2007年01月22日

2試合連続マルチヒット

昨日は北関東の強豪チーム、U和シニアとのオープン戦でした。
甲子園の常連高校U和学院に毎年5人は送り込んでいるという歴史のあるチームです。
その特徴はとにかく強打。マシン8台を使って打ちまくっている。じつはこのチームからはまーぼが6年生のときに入団のお誘いがあったんです。しかしご存じのようにその当時はそれほどバッティングが好きではなかったまーぼ。最終的には守備練習中心だった今のチームを選んだんですが、気持ち一つでもしかしたら立ち位置が変わっていたかもしれません。
そんな思いがあるから、微妙な気分で車で20分のU和シニアとの試合に出掛けていきました。

この日は正1塁手、控え1番手の1塁手のどちらも所用で欠席。ということで第一試合4回から1塁手として出場しました。5回には打席も回ってきてフォアボールを選んで出塁。
次打者の送りバントで2塁に進んだが、相手チームの3塁手が塁を空けているのに気付かず進塁のチャンスを逃してしまいあえなくそこで交代。これには試合後話を聞いたまーぼも反省しきりでした。

つづく2試合目は1塁手としてスタメン出場。
第1打席はフォアボール。前の試合につづいてのフォアボールはボールが少しは見えてきたからなのかなとは思いました。神宮のバッティング練習で立ち方まで直して貰ったことが功を奏してきたのかもしれません。

第2打席はサードゴロ。結果は凡退でしたが今までには無いような左方向への強い当たりで、大分振れてきたのかなと感じられました。
まーぼもその打席には手応えがあったのか、自信を持って臨んだ第3打席。

1アウト満塁の場面で打席に入ったまーぼは2球目を叩いてセンター前ヒット。
3塁ランナーが帰り、先週につづいて打点を上げることが出来ました。

最後の第4打席はノーアウトランナー無しから右中間にツーベースヒット。
打球に力がないからヒットは出ても長打はでない、それがまーぼのバッティングだったんですが、ここにきて打球に勢いも出てきたみたいです。
打球を見ていた私が「右中間にかなり伸びてたし、ライトが飛びついたけどその上を越えていったんだから打球に勢いがあったってことじゃない」と伝えてやると、
本人は「詰まった感じだったし、打球を見てないからどこまで伸びたのか分からなかった。あまり手応えもなかったし60点くらいかな」という感想でした。

まぁ、依然として目指している左方向の打球ではないから、これからも修行が必要ですね。

さて試合の方は壮絶な打ち合いから最後は突き放して12対7。第2試合も12対1と快勝。相手チーム関係者をして「これが全国出場チームと関東大会チームの違い」という言葉を頂いちゃいました。

まーぼは2試合目途中からマスクをかぶり、課題のパスボールも出ず、リードもほぼ完璧でその間だけはベンチからの総監督の怒鳴り声もなかったのが嬉しかったです。

この日のまーぼ
3打数2安打 2四球 打点1

IMG_1716.JPG

右中間に打ったときのまーぼ。フレーミングもダメダメだし若干手ぶれ気味だから気に入らないんだけど良い当たりをしたときくらいは載せるかってことで(^^;)
posted by かに at 08:57| 東京 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まーぼ君は順調の様ですね。レギュラーが欠席している間にきっちり仕事をするということは、首脳陣の印象もばっちりだと思います。
このままいってほしいですね。
Posted by 星 十徹 at 2007年01月22日 10:32
結果がでても、満足しない・・。
これが全国レベルのチームの選手の姿勢ですね。
学ばさせていただきます!

今は必死なのでしょう。
打球を見る余裕も無いのですから!

しかし、チャンスでしっかり結果を残せたということはしっかり練習をしている証拠です。

このまま、3月まで上り調子で行って欲しいですね!
Posted by 満木 月風 at 2007年01月22日 12:20
うちのゲンジよりかなり体格も大きいですし、きっかけを掴めば左方向にも大きい当たりが出るでしょう。
攻守共に収穫があって善かったです^^
この調子だぁ!
Posted by ドラ夫 at 2007年01月22日 21:43
ノーアウトランナー無しにしては、随分キャッチャーが後ろすぎませんか?あっ関係ない話でスミマセン^^
さほど外角ではないミットの位置に見えるけど、詰まってライトオーバー・・・
左方向はショートゴロが多くて、右方向はフライが多い。
https://metoo.up.seesaa.net/image/060923-4-thumb.jpg
この写真の動きを、試しに意識を持って打ってみてください。
左右の腕のバランスが解ると思いますよ^^
今度時間があったら神宮へ顔出します!
Posted by metoo at 2007年01月22日 22:45
 素晴らしい、バッティングだと思うけどな。手応えがない位のほうが、きちんと芯を食ってる証拠だと思います。
 metooさんの写真のような右手の使い方は、参考になりますね。

 うちも、日曜日は◎本牧との試合でしたが、ヒガネリと同様、さすがに全国に出るチームという印象でしたよ。大阪では対戦することになるかもしれませんね。^^
Posted by ナル at 2007年01月22日 23:44
はじめまして。
息子がシニアに来年から入ることになりまして非常に参考に読ませてもらっております。
全国大会出場おめでとうございます。
これからもまたにコメントさせてもらいますのでよろしくお願いいたします。
3/4は神宮球場にチームでまだ立てませんが、見学に行きたいと思っております。
よろしくお願いいたします。
Posted by RK at 2007年01月23日 14:15
星さん、どうもです。

そうなんですよ。
レギュラーがいないからこそ、ファーストとはいえスタメン出場出来たんですから、こんなときこそ働かないとね。
だからタイムリーを打ったときは本当にホッとしましたよ。
Posted by かに at 2007年01月23日 14:36
満木さん、どうもです。

言っても控え選手ですからね。まだまだ満足しちゃいかんでしょ。神宮で教わっているバッティングは出来ていませんからね。
とにかく今は意欲的に取り組んでいることが私としては一番嬉しいです。結果が伴ってきたから余計に意欲も沸くのでしょう。良い連鎖が起こり始めているのかもしれませんね。
Posted by かに at 2007年01月23日 14:42
ドラ夫さん、どうもです。

バッティングセンターではとにかく左の壁に当たるくらい、そちら方向を意識して、ポイントを前にして打ってますが、硬球で実戦だとやっぱりそうはいきませんね。
そのきっかけがいつなのか。焦らずでも必死に掴んで欲しいです。出来るならゲンジ君のバッティングをお手本として見たいくらいです。
Posted by かに at 2007年01月23日 14:45
metooさん、どうもです。

まーぼが持ってる本に載ってるみたいです。metooさんの書かれた話。
でも今まで試したことはなかったみたいだから今度実践してみます。
神宮、ぜひお越し下さい。まーぼのバッティング見てやって下さい。
Posted by かに at 2007年01月23日 22:09
ナルさん、どうもです。

確かに本当に芯を食ったときにはまるで手応えがないとかって聞いたことがありますね。

◎本牧さんとはぜひやってみたいですね。去年の春に8対0からの大逆転負けを食らってますからね。ぜひリベンジしたいところです。でも・・・強いですからねぇ。
Posted by かに at 2007年01月23日 22:16
RKさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

シニアに入られるんですか。
新たな世界に飛び込むのって大変でしょうが、楽しいこともいっぱいありますから。
こんなブログですけど、良かったらまたお願いします。
Posted by かに at 2007年01月23日 22:25
お言葉ですが、U学に毎年5人も進学
していませんから。良く知ってから
書いてください。
Posted by かんちゃん at 2007年01月24日 21:11
かんちゃんさん、どうもです。

それは失礼しました。
まーぼが体験で行った二年前にそのような説明をUシニアの関係者の方にされたから、それが事実なのかなと思ってました。失礼しました。m(_ _)m
Posted by かに at 2007年01月24日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック