2012年08月22日

大騒ぎ

昨晩、まーぼは無事帰宅しました。

日帰りの旅でしたが、まーぼにとっては良い経験をしたようです。
残念ながら時間が合わず、直接顔を合わせていなく、土産話を聞いていないんです。
それを聞いた上で改めてここに書こうと思っています。
と言う事で少しお待ち下さい。

で、今回は先日起こった大騒ぎの話。

それは夕方の事でした。
バイトから帰った姉ちゃんがものすごい声で泣き叫びながらリビングに入って来た。
尋常じゃないその何が起こったのかと、奥さんが抱きかかえながら話を聞いた。
バイト先でよっほど辛いことでもあったのか。
そんなことも考えました。
しかしそんな事ではありませんでした。

「エレベーターを降りたらでっかい蛾が・・・蛾が・・」

奥さんと娘は蝶や蛾が大キライ。
どうやらその大キライな蛾が不意打ちで現れたからビックリしたらしい。

私も蛾は好きじゃないけど、怖いとは全く思わない。
かぶれるのがイヤだから手で触りたくは無いけど。
でも何かしら道具を使えば追っ払う事くらいは出来る。

娘と奥さんのために天敵を追っ払ってやるか。
そう思って玄関を出ました。
確かエレベーター前って言ってたよな、のんびりとした感じで廊下を歩いてました。

が、次の瞬間、私の足もピッタリと止まっちゃいました。
今までに見た事がないほど大きな蛾。
これがいきなり目の前に現れたら、そりゃあ姉ちゃんは泣き叫ぶわな、って大きさでした。

男の私でもひるむほどの大きさ。
グッと開いた手と同じくらい、15cm以上あるかな。
黄緑色の羽はキャベツと似た感じの色かな。
『オオミズアオ』と言う蛾でした。
試しに写真を撮ってみたけど、どうにもその大きさを表現出来ない。
このブログを見ている奥さん達に配慮して、写真は追記部分に載せました。
どうしても見たいと言う人だけご覧下さい。

このオオミズアオと言う蛾。
成虫になると口が無くなって餌を食べないらしい。
それゆえにあまりアクティブに動く事なく、下手するも数日間もジッと動かないそうな。

翌日には姉ちゃんだけでなく奥さんも出掛ける予定がある。
そのまま同じ場所にいたら二人とも出掛けられない。
なにか対処しなきゃいかんだろう。
私もビビるほどの大きさだが、バーベキューで使うトングを使って追い払うことにしました。
これで挟んでどこかにやってしまうか。そう狙ったんですが、動きが緩慢とは言え、さすがそれは無理だった。
しかし挟もうとするトングから逃げてハタハタと飛んで行く。
なかなか視界に入らないところには行ってくれないが、それでも二人の外出には影響がないところまで追い払えた。
ひとまず責任を果たし、私は仕事に行きました。
帰宅したのは3時近く。
その時も先ほどとほぼ一緒の場所にとまっていました。

が、翌日朝には事態が変わっていました。
いたはずの場所にいない。
そのそばには掃除のおっちゃんの用具が。
おっちゃんが退治したのか?
とは言え思わぬところにひょっこりいたらまた泣き叫ぶ人がいるからあちこち入念にチェックしましたよ。
しかしどこにもその姿は無し。

と言うことで二日に渡った大騒ぎは一段落しました。
しかしあの蛾がどこからやって来たのか、それが分からないので奥さん達は部屋を出た後周囲を伺ってしまう日が続くでしょう。IMG_5397.JPG

参考までに29cmのまーぼの靴を近くに置いてみました。
この比較で大きさの感覚が掴めるかな?
posted by かに at 17:14| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはデカイ!
しかも、色もちょっとねぇ(~_~;)
そりゃぁ、娘さんも泣き叫んじゃいますね。

我が家は私を含め、虫が苦手ですから、自宅にこんなものが現れたらものすごい大騒ぎになりそうです(~_~;)
Posted by PAT at 2012年08月23日 22:31
私が小学生の頃、友達の大塚くんは大声で歌を唄いながら自転車乗っていたろころ、蛾が口の中に飛び込んできました。吐き出そうとすると口の中でバタバタされると思い、一瞬の判断でそのまま呑みこんでしまいました(オェ〜)。実話です。
Posted by 星 十徹 at 2012年08月24日 10:41
PATさん、どうもです。
蝶、蛾が好きって人は「綺麗」って言う色なんでしょうが、好きでもキライでもない俺からしてもこの色と大きさはねぇ。(;^_^A
どうします?今日仕事が終わって自宅に帰ったら玄関ドアに貼り付いていたら。(^^ビビリますよ〜。

星さん、どうもです。
いや〜、それは聞きたくない話だなぁ。
まさしくオエ〜な話しですね。
Posted by かに at 2012年08月27日 11:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック