2006年12月14日

壁超え

親父は(正確には母も姉も)どうやって体重を減らすかをいつでも考えているって言うのに、家族でただ一人体重を増やしたがっているまーぼ。

食う量はすでに親父を超え、日に日に胃袋を鍛えていたんですが、夏からずーっと体重が増えなかったんですよ。

夏を前にしたまーぼは、

身長 174センチ
体重 59キロ

でした。

夏を終え身長はついに親父を超え、176センチに到達しました。
しかし体重だけはまったく増減無し。59キロのままでした。

一時は『肉・肉大作戦』と称して、キロ単位で肉を購入し、おやつ代わりに肉を食わせるくらいの勢いでした。

しかし、ここに来て肉などの動物性タンパク質ばかりでは太らないと言うことを知りました。
太らせるためには植物性タンパク質も必要らしい。

そこで新たに編み出された作戦、それが『ネバネバ大作戦』です。
言わずもがなですね。納豆です。
関西圏の人はあまり食べないと聞きますが、我が家では以前から結構納豆を食してました。
それをそれこそブロイラーのようにガツガツ食わせてやろうというのが今回の作戦です。

一応匂いを気にするおぼっちゃん。朝用に匂いの少ないタイプも購入。
常に冷蔵庫には4つ以上の納豆が入ってることになります。

晩飯の時にはおかずを食す前に納豆2パックでご飯をかき込み、それから本格的に食事に入るというスタイルになりました。

そんな食生活が功を奏してか、ついにずっと超えられなかった壁を越え、体重60キロに乗ることが出来ました。

ブラボー納豆!

ただ、この作戦の欠点は、うまそうに納豆を食ってるまーぼを見て、周りも釣られて食べたくなっちゃうことです。一緒に体重増やしちゃったら元も子もないですから。

ともあれまーぼだけはこの調子で春までに65キロを目指して貰いたいです。
posted by かに at 13:45| 東京 🌁| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
w( ̄o ̄)w オオー!
やっと大台に乗ったのねぇー!!
おめでとぉーー!!!

納豆飽きてない?
うちは2パックなんて絶対に食べてくれないわ・・・。今は、納豆→豆腐→大豆(五目ひじきにする)→(たまに高野豆腐)ぐらいの順で食べさせてるんだけど、もうイヤイヤなもんだから量はちょっとしか食べないやー。
そんでもって、次男は痩せてるから太らせなきゃーいけないんだけど、お兄ちゃんは今度は太りすぎたから痩せなきゃーいけないし・・・どうもうまくいかないわ・・・。
え?あたし?もちろんコツコツ増えてるわよッ!
大きなお世話ッッ!ヾ(。`Д´。)ノ 
Posted by Ayigus at 2006年12月14日 17:30
え、納豆食べたら太るんですか。我が家は毎朝みんなで食べてます(ヤバ!)。
でも、植物蛋白をたべると太れるというのは、アミノ酸のバランスが良くなって無駄に食べていた動物性蛋白が効率よく血となり肉となり体重となり。。。だから、おじさんおばさん(ゴメンナサイこれはあくまでも自分のことで…)は動物性蛋白も少なくすれば問題ないんじゃないのかなぁ…???
(体重の負担で脚を痛めたのにこんなコメ書くなんておこがまし過ぎるoba3でしたスミマセン。)
Posted by oba3 at 2006年12月14日 17:35
 今日、体脂肪計の大きなやつ(タニタってメーカーのものです。)で測定する機会がありました。
 体内脂肪年齢 28歳 だそうです・・・。びっくりって言うか、何かの陰謀か間違いでしょう。
 体脂肪率 17.2
 BMI  22.1
だったかな。
 嬉しかったのは、脂肪燃焼しやすい体だそうで、動かなくても脂肪が燃焼するのだそうです。
 そういえば、20代から現在まで、175cm、68kgの体型が大した苦労もなく維持できているのはそのせいかも。。。

 マーボ君もきっと新陳代謝がよくて脂肪燃焼しやすい体なんでしょうね。肉はもちろん、米に代表される炭水化物、畑の肉とも言われる豆類、牛乳なんかもがぶがぶ飲んだほうがよいでしょう。あと、プロテインもかな。
Posted by ナル at 2006年12月14日 21:14
アメフトの世界では、飯ドリルというものがあって、摂取するカロリーのノルマを設けているチームがあります。太る為に皆シーチキンが食べることを義務づけられています。
うちの息子は相変わらず小さくて細いです。全く親のDNAを継承していません。困ったものです。足はまだ23.5のままです。
Posted by 星 十徹 at 2006年12月14日 21:28
ウチのK太も納豆好き。正確にはスタミナ納豆。

スタミナ納豆ってご存知?
「鳥肉のひき肉を祖母路上,もとい,そぼろ状にいためて,しょう油かなんかで味を調えて,納豆と和える」だったかな?

もう,バクバク食べる。
だからかなぁ?小4にして,体重は四捨五入したら50キロですわ。

あ,ちなみにワタシは納豆は「だいっきらい」です。
Posted by K太父 at 2006年12月14日 23:26
我が家も納豆大好きです♪
週に3,4回はまって食べているのは
豆腐の上に納豆をドバッとかけて、
その上にキムチをドサッとおき、
ポン酢を少しかけたもの!!
余裕があればここにオクラを刻んだものをのせたりして。
でもこれで太ったら私はちょっと考えないと・・・・
あっ、毎日じゃないからいいか!!
Posted by プーミー at 2006年12月15日 00:05
うちのゲンジも納豆は大好物ですね。
ほぼ毎朝食べてます。 彼は和食等ですから。

ちなみに私、朝食はトーストとハムエッグ・サラダ・グレープフルーツです^^

私もK太父さんと同じく、納豆は絶対にダメです! 見るのも嫌です。。。。。
Posted by ドラ夫 at 2006年12月15日 01:23
Ayigusさん、どうもです。

ようやく大台に乗りましたよ。このまま減る方向に行ったらどうしようかと思ってました。

ウチの息子は全然飽きそうにないですよ。今のところまったく工夫する必要はなさそうです。豆腐を食わせるよりは簡単かも。
兄弟で違うメニューにしなきゃいけなかったりするの?そうなると大変だね。
久しく会ってないけどずいぶんとため込んだって事?そりゃあ会うのが楽しみだ。(^_^)
Posted by かに at 2006年12月15日 13:26
oba3さん、どうもです。

アミノ酸のバランスってのは、確かにそうかもしれませんね。
やっぱり太るためにはバランスが大事なんですかね。
でも俺はそんなバランス考えたつもりがないのに太ってきてるのはなぜ?
Posted by かに at 2006年12月15日 13:30
チーム69って体重69の意味ですよね?^^
西の人も太ってきたし、東の人も・・・
\(−"−)/ ハァ〜

Posted by metoo at 2006年12月15日 19:24
ナルさん、どうもです。

脂肪が燃焼しやすい体だなんて・・・・うらやましい。
きっと同じ事を思った人が100人はいますよ。きっと。特に女性で。

私も30までは食べても太らないって公言してたんですけど、今は・・・。今でも維持してるナルさんがうらやましいです。何か秘訣があるんですかねぇ。教えて欲しいもんです。
Posted by かに at 2006年12月16日 15:22
星さん、どうもです。

シーチキンって太るんですか。やばい。俺が太る原因はその辺にあるのかも。俺、シーチキン大好きなんですよ。しょっちゅうシーチキンマヨで食べてますから。気をつけないと。
Posted by かに at 2006年12月16日 15:24
K太父さん、どうもです。

スタミナ納豆うまそうだ。いただきます。ウチもやってみます。
4年生にして50キロってのはうらやましい。順調に育てば卒業時には60オーバーになってるんじゃないですか。

それにしても『大嫌い』ではなく『だいっきらい』ってとこに嫌いさ度合いが伺えますね。キムチ納豆とか旨いんだけどなぁ。
Posted by かに at 2006年12月16日 15:28
プーミーさん、どうもです。

納豆とキムチ、納豆と豆腐、それぞれはやったことあったけど、全部いっしょくたってのはなかったなぁ。
今度やってみます。

なんだか納豆一つで、あれこれ工夫があるもんですねぇ。勉強になります。
今度、「あなたの家の自慢の肉料理教えて」とかエントリしてみようかな。かなりべんきょうになりそうですね。
Posted by かに at 2006年12月16日 15:32
ドラ夫さん、どうもです。

ゲンジ君は和食党ですか。イメージと合うなぁ。
ゲンジ君の1週間のメニューを公開したらきっと反響ありそうですよ。

>ちなみに私、朝食はトーストとハムエッグ・サラダ・グレープフルーツです^^
これは・・・・言って良いですか・・・


欧米かっ!!(byタカアンドトシ)

(分からなかったら息子さんに聞いて下さい)
Posted by かに at 2006年12月16日 15:37
metooさん、どうもです。

69ってそれだったの・・・って俺はすでに超えてるし。
下回ることが目標なんだけど、中々たどり着かないなぁ。

なんたって西の人は、股が裂けるくらい太って来ちゃってますからねぇ。あの人が一番やばいでしょう。
Posted by かに at 2006年12月16日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック