々と動き回っている状況。。。
これ以上、書くと愚痴になっちゃうので止めますが、ホントに危機感を持たないと”エライこと”になってしまいそうです。。。
かにさんのおっしゃってる危機感とは規模が違いすぎますが^^;
Posted by PAT at 2014年03月26日 21:58
PATさん、どうもです。
チームの財産は選手。
スタッフはその財産を少しでも増やすために腐心しなければいけないと思うんです。
とは言っても選択権は向こうにありますからね。
何をどうすれば獲得出来るという決まりがあるわけでもないし。
非常に難しいですよね。
小学校低学年の子供、父兄に野球を選んでももらう事も同じ。
危機感の根っこは同じ事だと思います。
なんとかしないといけませんね。
Posted by かに at 2014年03月27日 15:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック