2013年06月12日

土曜日の重要性

中学ではこの時期、修学旅行やら運動会やらと、色々学校行事があるんだね。
そのせいか、土曜日に練習を休む選手が結構いるんですよね。
もちろん学生の本分は学校生活ですから、私がどうこう言えることじゃありませんけどね。

ただ、素人である私の目から見ても、土曜日に休んだ選手は日曜日の動きが今ひとつと感じる事が多々あります。
素人ながら毎週の様に望遠レンズを使ってアップでベストな状態での動きを見てる訳ですから、見ていて「なーんか今ひとついつもと違うんだよな〜」と感じるんです。

だからって学校行事なんて休んじまえと暴論は言えません。
言えませんが、中学野球最後の大会なんだから、そこはどうするか親子で話してみてもいいんじゃないかなーって思うんだよね。

まーぼが中学3年生の時は、修学旅行を一日短縮してまで土曜日の練習に参加しました。
それは本人が「もし土曜日の練習に参加せず、翌日曜日の試合で負けてしまったら絶対後悔するから」と強い意思があったからなんですけどね。
あとは学校側の理解があった事も大きいかな。
まーぼとS君二人のために担任の先生が京都駅まで送ってくれて新幹線に乗せてくれたから。
こちらは東京駅に迎えに行くだけで良かった。
普段からまーぼとS君が先生達とコミュニケーションをとっていた事もすごく重要だったんだと思う。

まぁ、これはもしかしたら特殊な例かもしれないから、後輩達にまでそうしろと言う事はないけど、悔いが残る様な選択はしないで欲しいね。

日曜日の動きと言うのは、月曜日から土曜日の間をどのように過ごしたかで決まってると思う。
試合のその日にいれば問題ない、そんな甘い考えは絶対に捨ててもらいたい。
それが試合に出ている選手の責任だと思うんだよね。
posted by かに at 00:47| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中学校の部活では”ありえない”悩みですよね。
でも、これって、クラブチームに入ると決めた時点で、既に解ってることなんですよね。
うちは小猿くんの考えに任せるようにしてます。
まぁ、小猿くんと私の考えはほぼ一致なんですが、ママ猿さんと意見が食い違ってケンカしちゃうんですよね(~_~;)
Posted by PAT at 2013年06月12日 21:34
毎朝、仕事に取り掛かる前に「少年野球ブログ」をチェックし、なるほど〜といつも感心して読ませて頂いています。

ほんの数年前、息子所属チームでも「運動会」についてひと騒動ありました。
ほとんどの親は、中学最後の運動会には参加させてあげたい!
チームスタッフ(監督)は、大会を翌週に控えているので全員練習参加!休んだ選手はベンチ外!
そこでとった解決策は、平日ナイター練習を行うことでした。

父兄もグランドの手配や子供の送迎、スタッフも仕事を早退または休暇を取ったりと奔走しました。
子供たちの本音は「運動会」です! ただ信頼している監督の指示には従うほかありません。
支部大会初戦を勝ち上がれるかどうかのチーム事情とは、まったく異なるとは思いますが・・・
今回の内容は、コメント入れないわけにはいかないっ!と初めてコメント入れさせてもらいました。
今後も楽しいブログ読ませていただきます。
Posted by 元ボーイズリーガー父 at 2013年06月13日 08:59
PATさん、どうもです。
母親はどうしても「学業を・・」となりがちですからね。
そう言われないためにも、平日にしっかり勉強して週末は野球に専念、そうあって欲しいですよね。

元ボーイズリーガー父さん、初めまして。コメントありがとうございます。
子供達のために周りの大人が一生懸命環境を整えてあげる。すごく良いチームなんだろうなと文章からでも感じられました。
息子が中学を卒業してからもう随分経ちますが、結局思い出すのは試合に勝った負けたではなく、そうした日々の活動だったり、親同士、親と子のコミュニケーションだったりするんですよね。
スポーツである以上、勝ち負けがあるのは当然だけど、その中でどれだけ充実した日々を過ごせるか、チーム内で密度の濃い関係を築けるか、だと思うんです。
元ボーイズリーガー父さんは親子で良い中学野球生活が出来たんだろうなぁって嬉しい気持ちになりました(^^♪
Posted by かに at 2013年06月14日 02:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック