2013年07月17日

プロ野球談義

先日、まーぼとプロ野球の将来について話をしました。

野球人気が衰えていると言われている昨今。

どうすれば人気が回復出来るのか?
なぜ人気が衰えたのか?
本当に野球ファンはサッカーに流れているのか?
かつては人気があり今は衰えてしまったスポーツに何があったのか?
野球の真の面白さはどこにあるのか?
プロ野球中継の意義。スポーツニュースの意義。
新たなファンを獲得するためには?
古くからのファンをもっとコアなファンにするためには?

などなど。

堅苦しい表現をしましたが、親子ですから本当はもっとざっくばらんですけどね。
たまにこういう議論も楽しい。
良い時間を過ごしましたよ。
どんな結論が出たのかは(書ききれないので)書きません。

が、一つだけ。

アメリカンフットボールをじっくりと見て勉強してみよう。

これがまーぼの新たな課題になりました。
これだけじゃなんのこっちゃだと思いますがね。
posted by かに at 17:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちが親子で議論できるようになるのは、なと何年先かなぁ〜
私の職業柄、議論というより論争って感じになっちゃいそうですが(~_~;)

アメリカンフットボールと野球の共通点は、ワンプレー毎にプレーが止まり、次のプレーをどうするのか考える時間があること。
逆に、相違点は、時間制限の有無でしょうか(学童野球等には時間制限もありますが)。
Posted by PAT at 2013年07月17日 22:22
PATさん、どうもです。
簡単に書くと攻守がキッチリ分かれていると言う点です。
そして得点を奪うための戦術がカギになる。
その戦術を学んでみたら野球に生かせないかね、ということが今回得たポイントなんです。
書いてしまうと何でもないことなんですけどね。
Posted by かに at 2013年07月18日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック