2012年10月27日

悪しき前例

タイトルを見て私が何を書きたいか、言わずもがなですよね。

そうです。
先日行われたドラフト会議の話しです。

我がベイスターズはまた今年も1位指名の競合に勝利する事は出来ませんでした。 _| ̄|○
まぁ、あの場に王さんが出た時点で、こりゃあ持って行かれるなとほのかな予感はしましたけどね。
だって世界の王ですから。

その他にも4球団競合の中、藤浪投手を獲得した阪神。
ファンの皆さんおめでとうございます。さぞや美味い酒を飲んだ事でしょう。

そして予告通り大谷投手を強行指名した日ハム。
良くも悪くもよほどの自信が無い限り指名に行けないですよね。
個人的には賞賛も批判もする気はありません。日ハム好きですしね。
でも大谷君には初志貫徹でメジャーに行ってもらいたいです。
日本球界にとって大きな戦力の流出だと言う人もいますが、メジャーの育成で大きく羽ばたいた大谷投手を見てみたくないですか?
MLBに行くからと言って、日本人で無くなる訳でもない。
5年後、10年後のWBCで日本球界のエース藤浪とアメリカ球界のエース大谷が日本の投手陣を支える存在になったら、こんな興奮する事はない。
大谷君にはそんな夢を見せて欲しいな。

さてさてさて。
最後はタイトルの通り。
言わずもがなの讀賣の話。菅野投手の話です。
拒否するも自由ですし、意中の球団を持つ事も自由です。
しかし東海大野球部監督が言ったあの一言は絶対に言ってはいけない言葉です。
あの言葉によって指名を思いとどまった、迷った球団は必ずいたはず。
例えば「思いは去年と同じ。行きたい球団は一つだけです」と彼が言えば十分思いは伝わるはず。
あえて監督が恫喝めいた言葉を吐く必然性なんて何も無い。
今後、どうしても意中の球団に行きたい選手がいたら、監督がああ言えばごり押しが通る可能性が高くなる。
そんな悪しき前例を作ってしまったのではないか。
正直、今回は讀賣、東海大の双方にそれなりのペナルティを与えて欲しい、そんな気持ちにすらなります。
もちろんそんな事にはならないだろうし、そんな流れにもなってませんけどね。あくまで個人的な気持ちです。

たぶん11球団のファンは多かれ少なかれ同じ様な心境だと思いますが、ここ数年の讀賣のドラフト戦略はヒドイです。
まるで逆指名があった頃のドラフトを一球団だけやっているようなもの。

あ〜〜〜〜!こんな時間だから、書けば書くほどヒドイ言葉しか出て来ない。
だからこの辺にしておきます。

とにかく!
来年こそは正常なドラフトが行われる事を願ってます。


posted by かに at 03:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントにヒドイですよね。
私も、これが悪しき前例とならぬためにも、何らかのペナルティを課すべきだと思います。
ただ、監督の謹慎とか言っても、結局は裏で動いていたりするので実質的なペナルティにならないし・・・だからといって、東海大の他の選手に累が及ぶような形になるのもよろしくないかなとも思いますし・・・
ペナルティの課し方も難しいところですね。
あ、讀賣へのペナルティは、『数年間、ドラフトに参加させない』っていうのが良いかな。
Posted by PAT at 2012年10月27日 22:56
PATさん、どうもです。
ここまでの段階で特に動きはないですから、現実的にはペナルティという形にはならないでしょうけど、それでも・・・という気持ちですよね。
Posted by かに at 2012年10月30日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック