2007年03月23日

何ミリにする?

先日の練習終了後。
選抜に行くメンバーが全員集まって何やら話し合いをしていました。

何をしてるのかと聞き耳を立ててみると・・・


「3ミリがいい人?」




「じゃあ、6ミリがいい人?」




「じゃあ、9ミリがいい人?」


何の話だかわかります?

そう、髪を切る長さです。

選抜に合わせてみんなで気持ちを揃えるために一緒に髪を切ることにしたらしい。


結論としては多数決で6ミリに決定したんですが、3ミリで手を挙げていたのは、回りで話しを効いていた父兄だけでした。

最近は野球少年も積極的には青い頭にしたくないみたいです。

当初は明日の決勝戦に合わせて切ろうという話しだったんですが、

「ちょっと待ってくれ。まだ月曜に学校があるから切るのは出発の時までにしないか?」

なんて意見が出て、あっさりその案が通ってしまいました。
バカかお前ら、と思わず言ってしまいました。

ともあれ、大阪に発つ26日の夜にはみんな6ミリになって集合するようです。
posted by かに at 12:56| 東京 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少し前までは我が家の兄弟も揃って3mmのボーズでした。
長男新6年生はマセてきやがったようで、ボーズはイヤだという主張をし、最近は親父よりもお高い散髪屋へ。困ったもんです^^
次男は・・・真冬でも「3mm」です^^
Posted by さとる at 2007年03月23日 13:28
うちの息子が中学の時は普段は6ミリ、大会前は3ミリでした。
高校になってからは冬場6ミリ、シーズン中3ミリ、大会前5厘〜1ミリです。
6ミリでも、3ミリでもそれほど変わりませんから3ミリでいきましょう(笑)
野球小僧は坊主が似合う!
Posted by baseball-oyaji at 2007年03月23日 14:06
うちの坊主達も皆3mmでした。
これは、清潔感とかいう問題ではなく、「威圧感」のためのようです(笑)。
6mm、9mmのあたりだと普通の坊主刈なのですが、3mm以下となるとスキンヘッドに近く見えますので「凄み」が増すのです。大会前には家庭用電動バリカンのアダプターを取り外して、直に刈っておりました(笑)。
P.S.
うちの弟も公立試験に受かったようで、野球する高校がやっと決りました(笑)。
Posted by touch at 2007年03月23日 14:38
私は1mm 毎月一度1mmです。
全国レベルです!←何がだよっ!
Posted by metoo at 2007年03月23日 15:35
 学童で全員坊主のチームだと、それだけで圧倒されますね。上位大会で拝見しました。我が連盟には、いないバージョンです。
 うちは、「女が3人スタメンだ!」と、言われるほど「えり足」の長い奴らがいます。
Posted by フルコーチ at 2007年03月23日 16:03
先日シニアの視察団が来ました。
そこで監督の髪が長いといわれたらしいです。
そんなに長くないのですが。
監督までですか・・って・・厳しいところですねシニアは。
うちの坊主たちも学童野球が終わって髪を伸ばしはじめました。シニアの監督から髪の毛切って来いといわれたらしいですが、卒業式が終わってから切りますって答えた奴がいたらしくすんなり卒業式までokが出たらしいです。卒業式後明日は初練習、今日は地元の散髪屋が儲かっているに違いありません。息子が6mmになっているのを期待して早くかえろーかな。
Posted by RK at 2007年03月23日 17:13
都会の子供達がそんな短い頭髪なのに、田舎のうちが長髪なんて・・
でも重要大会前だけは一応丸刈りにしてますが^^
それ以外は結構髪は長いです。だから弱いのかな?・・・
Posted by ドラ夫 at 2007年03月23日 19:56
うちの兄君も中学時はよく相談して大会前に短くしてましたねぇ、13人中8人位でしたけど。
今の中学部活では坊主を探す方が難しいです、どうせ高校いったら強制坊主なのに、でも長髪の高校球児も最近見かけますからね、私の若い頃では考えられません。
Posted by 背番27 at 2007年03月24日 11:05
 6mm、大いに結構!
 ウチのチームもそのくらいの頭髪で揃えたい…
って、言ってるのに、ウチの息子は
『3つめの目が見えちゃうからヤダ!』とか、
訳のわからん事をほざいております。
Posted by でぃあ at 2007年03月24日 17:35
 僕も若いじぶんには、「5厘」カットでした。5厘といったら1mm以下ですかね。青々としていました。^^

 最近は、高校野球でもスポーツ刈りの高校が見られますね。

 精神論を毛嫌いする人がいるので気が引けますが、私は、「根性」「うさぎ跳び」「水を飲むな」で育った世代なので、精神論なしでスポーツは語れません。
 理論は、精神力があってそのうえで語るものと思っています。
Posted by ナル at 2007年03月24日 20:20
さとるさん、どうもです。

ウチも小学生時代は何の疑問もなく3ミリだったんですけどね。
中学生になるといろいろ色気も出てくるんですよ。
それにしても親父より高い散髪屋とは・・・。
いっそ親父も坊主にしちゃえば?色々悩むことがなくなっていいんじゃない?
Posted by かに at 2007年03月25日 20:40
baseball-oyajiさん、どうもです。

私も3ミリと6ミリはそんなに違いがないと思うんですが、選手にとっては大きな違いがあるみたいなんですよねぇ。
そもそもウチは一つ上の先輩からして「坊主にして野球に勝てる訳じゃねぇ」って話してましたからね。
そんなチームカラーなのかもしれません。
Posted by かに at 2007年03月25日 20:45
touchさん、どうもです。

まずは高校合格&卒業おめでとうございます。

>清潔感とかいう問題ではなく、「威圧感」のためのようです(笑)。
確かに全員青々としてると威圧感がありそうですね。
ウチは総監督が青々とさせることをあまり好まないので、6ミリでも何も言われることはなさそうです。
ウチの息子も去年くらいまではアダプター無しでやっていたんですが、今は・・・やらないですね。
Posted by かに at 2007年03月25日 20:50
metooさん、どうもです。

何たってmetooさんは日本一坊主の似合うブロガーですからね。
坊主だけでなく、野球バカ度合いも全国レベルですから、安心して下さい。
Posted by かに at 2007年03月25日 20:52
フルコーチさん、どうもです。

そういえば、ウチの息子も最後の大会前にスタメン全員で相談して3ミリにしてたのを、今、思い出しました。

小学生で髪が長いと、男の子か女の子か判断に悩む子がいますよね。
それが3人もとは。さすが都心のチームですね。
Posted by かに at 2007年03月25日 21:07
RKさん、どうもです。

確かにシニアはそういったことに厳しいかもしれませんね。
ウチの近隣チームでも、ベンチ入りしているコーチの茶髪が本部で話題になっているのを聞いたことがありましたし。

少年野球では金髪ロン毛やパンチパーマの指導者を見たことがありましたが、シニアでは間違いなくダメでしょうね。
ウチの新1年生もまだまだ襟足の長い子がいますが、中学生になるまではきつく言われることはなさそうです。

坊主にするのにわざわざ散髪屋ですか?勿体ない。
ウチは小学生時代からずっと奥さんが家庭用バリカンでやってました。最近は本人が一人でできるようになりました。
今日もこれから本人がやるみたいですよ。
Posted by かに at 2007年03月25日 21:33
ドラ夫さん、どうもです。

ウチの前キャプテンの持論は「坊主にしたからって試合に勝てる訳じゃない」でした。その気風が残ってるから3ミリになんて声も出ないんでしょう。
確かに気持ちの問題なんですけど、やっぱり野球少年は坊主の方がいいですよねぇ。
Posted by かに at 2007年03月25日 21:51
背番27さん、どうもです。

そういえば、保護者会などで学校に行くと、まーぼの元チームメイトで現中学野球部のヤツに会うんですが、一様に髪が長いですね。
坊主じゃないから野球に一生懸命じゃないとは言いませんけど、せめて高校野球は坊主でやって欲しいですよね。
Posted by かに at 2007年03月25日 21:56
でぃあさん、どうもです。

>『3つめの目が見えちゃうからヤダ!』
って写楽保介かい!(C)手塚治虫

低学年は坊主頭率は低いですよね。ウチもそうです。
まーぼは野球を始めた当初から坊主頭だった奇特なヤツですけど。
Posted by かに at 2007年03月25日 22:00
ナルさん、どうもです。

私の高校時代にも、まだ「水を飲むな」はありましたね。
当時の考えがいいとは思いませんけど、長髪で野球をやらせている高校の監督の考えはまったく理解出来ません。
精神論とまでは行きませんが、気持ちで変わるモノって多いと思います。「病は気から」という言葉もありますしね。

まぁ、6ミリが限界ですかね。9ミリなんて坊主ではない、と私は思います。
Posted by かに at 2007年03月25日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック