2007年01月29日

チームは快勝 まーぼは・・・

日曜日、ほどよい気温の中で神奈川の東◎沢とのオープン戦がありました。

1試合目、両チームの投手がよくふんばり、5回まで0行進がつづく緊迫した試合展開でした。
試合が動いたのは6回の裏、ヒットと四球ですべての塁が埋まる。ここで次のバッターの打球がセカンド後方にふらふらと上がった。ところがこれを相手チームがお見合い。
ラッキーな形でヒットとなり、2者が帰って2点を先制。
アンダースローの打ちにくい投手だったため、チャンスは少なかったが、それをきっちりものにしてこの試合、2対0で競り勝った。

つづく2試合目は前の試合のうっぷんを晴らすかのように打ちまくり。
初回から連打が飛び出し4点を先制。その後も着実に得点を重ねて終わってみれば11対2。
先週に引き続き二桁得点で勝利しました。

まーぼは2試合目の5回からキャッチャーで出場。
いきなり2点を取られてしまい、やばいかなぁと思ったんですが、総監督が投手にガツンと入れてくれたおかげでそのあとはピシャリ。
打つ方ではまず1打席目がセカンドゴロ。
2打席目は先週と同じく満塁での打席。ここでライト前ヒットを打ちタイムリー。
2打数1安打とかろうじて結果を残してくれました。

帰宅中の車内で、「どちらも右方向だったね」と、聞いたところ、
(最近オヤジがフルでグラウンドにいるときには車に乗っていくんです)
「カーブだったし、意識的に右方向に打った打球だから」
左方向への強い打球をつい熱望してしまうオヤジとは違って、至って冷静にバッティングをしているようです。

最近は2試合目とは言えど、全部控え選手で臨むということをしなくなりました。
春季大会まで残り1ヶ月。エースが投げるとき、投げないときなど、より現実的な起用方法に変わってきているというのが実感です。
となると、先週のようにフル出場の機会もグッと減ってくると思われます。

少ないチャンスでいかに結果を出すか。精神力の勝負になってくると思います。
そういう場面を想定した集中力を高めた素振り、バッティングをする必要があるでしょうね。
posted by かに at 09:09| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドモ━━━━(*゜▽゜)ノ━━━━━━!!!!!

昨日は清水の舞台から飛び降りる気持ちで、台風の目の中に入っていきましたわぁ〜。
ォーホッホー(´0ノ`o)ォーホッホー

久々に会う人ばっかりだったから話し込んでしまって結局試合は見なかったけど、まーぼも着々と結果を残しているのね。。。
この地道な結果がレギュラーへの近道だからさッ!いっぱい食って何とか奪取してちょーだいなッ!!
大阪での目標は皆で勝利の乾杯をすることよッ!
たのむでぇー!!
Posted by Ayigus at 2007年01月29日 12:45
 まーぼくん、少ないチャンスの中で結果を残すのは大変ですが、2打数1安打なら立派だと思います。5割ですから。これを積み重ねてレギュラーを奪取して欲しいですね。試合での柵越えにも期待しています。でも張り切りすぎて怪我のないように・・・。頑張って下さい。
Posted by 四十肩コーチ at 2007年01月29日 16:06
納得したうえでの右打ちならいいでしょう^^
全国大会まで日数も迫ってきましたから、指導者もあれこれ試していくでしょう。
なんとかまーぼ君も 喰らいついていってほしいです!
Posted by ドラ夫 at 2007年01月29日 22:41
Ayigusさん、どうもです。

IT君弟とまで話し込んじゃってれば、そりゃあ試合は見れないですよね。(笑)
まーぼが打席に向かってるときに、「ほら、ウチのお坊ちゃんが打席に入るよ」って教えようと思ったけど、ちょっと躊躇してる間にセカンドゴロで凡退しやがった。教えなくて良かった〜ってちょっと思っちゃいました。
いつかまーぼのすかっとするようなバッティングを見て貰いたいです。
Posted by かに at 2007年01月30日 02:27
四十肩コーチさん、どうもです。

そうですね。一気に評価を高めることは考えず、一歩一歩進んでいってくれればと思います。
めちゃくちゃ張り切って欲しいけど、この時期怪我をされるのも困りますから、ほどほど、適度にぎりぎりのところで頑張って欲しいと思います。
Posted by かに at 2007年01月30日 02:30
ドラ夫さん、どうもです。

1ヶ月後には春季大会が始まり、2ヶ月後にはもう大阪にいるんですよね。
何だかあっという間に過ぎていきそうな予感がします。
他の選手と比べても、まだチャンスはあるような気がしますから、とことん振り込んで力を付けて食らいついていって欲しいと思います。
Posted by かに at 2007年01月30日 02:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック