2014年03月11日

3年の月日

3年前のあの日。

埼玉にいた私ですら人生で初めてと言えるほどの揺れを体感した。
その瞬間は驚きくらいしか表現出来なかったけど、ほどなくしてテレビから流れてくる映像に言葉を失った。

あの日から生活のすべてが一変しました。

壊れたものは少しずつ復旧していきましたが、今も尚解決しない問題は山のようにある。
3年と言う歳月は長いようで短い。短いようで長い。

福島を始め、まだ震災の影響を受けている地域の方もいれば、まったく影響のない震災前と同じ生活をしている人もいる。

あと2時間ほどで震災が起こったのと同じ時間になる。
どんな環境であっても、その瞬間だけは3年前のあの日を思い出し、命を落とし、今も尚不明の方を思って黙祷をして明日の日本を思うべきだと思う。
posted by かに at 11:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう3年。まだ3年。。。
被災地からのTV中継も見ましたが、いまだ復興半ばなんですよね。
でも、自分自身の日常の中では、震災を忘れかけている部分もあって、ダメだなぁ・・・って思います。

今日、14:46、黙祷しました。
Posted by PAT at 2014年03月11日 21:35
PATさん、どうもです。
今、我々被災地から離れている人間にとって大切なのは、震災の事、被災地の事を過去のことと思わず、忘れない事かなと思いますね。
Posted by かに at 2014年03月14日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック