2013年12月26日

来季の新戦力

年が押し迫ったこの時期に新外国人獲得の発表があった。

ギジェルモ・モスコーソ投手、140km台後半のストレートにカーブ、チェンジアップ、スライダーを持っているそうです。
メジャーでは通算13勝。これが多いのか少ないのかは判断が難しいですが、メジャーに上がるだけの実力があるのは確かですし、多少の期待はしたいです。

このモスコーソ投手獲得後に高田GMが「新戦力は整ったと思っています」と言ったそうですので、来季に向けた新戦力はこれで出揃ったと言うところでしょうか。

投手ではFAの久保康友投手、アメリカから出戻りの高橋尚成投手、そして今日発表されたモスコーソ投手。
打者ではオリックスからバルディリス選手と計4名の選手を獲得しました。

本当は元阪神のスタンリッジか、元日ハムのウルフのどちらかを獲得して欲しかった。
二人とも日本でも実績があるからね。
しかし残念ながらどちらもソフトバンクに総取りされちゃいましたからね。

それでも投手が先発を見込める投手が3人。
3人とも経験豊富で実績もあります。
高橋尚はベイスターズに決定的に不足している左腕投手ですし、一時はヤクルト入りが噂されていただけに嬉しいね。
これで先発候補はエース三浦、次期エース三嶋、昨年開幕投手藤井に加え、今回加入した3人。
もちろんここにルーキーの柿田、期待している伊納、須田、加賀、加賀美、国吉、高崎、そして我らが拓郎。
投手陣はかなり厚くなったと期待しちゃえるかも?今年より勝ち星が10勝増えればAクラス入りは間違いないかな?!

攻撃陣は人気者のモーガンがいなくなっちゃったけど、今回獲得したバルディリス選手もかなり良い打者だし。
梶谷も開花し始めてるし、中軸の強力さは今年同様期待出来そう。

なんか十分CS争いが出来そうな気がしてきたよ。
気になるとしたら広島のマエケンかな。
来季オフにはポスティングでメジャー挑戦がありそうだから、今年のマー君みたいにものすごい活躍をするかもしれないし。
戦力的に巨人優位は変わらないけど、2位3位争いは激しくなりそうな気がする。

不安があるとしたら、怪我人が出る事だね。
あ、そうだ、その前にFA久保の人的補償だな。
スポーツ紙は色々名前を挙げてるけど、実際に発表されるまで分からんしねぇ。
鶴岡捕手だけは勘弁して欲しいなぁ。
まさか拓郎が獲られる・・・なんて事は無いよなぁ。
posted by かに at 23:54| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホント、しっかりと良い補強をしたなぁ〜っていう感じですね。
虎イジメは、なんとかご容赦願いたいところです。

FAの人的補償が、拓郎投手だったら・・・
私は周りを気にせず、ガッツポーズして大声を上げちゃうくらい、大歓迎です!!^^
でも、かにさんは大ショックでしょうねぇ^^;
Posted by PAT at 2013年12月27日 20:43
PATさん、あけましておめでとうございます。
人的補償はついに越年しちゃいましたね。
それだけじっくり練られてるんだから、それだけ評価されてってことだから・・・・でもやっぱり拓郎はあげたくないです!
Posted by かに at 2014年01月01日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック