2005年04月18日

今の中国、韓国が嫌いです

『僕は僕のことを嫌いな人が嫌いです』

『僕の周りの人を嫌いな人が嫌いです』

『僕の好きな物を嫌いな人が嫌いです』

『僕の信じるモノを嫌いな人が嫌いです』

だからこそ、今のデモをしている中国と韓国の人が嫌いです。

歴史問題など色々あるんでしょうが、正当化出来ることではないです。
みんな気付いて欲しいんです。

報道も教科書もすべてが正しい訳ではないんです。
真実ばかりを報道する訳ではない。真実ばかりを教えたい訳ではない。

中国でも、韓国でも、この日本でも。

だからこそ、報道や歴史ではなく、今、生きてる人と人が会話して、好きあって欲しい。

好きになってくれたら、僕もあなたたちを好きになります。
posted by かに at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かにさん。おはようございます。星です。
ここまでエスカレートしてしまうと、中々
当人同士では解決不可能です。
しかし、諸外国は自国の国益に直結する様な
事象でないと係わり合いを避けますよね。
こういう時こそ自称「世界の警察」のUSA
が介入して欲しいのですが、お茶を濁した程度の
コメントしか出しませんね。
でも、報道の様にあまり調子にのっている姿
が毎々映し出されると「お前らいい加減すろ!」
と言いたくなりますね。
ただ、ドイツと比較されてしまうと弱いですよね。あの国は戦後の処理を結構しっかりやっていますし、教科書への歴史記述も隣国のポーランドとかと相談しながらやっているらいいですね。
やはりドイツ人はすごいです。
Posted by 星 十徹 at 2005年04月19日 07:15
中国のことでアメリカに仲裁を求めるのは無理でしょうね。下手すると次に自分達に矛先が向かいかねないですから。

ドイツのことは知りませんでした。確かに隣国と相談してやるのはすごいことですね。ただ日本では難しいでしょうね。間違いなく歴史認識とセットで、補償問題もついてくるでしょうから。
Posted by かに at 2005年04月20日 02:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック