2013年10月16日

今回もギリギリ

10年に一度の巨大台風、26号ウィパーがようやく消滅しました。

河川敷にグランドを持つチームに所属する者として、台風が関東に近づくたびに警戒はしてるんだけどね。
今回はさすがにヤバイかと思いましたよ。何せ10年に一度だからね。
2007年の大冠水並みの被害の可能性もあるのか?と警戒してたわけですよ。

しかし、今回幸いだったのは途中から速度がグッと上がった事ですかね。そして上陸には至らなかった事でしょうね。

荒川の場合、上流域である埼玉県内が大雨が降ると増水する可能性が増します。
これまでの経験から上流域での24時間の総雨量が300mmを超えると危険水域、400mmを超えると完全にアウトだと考えてます。

今回の台風ではそこまでは行かなかった。千葉県では何地点か300mmを超えたみたいですが、埼玉では200を超えた程度。
いや、それでも十分相当な雨なんだけどね。

でもこの雨量ならグランド冠水には至らない。
実際にグランド近くの水位は冠水には至る手前でピークを超えて下がって行った。
この秋何度かありましたが、今回もギリギリ冠水を免れました。
ホッとしました。いやー、ホントに良かった。
posted by かに at 22:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冠水しちゃうと、グラウンドに置いてる道具がダメになっちゃうし、ネットはゴミだらけになっちゃうし・・・単に水が引いて乾けばOKとはいきませんもんね。
ホント、冠水を免れて何よりでしたね^^
Posted by PAT at 2013年10月16日 23:21
PATさん、どうもです。
10年に一度の台風が過ぎ去ったと思ったらまた次が来そうですからね。
今年は台風が多すぎです。
幸いにして実害は出ていませんけど。
Posted by かに at 2013年10月21日 08:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック