2007年03月14日

新1年生も増えてきました

少年野球ブログ界でもこの春小学校を卒業、硬式野球に入るという話題が増えてきています。

満木さんのところのてんてん君、背番号29さんのところの長男君、ゆうちろさんところのねまあ君など、お会いしたことのある方のお子さんだけでもすぐにこれだけあげられるし、お会いしたことはないけど、いけいけA監督のところの長男君はボーイズだし、RKさんの息子さんは同じシニアなんですよねぇ。他にも読んでいる方で息子さんが春から新チームという人もたくさんいるでしょうね。

それぞれ団体は違うけど、一緒に盛り上がっていきたいですねぇ。


さて、ウチはと言えば、現段階で18人が正式入団しています。

今年は何だか出足が遅くて、2月末の段階でまだ二桁に乗らないという考えられない状況でした。

正直、去年の全国3位という成績もあるし、秋の東東京大会の優勝もあるし、相当数の選手が集まるのではと高をくくっていました。

実際年明け早々に行った体験教室には80人以上の選手が集まりましたし、それなりの手応えはあったんですよね。

ところがフタを開けてみたらなかなか入団してこない。毎週のように体験は来るものの正式入団とまでいたらないまま2月が終わってしまった。

現選手の父兄と話してみると、「ウチの子は全国大会に行けるようなチームに入るほどの選手じゃない」と出身チーム関係者でも尻込みしちゃってるパターンが多いみたい。

これはもしかすると10数人で打ち止めになるのでは、と不安がよぎっていました。
チームの広報部長として責任を感じてしまいました。

ところが3月に入った途端に、それまでのことがウソのように毎週入団届けを持った選手がやってくる。みんな少年野球の行事がすべて終わってからと考えたんですかね。

気が付けば冒頭で書いた通り新入団は18人に達しました。このあとも入団届けを出すだけという選手がまだ数人いるから、新学期が始まる頃には25人くらいになりそうです。そして夏頃にはリトル出身者も入ってくるから、もしかしたら最終的に30人に届くかもしれない。

これは私の知ってる範囲でここ4年の中で一番多い入団数です。

先日の土曜日にはB面を使ってたっぷり練習している新1年生の練習も見させてもらいました。人数が増えたから出来る練習のバリエーションも増えて、コーチも張り切ってました。
体験などで事務局長がさんざん「ウチは厳しいよ」と言ってきたにも関わらず入ってきた選手達ですから、みんな腕に覚えありって感じです。
特に今年は体の大きい選手が多い。現時点で170センチ前後の選手が6〜7人いました。

去年はゼロだったけど今年は一人だけまーぼの後輩も入ってくれたし。

中でも注目は、『少年野球どうでしょう』の端っこさんの息子さんが所属するチームの先輩。昨年末に行われた12球団ジュニアトーナメントでヤクルトジュニアに所属してピッチャーなどで活躍したほどの選手です。
背も高いし何より下半身ががっちりしてるんですよ。聞いてみたらすでに体重は70キロもあるんだとか。(ウチのまーぼは62キロくらいです)

一つ下の代も期待の選手が多いけど、新1年も楽しみになってきました。

こういう流れがどんどん続いていくと嬉しいなぁ。
posted by かに at 02:57| 東京 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かにさんの筆がなめらかな事から、チームの状態も明るく元気なんだろうなぁと想像できます。ヤクルトジュニアは、トーナメント前に戸田で練習しているところを見ました。中学生?ってくらい恵まれた体格の子を見ると頼もしいです。
Posted by 館長・P助の父 at 2007年03月14日 05:28
名前が出ててびっくり…

その子とは学年も実力も差がありすぎて、ほとんど関わっていないのですが、、、
だから知り合いの知り合いぐらいの感じです。
とはいえ、知っている子には違いありません。

引き続き、なお一層、ヒ○ネリさんを応援させていただきます。しますよー。えー、しますとも!
Posted by 端っこ at 2007年03月14日 09:14
 ブロガーの皆さんの息子さんが小学部卒業して、ごく普通に硬式に入部されるコメントを読むと、進まなかった我が子達を持つ親としては寂しい限りです。。。
 でも、こちらの地域では、名だたる硬式チームがあちこちにありますが、硬式に進む子は「稀」です。当球団でもこの5年間に2名(一名は直ぐに戻ってきました。)。今年挑戦する子を入れて2名です。(^^ゞ
 周辺も含めて野球人口が多くて、かなりのハイレベルの子が多数進むので、監督に名前を覚えられるのが「目標」などと言われるぐらい、かなり敬遠されている世界です。
Posted by フルコーチ at 2007年03月14日 11:04
硬式に進んだ息子さん達を持つ方が羨ましいなぁ。
息子が野球を始める前は私も希望はそうだったんです。
息子は軟式に進みますが、赤星選手や田口選手、井川選手など好選手が軟式出身ということで「軟式だって希望はあるぞ!」と親としての気持ちを自ら慰めています。^^
Posted by Fastballer at 2007年03月14日 21:46
強いチームに子供達が集まるのが普通だと考えるんですが、コチラの地域の少年野球は、強いチームを避けて入団する子が多いです。
いろんな要因はあるでしょうが、以前にかにさんが書かれた「あのチームは・・・らしいよ」”ありもしない悪い噂話”この時期はたくさん流れますね。

1学年30人ですか!じゃ今度は
「目指せ!100人チーム!」
また横断幕つくらなきゃ^^
Posted by metoo at 2007年03月15日 10:55
館長・P助の父さん、どうもです。

まーぼの後輩も結構大きい方なんですが、チームにはいると埋もれてしまいますからね。ほんとに大きい小学生って増えましたよね。

でも体格だけで野球をやる訳じゃありませんからね。
一昨年ヤクルトジュニアに入っていたまーぼの後輩は160センチにも満たなかったし、体重だって50キロそこそこだったと思いますよ。
でも彼が人より秀でていたのはとにかく常に大きい声を出すこと。

体がでかくても声を出さない選手より、小さくても声を出す選手の方が私は好きです。
Posted by かに at 2007年03月15日 11:40
端っこさん、どうもです。

これも何かの縁ですよね。
まさか同じ少年野球ブロガーの知り合いがウチのチームにやってくるなんて考えてもいませんでした。

これからも応援お願いします。そして将来は息子さんもぜひ我がチームへ。(^_^)v
Posted by かに at 2007年03月15日 11:50
フルコーチさん、どうもです。

そちらは川を越えたら強豪チームがひしめき合ってますからね。
ただその分、信じられないくらい大所帯のチームがあると聞きます。
そうなると確かに
>監督に名前を覚えられるのが
なんてことも起こるでしょうね。

私は硬式、軟式に関わらず、良い指導者に巡り会うのが一番いいと思います。強豪チームだからと言って、一学年で50人を超えるようなところは私もどうかと思います。指導してもらえないですもんね。
Posted by かに at 2007年03月15日 11:58
ウチは入部している人数18人です。
20人体制で発足予定でしたのでまずまずのようです。
息子は168cm64kチーム内では3番目に大きいかな。
江○川○央に新一年生で練習試合どうですかといわれたらしいですが、まだまだ試合になりませんと断ったらしいです。
早く試合みたい野球バカ親父です。
Posted by RK at 2007年03月15日 12:02
Fastballerさん、どうもです。

先程フルコーチさんへのコメントでも書いたんですが、硬式でも軟式でも、選手に合う良い指導者に巡り会えたら、それが一番だと思うんです。
硬式が上とかそんな考えは間違ってると思いますし。

高校によっては、硬式の指導者の色に染まっていない軟式出身者を優先するところもあるそうです。

帝京の四番の中村選手、大田投手は軟式出身です。良い選手は硬、軟関係なく良い選手なんですよね。
Posted by かに at 2007年03月15日 12:09
metooさん、どうもです。

ありもしない悪い噂ってウチに限らず、どこにでもあるんですね。
人のチームがどうこうではなく、自分のチームに自信を持って欲しいですよね。

総監督曰く、25〜30人位いると強いチームを作りやすいそうです。
全学年30人と考えると、90人。100は多いかなぁ。
そんなになるとそれこそ俺も名前覚えられないよー。
Posted by かに at 2007年03月15日 12:27
RKさん、どうもです。

江○川○央さんですか。受ければよかったのにー。(^_^)
この時期はどこのチームもそんなに差はないですからね。
ウチもまーぼが1年の頃はオープン戦で連戦連敗でした。

息子さん今168ならすぐに170超えますよ。それにすでに60キロを超えてるのはいいですね。

大体どこのチームも春季大会が終わった途端にオープン戦を入れるようになりますから、4月早々から試合があるんじゃないですか?
これからですからね。楽しみですね。
Posted by かに at 2007年03月15日 12:50
かにさんのところのチーム、新入団状況が好調でよかったですね。やはり実績がものを言っているのでしょうか。
先日、バッセンで知り合った親子を次男のいたシニアに紹介したところ、入団を決めたとの連絡が入りました。ついでに入団決定者数を聞いたところ、2月末時点で18名とのこと。歴史、実績のないシニアなのに出足順調ですから、「今年は何が変わったの?」って感じでした。ですが、詳しく聞くと、体験練習のあった日に、たまたま某甲子園常連高校の監督さんと(たまに甲子園に出る)高校の監督さん、部長さんが新3年生を見に来てたらしく、体験者がそれと遭遇してしまったらしい・・・で、なんかそのシニアを実体以上に過大評価の印象になってしまったのが事実らしい(笑)。
Posted by touch at 2007年03月15日 15:09
 かにさんの所なら、当然の流れですね、総監督の言うような強いチームを作れる、25人を超えるのは必至でしょう。
 同じような事を、うちの監督も言っていましたよ。

 ちなみに、うちの新一年生は現在25人を超えているそうです。事務局長の話では、最終的には30人はいくんじゃないか、と、言っていました。
Posted by ナル at 2007年03月15日 23:47
touchさん、どうもです。

運営側からすると、クラブチームの両輪は、成績と進学だそうです。
質の高い指導はそのために必要不可欠な要素と言えるでしょう。

見学に来た6年生もその辺が感じられたんじゃないですか。
それにしてもバッセンで見掛けた子を獲得しちゃうなんて、立派なスカウトですねぇ。
Posted by かに at 2007年03月16日 21:50
ナルさん、どうもです。

そちらも新人獲得順調ですね。なんたって二冠ですからね。
しかも練習環境も素晴らしいですし。
今後も対戦が楽しみです。
その節はお願いしますね。
Posted by かに at 2007年03月16日 22:06
うちの子供は現在加入のチームに5年生の頃から出入りをしていました。

現在の新3年生に顔なじみの選手もいます。
(かわいがってもらっているようです)

その新3年生が関東1位でこの春全国大会に出場します。

この地域では、他のシニアのチーム参加者が減り、うちのチームが増えていると言ううわさがあります。

例年12名くらいが参加し、途中入部が約3人が例年のパターンでしたが、今年は20名を越えそうなんです・・。

全国にも3年連続で出場する事が出来たりしていることも、人気が上がった理由かも知れません。

ですが、レギュラー取りが熾烈で、
結構厳しい状況かも知れません。

ですが、ライバルがあって、全体が底上げもされるんでしょうし、子供達の成長ぶりをしっかり見ておきたいと思います。
Posted by 満木 月風 at 2007年03月22日 00:14
満木さん、どうもです。

昨日は神宮でまーぼがお世話になりました。
お話し出来れば良かったんですが、あいにくと仕事に行かなければいけなかったんで。大阪で会いましょう。

そういえばてんてん君の入ったチームもそちらのリーグではかなり強い所なんですよね。他のリーグのことは詳しくなかったんですが、野球小僧で少し勉強しました。
このまま進めばてんてん君の代でも全国がありそうですね。レギュラー取りは熾烈になるでしょうが、それくらいの方が高校に行ったときには良いと思いますよ。
どこかで読んだんですが、奥様がてんてん君のことをあまり書かないように言われたとか。全国にてんてん君の話題を待ってる人がいるんですから、なんとか頑張って説得して下さい。本人はどう思ってるんですかね。ウチの息子はウェルカム状態です。そりゃあそうですよね。そのおかげで満木さんとも知り合えた訳ですし。最近ではオフ会にも出たがっています。
Posted by かに at 2007年03月23日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック