2012年11月29日

察してあまりある

親会社の支援で補強に積極的なDeNAベイスターズ。

現時点で獲得出来たのはソフトバンクから多村仁志、吉川輝昭、神内靖の3人と日本ハムから土屋健二の計4選手。
これ以外にも名前が挙がってるだけで言えば、メジャーから松坂大輔、福留 孝介。中日からブランコ、ソト、ソーサ
これほど積極的な補強ってほとんど見た記憶がない。
もちろんこれくらいやらなきゃいけない状態なのは明らかだし。

松坂、福留に関してはメジャーでの獲得球団があるかどうかにもよるからまだ先になるけど、ブランコ、ソト、ソーサは12月に入ったら早々に動きがありそう。

全員獲得出来れば理想的だけど、出来ないにしても中日から流出って自体は間違いなさそう。
これって中日ファンにとってはオオゴトですよね。
いっぺんに3人ですもんね。

結局引き留めに用意している金額より、他チームが出すと言っている金額の方が高いからこういう自体になってる訳で。
このパターン、これまで逆ならイヤってほど経験してきてるけどね。

「なんで引き留められないんだよ!もっと金を出せよ!」

って中日ファンの気持ち。察してあまりありますね〜。
まぁ、過去、同じパターンで4番バッターを奪われてるから同情は出来ませんけどね。
posted by かに at 14:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
補強、補強と、(言い方は悪いですが)見境なく補強しようとしているチームを見ると興ざめしちゃって、もう、来シーズン、阪神を応援する気が失せちゃってる私です。。。
せっかく、良いドラフトをして来年は楽しもう!って思ってたのに・・・これって、贅沢な嘆きですかね^^;
Posted by PAT at 2012年11月29日 22:09
PATさん、どうもです。
今年日本シリーズを戦った巨人と日ハム。
どちらもドラフト1位の選手が活躍してチームを牽引している。
我がベイスターズにせよ、阪神にせよ、補強に次ぐ補強で強化している内は日本シリーズは遠いのかな、と思ってしまいます。
藤浪投手が阪神のエースになったとき、その時が優勝を狙うチャンス何じゃないですかね。
Posted by かに at 2012年12月04日 16:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック