2014年01月07日

阪神の情報管理の甘さ

FAで獲得した久保投手の人的補償が発表された。
阪神が獲得したのはまさかの鶴岡捕手だった。

先発二人が流出しているだけに投手に行くのが常道だろうと思ってたんだけどね。
抑え投手を獲得したとは言え、投手は多いに越したことはないからね。

横浜にとっても鶴岡の流出は非常に痛い。
たぶん将来有望な若手投手を獲られるより痛いでしょう。
今季に限って言えば、ですが。
昨シーズンチームで一番多くマスクを被った捕手ですから当然です。

だとしても鶴岡にしても144試合を任せられる捕手ではない。
ベイスターズがここ10年以上、上位を伺うことすら出来ないでいる一因に正捕手が安定しない事もあると思う。
毎年毎年正捕手が変わる。2011年、2012年、2013年、全部安定した正捕手がいない。
そう考えればこの厳しい状況を乗り越えて黒羽根、高城、そしてルーキーの嶺井に頑張って正捕手の座を掴み取ってもらうしかない。
成長を待つほど悠長な状況じゃないのは重々承知してるけど、マスクを被るのが100試合を越える正捕手が存在しないチームが上に上がることはないからね。

70人からいる選手の中からたった28人しかプロテクト出来ない。
そう考えるとただ「必要」だけでなく「獲らない可能性」も考えなければいけない。
そんな中での結果ですから、この状況を責める訳には行かない。
よそ様のチームファンに野球ブログにあれこれ言われる覚えはない。
危機感を感じてるのは誰よりも横浜ファンだからね。

でもね、今、一番腹立たしいのは昨年末から今回の正式発表までの間にマスコミから複数の名前が挙がったこと。
しかし今年のFAでの人的補償で、複数の選手名が上がったのはベイスターズの選手だけ。
大竹の人的補償の広島でも、片岡、涌井の西武でも発表まで名前が挙がることは無かった。

つまり巨人からもロッテからもまったく名前が漏れなかったんです。
阪神を除いてね。
関西のスポーツマスコミって独特な雰囲気があります。
その雰囲気がなせることなのか、あるいは阪神の脇が甘いのか。

どちらが原因か分からないけどさ。でもリストは阪神にしか届けられていないんだから阪神側が何か言わなかったら漏れることはないよね。
すでに昨年末に複数の投手の名前が挙がっていた。
その投手達がどんな気持ちで年末年始を過ごしたかと思うと、阪神に対する怒りが湧いてきます。

鶴岡捕手は素晴らしい選手です。敵になるのは非常に心苦しいです。
しかし涙を浮かべてチームを離れていく選手ならば私は例え敵チームに行ったとしても応援します。
頑張って下さい、鶴岡選手。
共に打倒巨人で頑張りましょう。
posted by かに at 15:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の件に限らず、阪神って、いつもそうですよね。
マスコミをうまく使うのならまだしも、使われてばかり。。。(-_-;)
私は阪神ファンではありますが、毎年、この時期に応援する気を無くしてるような気がします。。。

それはさておき、兵庫県出身の鶴岡選手には、阪神で頑張ってもらいたいです!
Posted by PAT at 2014年01月07日 21:53
PATさん、どうもです。
阪神は横浜の戦力を削ぐ事と引き替えに若手捕手を育てるチャンスを失う気がしますね。
でもそれだけ横浜の戦力を警戒している、と言うことになるのかなと思います。
個人的には鶴岡を獲ったプラスより、久保、スタンリッジを失ったマイナスの方が大きい気がしますけどね。それを補強しないでも大丈夫と考えているんでしょうか?
先発のコマで苦しんだ横浜からするとちょっと疑問ですね。
Posted by かに at 2014年01月09日 10:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック