2005年05月17日

ただ飲んでるだけじゃないんですよぉ

先日、息子のシニアチームの1年生の父親が集まる会合がありました。
といっても、ちょくちょくグランドに顔を見せてる私にとっては、半分以上が知った顔。
和気あいあいと話も進み、会の名称まで決まりました。
その名も『5年会』2005年入団って事でそう決まったんですが、この5年会、自分の息子だけでなくチーム全体を愛し、将来チームメイトから甲子園球児が誕生したら応援に行く、そしてプロ野球選手が誕生したら、そのまま後援会になるって事まで決定しました。

この事をちょろっと奥さんに話したら
「そんな先の事まで考えてるんだ。ちょっと見直した。ただの飲みたい集団じゃないんだね」
だって。
まぁ大筋間違いじゃないんだけどね。とにかく全力で息子達をバックアップしようって事なワケですよ。
今までも少年野球チームの同学年がそういう対象だったけど、これでまた息子が増えた感じ。
将来どうなるか分かんないけど、夢がふくらむし、なにより飲み友達が増えたのがウレシイよね。
posted by かに at 15:59| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野球関係者と飲んでいると本当に楽しいですね。特に試合に勝った後の感想戦としての飲み会は格別です。
我が家の隣のご主人は、息子さんの高校野球(地域ベスト8クラス)チームの父母会長でした。息子はNo10で二番手投手でした。ポジション的にレギュラー組と控え組みの狭間で、双方の溝が深くならない様に仲介をしていたそうです。どうしても、控えの親は一言出したくなってしまいますよね。よく気持ちが判ります。どうしてうちの息子が試合に出れないのか、父母会長から監督に聞いて欲しいなんて言う親もいたそうです。
「5年会」が仲良く実りある会になることを期待しています。喧嘩はダメですよ!
Posted by 星 十徹 at 2005年05月18日 16:35
レギュラーと補欠の問題よく分かりますよ。
この間もそんな話出ました。
今息子達の代は25人なんですが、今後背番号がもらえるのは25人までなんです。だから何人かは下級生が上がってくるだろうから、同学年の中で背番号をもらうヤツと、もらえないヤツが出て来るんです。そうなった時に親も含めてどうフォローするか。今から心配ですよ。ウチがその立場になるかもしれないしね。
Posted by かに at 2005年05月19日 10:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック