2007年04月13日

負の連鎖が止まらない

西武に端を発した裏金問題がどんどん広がっていき、被害を受ける野球選手が後を絶たない。

西武だけで止まっているうちは、この事でエントリーをする気はなかったんだけど、我が愛すべき横浜ベイスターズに波及し、西武裏金で名前を取りざたされた専大北上高校は高野連から除名されるかもしれないという。

私はフリーランスの人間ですから、評価が金に換算されるという事自体は決して間違っていないと思ってます。
しかしそれでは某金満球団だけが良い選手を獲得出来てしまう、他球団は良い選手を取るためには球団財政を圧迫することを覚悟で勝負しなければならない。
そんな経緯からあの倫理規定が出来たと私は認識しています。

とは言え、それで競争が無くなるなんて事は全くなくて、合法的な報酬支払い方法を見つけて囲い込みは続いていました。

たとえば親を球団職員として雇用し、必要以上に給料を支払う。

たとえば親が管理している二束三文の不動産物件を膨大な金額で買い入れる。

これ、どちらも現在プロで活躍する選手の獲得で使われた手です。
どの球団でも欲しがるような選手獲得にはこのように、膨大な金が動いてるんです、現在だって。

野球をやっている皆さんなら分かる人もいると思います。野球って金が掛かるスポーツなんです。上に行こうと思えば思うほどそれ相応にお金がかかる。
掛かった分、回収出来そうならしたい、そう考えるのが人の常でしょう。

中には行きすぎる人がいることも確かですが。

現在某球団で投手として活躍するある選手。
関西の中学硬式チームから東北地方の高校へ。両親はもちろんチームの監督までが高校に金品を要求。選手には在籍中毎月10万ずつ小遣いを渡していた、なんて話しもあります。

裏を取っている話しではないので具体的な名前は出せませんが。

うちの総監督が関係している社会人チームから今年プロ野球選手が二人出ました。
総監督がチームに「裏金なんてもらってないだろうな」と確認したところ、
「もちろんまったくない。チームや監督への謝礼にしたって、『契約金の中から各自の判断でお礼をして下さい』と言われた」だって。

渡したプロ側がもちろん悪いけど、監督やチームへの謝礼なんてものはアマ側から要求しない限り、日大の件で取りざたされた3000万円なんて金額はありえないらしい。普通は契約金の中から、選手個人がお金だったり、野球道具という形でお礼をするだそうです。

が、今年に限ってこんな話しが出てしまったけど、おそらく大学、社会人で超有望選手絡みで過去もあったに違いない。今はまだ名前が出ていないけど、現在戦々恐々としている監督がいることは確かだろう。

この問題に伴って、今日の毎日新聞に、件の専大北上高校が『野球部員に学費免除などの特典を与えたりして中学生を勧誘した』ということで、学生野球憲章に違反していると言う記事が出ていた。

野球留学が一時問題になったのは知ってたけど、スポーツ奨学生として学費や入学金などが免除されることもいけないことなんだと、今回初めて知りました。

現実的にはウチの坊ちゃんには縁のない話しですが、もし入学金や学費を免除するからウチに来てくれと、ちょっと弱い学校から話しが来たら、きっと息子を交えたかなりマジな家族会議になるでしょう。いや、現実にはないですよ、そんな話し。

だけど、ちょっと強い私立ならどこもスポーツ科やアスリート科なんて学部を持っていて、学校のホームページで奨学金をうたっています。
それが違反なのだとしたら私立校なんてほどんどが高野連から除名されちゃいますよ。

この問題、このあとどう転んでいくか分からないけど、いざ息子の進路相談って時期になってこんな話しが出るのは迷惑だなぁ。
いや、息子は奨学金をもらえるような選手じゃないですけどね。
posted by かに at 12:17| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「入学金、学費免除」なんて、いたるところで普通にやっていますが、あくまでも「野球」が免除の理由でないことがタテマエです。・・・でも、本当は「野球」が前提なのは高野連も知っていて黙認、というのが実態なんではないでしょうか?

>私立校なんてほどんどが高野連から除名されちゃいますよ
実態を見て、ルールを厳格に運用したら、甲子園出場校は「初出場」だらけになっちゃう?
Posted by 少年野球コーチ at 2007年04月13日 13:31
>関西の中学硬式チームから東北地方の高校へ。両親はもちろんチームの監督までが高校に金品を要求。選手には在籍中毎月10万ずつ小遣いを渡していた、なんて話しもあります。

その投手が高校のとき、応援席の親父さんにインタビューがあったのを覚えています。
アナウンサー「今日は調子よかったようですね」
親父さん「そうですね」
「しかし、○○君を遠くからわざわざ野球をしにこの高校に入学させたときは遠くて心配だったでしょう」
「ええ、でも条件が一番良かったので」

これには笑ってしまいました(苦笑)。
Posted by touch at 2007年04月13日 14:10
 裏金問題は、「希望枠」があったのが根本的問題だと思うし、「完全ウェーバー方式」になれば解消するのかな。
 「完全ウェーバー」に抵抗があるのなら、NFLのように、ドラフト一位指名権と選手のトレードというのも面白いと思うのですがね。
 それよりも、何かで読んだ記憶なんですが、詳しいことは判りませんが、昔、各球団の赤字分って親会社の広告費か何かで経理操作できることに「税務当局」が認めたか何かで、金のある球団は大盤振る舞いができるとか。
 普通の企業のように「連結決算」にすると、某球団も今のようなことできないそうです。
Posted by フルコーチ at 2007年04月13日 14:57
学校経営のために共学化、スポーツ特待なんてのは最近の私学経営の常識となってますから、普通っていえば普通ですよね。

うちも絶対に縁のない話だけど(爆)

プロ野球については、某金満球団がやってない訳がないじゃないですか。
金満球団以外の、どの球団もたたけばホコリがでるでしょうよ。
Posted by 文球 at 2007年04月13日 16:35
>ウチに来てくれと、ちょっと弱い学校から話しが来たら、きっと息子を交えたかなりマジな家族会議になるでしょう

それは当然のことだと思います。呼びたい学校も行く生徒も全く問題ないと思います。勉強がすこぶる出来る生徒には奨学金が制度があります。それと同様特別な才能を持った選手にも同様の処遇で迎えられる。何がいけないのでしょうか?私も専大北上のコメントを読んで驚きました。たてまえも何も不要です。正々堂々制度化すればいいことだと思います。
お金にまつわる話は、悪い方に持っていかれがちですが、お金によって才能を枯らすことなく、世に出ることが出来れば、ルールを逸脱していなければ良いことだと思います。どうしたって避けて通れないことです。お金が無いと野球が続けられないという方がダメですよ。
ダメなのは、ルールやモラルから逸脱して、イリーガルが金品を要求することです。「恥」の概念を強く持って欲しいです。
でも、現実問題目の前に札束を積まれたら、私自身もどうなることやら。人間は弱いですからね。
Posted by 星 十徹 at 2007年04月15日 06:24
 奨学金とかはもらってませんが、うちの子も野球で進学した例です。まともなら(偏差値から言って)とても入学できるレベルではなかったですからね。お金を積まれるほどの選手でなくて、良かったのか、悪かったのか・・・。^^曲がりなりにもレギュラーを取ってクリーンアップを打った時期もあった訳ですから、ほんの少しは学校に貢献したと思っています。

 中学で硬式をやっている子なら、ほとんどがそういう問題に直面することになると思います。ちょっと力があれば希望の高校に誘われているのが現実です。(もちろん野球も勉学もできる例外の子もいますけど^^)
 最近は、「告発」がブームみたいになって、いやな雰囲気ですよね。本当に悪い奴は、一握りなんだと思いますけどね。十徹さんがおっしゃるとおり、これで才能が摘まれるのだけは、避けて欲しいものです。
Posted by ナル at 2007年04月15日 23:04
裏でやるからいけない、表でやればよい。
いっそ、ドラフトじゃなく、オークション/セリにしてしまえば。。。

ただ、学校はねえ、教育が目的の部活動ですからねえ。お金だけでない何かを求めて欲しいですね。
Posted by 端っこ at 2007年04月16日 10:12
少年野球コーチさん、どうもです。

>あくまでも「野球」が免除の理由でないことがタテマエです。
受験生や高校生の間で「野球で進んだ」という言葉が普通に交わされているというのに、事が発覚した学校だけが処罰を受ける。
いつになっても野球界の『格差社会』はなくなりませんね。
Posted by かに at 2007年04月16日 16:18
touchさん、どうもです。

あえて選手名を出さなかったんですが、やっぱり分かりましたか。(^^;)
奥さんからも「誰だって分かるでしょ」っとつっこまれてしまいましたが。

>「ええ、でも条件が一番良かったので」
やはり『どこで』という事は考えず、条件で学校を選んだんですねぇ。あの親らしいですね。
Posted by かに at 2007年04月16日 16:21
フルコーチさん、どうもです。

>親会社の広告費か何かで経理操作できることに「税務当局」が認めたか何かで、金のある球団は大盤振る舞いができるとか。
経営のことはよくわかりませんが、球団の赤字を親会社が広告費で補填しているから、親会社の意向が強く球団経営に反映されているというのはなんとなくわかります。

親会社の力=企業努力と言わんばかりの金満球団はもう本当に去って欲しいです。
Posted by かに at 2007年04月16日 16:27
文球さん、どうもです。

>学校経営のために共学化、スポーツ特待なんてのは最近の私学経営の常識となってますから、普通っていえば普通ですよね。

その通りです。
それをうたい文句にしていた学校は今後、どのように対処するつもりなんでしょう。
少なくとも過去の例はうやむやにして、今後は表向きそんなものはない、という形を狙うんでしょうか。

なんにせよ、私たちの息子の代が影響を受けることは必至となりましたね。
Posted by かに at 2007年04月16日 16:32
星さん、どうもです。

先程、高野連のホームページに行って、件の憲章とやらを読んでみました。はっきり言って、過去の遺物と言っても良いくらいのものです。
でもそんな憲章をタテに、「ルールで決まってるんだから」と、ルールの是正をまったく考えない高野連の姿勢に辟易としてしまいました。

今日、専大北上高校の野球部が解散を申し出たそうです。
大人達のせいで現役の高校生までもが被害を受けた訳です。
彼らがこの夏、甲子園を目指すことがまったく出来なくなってしまうのか。大人の最大限の配慮が欲しいです。
Posted by かに at 2007年04月16日 16:41
ナルさん、どうもです。

正直な話し、ウチも野球で進学を考えてます。
現在は控え選手ですから、奨学金を含んだ進学などありえませんが、野球の成績を基準に高校を探しています。

有望な選手にとって、数多く来る話しの中で、奨学金の存在は一つの判断材料だと思います。
それだけのために高校を選ぶような下世話な大人のために、制度自体が批判されるのは悲しいことですよね。
Posted by かに at 2007年04月16日 16:51
端っこさん、どうもです。

>ただ、学校はねえ、教育が目的の部活動ですからねえ。お金だけでない何かを求めて欲しいですね。
実際そうなんですよねぇ。
そうなんだけど、中には今まで息子の野球につぎ込んだ分回収してやろうと、考えるイヤな大人がいるんですよねぇ。

そんな人間のために、たとえば片親で苦労している選手が、有力高校に進むチャンスを逸してしまうのは、悲しいことです。
有力校に行って、甲子園に出て、プロに行って親を楽にさせてやろう。そう考えている選手って全国にたくさんいると思うんです。
今回の一連の騒動は、そうした選手のチャンスを摘みかねないと思います。何とかして欲しいです。
Posted by かに at 2007年04月16日 16:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

裏金、過大契約金問題・・・
Excerpt:    西武の裏金問題が発覚して、今度は過大契約金問題。でも、まだまだ出てきそうな
Weblog: 少年野球コーチの独り言
Tracked: 2007-04-13 13:33