2007年03月20日

超弩級のカミナリ

昨日のつづきです。

二日連続でほとんど打てなくて苦しんだ我がチーム。
当然バッティングが課題な訳です。

そこで総監督から

「昼食後すぐにマシンを使って1カ所バッティング」

という指示が出ていました。

第二試合だったこともあり、試合前に時間の余裕があったから、軽くお弁当を食べていたんです。だから「昼食後」と言ったって、結構すぐに食べ終わっちゃうだろう、当然総監督は考えていたんです。

食事の早いヤツ遅いヤツってのはいるもんで、全員一斉に食べ終わる訳じゃない。だったら早く終わったヤツから準備を始めて打ち始めちゃえばいいだけなんです。そうすれば他のヤツより多く打てる訳ですから。

ところがウチの選手と来たら、どいつもこいつも回りの選手が食べ終わるのをのんびりとその場で待っちゃってるんです。誰一人率先してバッティングの準備に入らない。

それを見た総監督。もちろんブチ切れますわな。

実はここで総監督がブチ切れたのには前日からの布石があったんです。

前日の試合は近隣のグランドへの遠征でした。
試合開始1時間前には試合会場に到着していなければいけませんから、それを見越して朝6時から打ち込み。7時半少し前には終了して移動の準備に掛かったんです。
ところが選手達は時間が迫っていることが分かっているのか、ちんたらちんたら準備をしている。
結局試合会場に着いたのは8時を少し回った頃。相手チームからクレームが付いたら試合放棄で不戦敗という可能性もありました。
当然その時点で総監督は怒り心頭だったんですが、何せ試合直前。グッとこらえて厳しいことは言わなかった。
そして翌日。つまり日曜の朝。前日と同じくなんだかピリッとしたムードのない選手達。連日のていたらくにさすがに堪忍袋の緒が切れた総監督、監督はその場で練習を中止。父兄のいるところに引き上げてきてしまった。
その時はキャプテン、副キャプテンが詫びを入れて事なきを得たんです。
そんなことの効果があったのか、試合直前の練習、そして試合中はすごく気持ちが入っていて、声もよく出ていました。

そしてあの試合結果です。きっとホッとしたんでしょうね。それまで張りつめていた気持ちを一気にゆるめてしまったんでしょう。

その結果が先程書いた通り、のんびりしちゃって誰も準備をしない、ということに繋がったんです。

それなりに結果を残している我がチームですが、実情はと言えばこんな程度です。
『怒られなければ声が出ない』『自ら進んで練習に取り組まない』などなど、数え上げだしたらきりがないくらいなんです。

振り返るとこの学年は入団間もない1年生の頃から、元気がない、声が出ない、積極的に動かない、と言われ続けてきました。

それが3年になる今になっても直っていない。
よく言えば『大人しくてマジメ』『言われた練習はしっかりやる』というタイプの選手が多いんです。
しかしそれってスポーツ選手にとってあまり良い評価ではない気がするんです。
総監督の目から見れば『練習が嫌いなのか』と見えてしまうんです。

こんな事態ですから、

総監督からは

「このままでは夏は勝ち残ることが出来ないでしょう」

とまで言われてしまいました。

ホントはこんなことを選抜前に書きたくはなかったんですが、ウチの選手、父兄の何人かがこれを読んでいることも分かった上で書いています。

去年の夏、あの熱い日々は本当に楽しかった。
体力的にはものすごいきつかったけど、ものすごい充実した日々でした。

今年もあんな夏を過ごしたいんです。そのために出来ることはなんでもしていかないと。

幸いに決勝戦は25日。明日と土曜は練習になります。
その時にどんな気持ちで練習に取り組むか、父兄としてしっかり見極めていきたいと思います。

この状態が続いてしまっては、夏がどうこうだけでなく、高校に行ってからも絶対苦労しちゃいますよね。
なんとかここらで目を覚まして欲しいと切に願っています。
posted by かに at 15:23| 東京 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどねぇ〜
なんとなく「野球バカがいない」と同じように感じました。
かにさんが良く言う「監督が使いたくなる選手になれ」を行動にすると「いつでも昼飯は一番に食い終われ、食ったらすぐに投球練習して昼休み遊べ!」「俺が監督だったら、そういうバカを使う」と息子に伝えています。
実はお昼休みの休憩って、監督に対していいアピールタイムなんですよね。
私は誰が一番最初に野球遊び始めるか見ています^^
でも、バットとボールでゴルフが始まっちゃう私達チームです・・・
Posted by metoo at 2007年03月20日 17:56
 学童とは中身は違いますが、シニアといえども、似たり寄ったりだったんですね。
余り厳しいこと言うのは止めようかな4年生に・・・
 でも、うちのチームは、何人かは早食いでキャッチボールしているな。
Posted by フルコーチ at 2007年03月20日 18:20

彡(-_-;)彡ヒューヒューヒュルルルルゥ〜〜〜

ある意味すごいわな・・・子供たち。
入部して間もない子ならともかく、3年になっても総監の前でそんなことが出来るって・・・大謎。
大物揃いなんじゃね?
普通の神経だったら恐ろしくてチンタラなんて出来ないもの。(笑)

でもまだ総監は河川敷の土手を越えてないんでしょ?
だからまだセーフかもよ。(謎)
あたしは2、3回見たよ、荷物まとめて土手の上まで行ってしまった総監を。(笑)
Posted by Ayigus at 2007年03月21日 10:32
そうそう!おしゃべりしながらのんびりシューズを履き替える、他の子が教わっているときポーズの確認やストレッチもしないでおしゃべりに夢中…あぁ勿体無いもったいない...
(でもこれって子供達だけじゃなくて母達も同じデスワ...。ま、忙しい母達は寸時を惜しんで情報交換にせいを出している訳なんですけどね笑)

ところで、話が全然違って申し訳ありませんが土曜日第2試合というのは何時からですか?いや、センバツじゃなくて...。
Posted by maa3 at 2007年03月21日 21:55
あの熱い夏は『最後だから・・』というのもあったんではないでしょうか?

「時を過ぎて気づくのはダメなんだよ!」と知っているのは老獪な経験者だけで、子供達は「次があるさ!」くらいに思っているんでしょうね。

そういう意味では、新メンバーも含めて、
29日の初戦、大変楽しみにしています。




Posted by 満木 月風 at 2007年03月22日 00:04
「昼食後すぐに」
なんてだめですよ。
貴チームは『体技身』でしたっけ?
少し休んでから体を動かしましょう。
やる気は他で十分アピールも出来るでしょうし、
食後少しの時間、気を抜いた方がいい結果がでるのではないでしょうか?
Posted by 素人の意見かなあ at 2007年03月22日 12:46
確かに大人しい子が増えてますよね。
近所のシニアでも10番を選ぶ時に積極性が有るかどうかで悩むらしいですから。
でも高校でも続ける気が有るなら意識を変えないと多分辛いですよ、競争相手はいっぱいいますから(兄君の事です・・)
Posted by 背番27 at 2007年03月23日 08:12
metooさん、どうもです。

>なんとなく「野球バカがいない」と同じように感じました。
その通りなんです。
単純なことで「野球好きが野球をやりに来てるんだから飯を食うのももどかしいくらいに野球をやりたがれ」って思うんですよ。
今年の卒業生も決してただひたすら練習熱心って訳ではなかったですが、とにかくバッティング好きってのが何人もいました。そんな選手は今回のような時に真っ先に準備して、真っ先にバッティングを始めてました。そんな選手が一人でも増えて欲しいんですけどね。
Posted by かに at 2007年03月23日 16:49
フルコーチさん、どうもです。

言うべきことは言って良いと思いますよ。
ウチはたまたまこんなのんびり屋が何人も集まっちゃったからこうですが、本当の強豪チームだったらそれだけで置いて行かれちゃいますから。そうならないためにも小学生のうちから厳しくされていれば困りませんからね。

ウチもいつもこうではないんですが、やはりTPOを見極めるのも大事な能力ですし。
Posted by かに at 2007年03月23日 16:54
Ayigusさん、どうもです。

先日、ゆずりはと話しをしていてこの3年生の行動パターンにある原因を見つけました。それはまたおいおいエントリーしますからお楽しみに。

総監も次男君がいた頃よりかなり我慢するようになりましたよ。こんな言い方しちゃうと失礼だけど。
バッグ持って帰るというのは、去年まだ上の代がいる頃に見たきりかな。ウチの代になってからは一度もないかも。殴る回数もかなり減ったし。
殴り甲斐がある選手が減ったからかな?次男君みたいな。(^^;)
Posted by かに at 2007年03月23日 17:00
maa3さん、どうもです。

他の子と同じ子とをしていたら、他の子に差を付けることが出来ない、ということに気付けばすぐに体を動かそうという思考が働くと思うんですけどね。
女の子ならおしゃべりが基本みたいなもんだから仕方ないかもしれないけど、ウチの選手達は野郎ですからねぇ。
少し考えて欲しいです。

土曜日はおそらく11時頃からだと思います。良かったら応援お願いします。(^_^)v
Posted by かに at 2007年03月23日 17:08
満木さん、どうもです。

今頑張らないと、その次≠フ時に苦しむことになる。確かにそれを知ってるのは、大人達がそれを経験しているからなんですよね。
言わずにそれを経験させるのがいいのか、辛い経験を未然に防げるように手を尽くすか。
選手にとってどちらがいいのか、悩むところです。
Posted by かに at 2007年03月23日 17:11
素人の意見かなあさん、始めまして。コメントありがとうございます。

確かに気持ちを切り替えるためにも、時間というのは多少なりとも必要になると思います。
でもその時間の長さはチームによりけり、指導者によりけりになると思います。
すぐにと言っても、準備で10分やそこらは掛かりますから、その時間で十分かなとも思います。あくまで私見ですが。

もちろん、十分な休憩を取った方が良いことは当然のことですが、高校野球でも早飯を要求されるところがあると聞いたことがありますし、その準備にもなるんじゃないかなぁ、なんて考えたりもします。
Posted by かに at 2007年03月23日 17:20
背番27さん、どうもです。

高校によっては、一学年で30人を超えるようなチームも珍しくないですからね。
飛び抜けている選手でなければ、あらゆることでアピールすることを考えないといけないですよね。
それが早飯であっても、誰よりも早く食べ終わって、誰よりも早くグランドに飛び出すっていうのはそれだけでアピールになりますよね。
Posted by かに at 2007年03月23日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック