2006年11月30日

3年生ありがとう 2

昨日のR君と共に、強く印象に残っている3年生がQ君です。
先日、『また痛めました』でコメント頂いたQmamaの息子さんです。

私がQ君に会ったのは息子がシニアに入ってから。
ポジションはR君と同じくセカンドを守っていたんですが、すでにその頃には彼は膝を痛めてグランド内ではプレイしてませんでした。

オスグットです。

私はオスグットという言葉をこのときに初めて知りました。
当然知識もありませんでしたし、まったくオスグットのことを理解してませんでした。
それこそ、成長痛の正式名称(?)程度の認識しかありませんでした。

成長痛なんだから、これといった根本治療がある訳ではない、やりながら痛みが消えるのを待つしかないのでは、無責任にもそう思ってました。
自分の息子がなった訳ではなかったから、真剣に調べることもしてませんでした。

しかし、オスグットってそんな簡単なものではなかったんですね。
次第にまーぼの代でもオスグットで休む選手が出始め、その親御さんと話をする内に少しずつ知識が増えていきました。

そうするうちに私はQ君に興味が出てきました。
その後もオスグットのために全力で走れない日々が続きました。
しかし彼もR君と同じく休むことをしませんでした。
故障しているのですから、他の選手と一緒に練習することはありません。
時には一人で土手の上を歩くだけ。そんな日々が続いていました。

ある時、隣のサッカー場でティーバッティングをしているQ君を見掛けたときに驚きました。
すごくきれいなバッティングフォームなんです。
体格こそそれほど大きくないですが、このフォームで打つことが出来ればきちんとしたバッティングが出来るだろう、そう思えるほど良いフォームでした。当時の2年生を見回してもトップクラスのフォームだと思いました。

だからこそ彼が野球をやれないのが勿体ない。
そう思えるほど長い期間、彼は故障者として別メニューをしていました。
時には『本当は治っているけど戻るのが怖いのでは』と酷いことを思ったこともありました。
そうこうしている間にも時間はどんどん過ぎていき、2年の秋を終え、彼にとっても残された大会はあと二つというところまできました。

この頃には、試合に出られなくてもいいから、ともに戦力として戦えるようになって欲しい、切に願うようになりました。
そしてそう考えるのは私だけではなかったようでした。
少しずつ練習に参加し始めたQ君に対し、総監督や監督がしきりに声を掛け、オープン戦でも使うようになりました。

最初の内はやはり試合勘の問題もあるでしょう、素晴らしい結果を出すことは出来ませんでしたが、次第にそのシャープなバッティングが出始めました。
過ぎた時間を埋めるように結果を出し始めたQ君でしたが、やはりレギュラーとの差を詰めるところまではいかず、スタメンを取るまでは行きませんでした。
それでも代打要員としてはトップクラスの信頼を得ていたと思います。

そして3年生になり、最後の大会、関東連盟夏季大会が始まりました。
2回戦からスタートとなった我がチーム。
自慢の打線を武器に着実に勝ち進んでいき、ついには全国大会出場を勝ち取った訳ですが、その打線のムードを上げ、まさに火付け役になったのが私はQ君だったのではと思っています。

2回戦だったか、3回戦だったか、正確に覚えていなくて申し訳ないのですが、中盤に相手を追い越し上げ潮ムードになったとき、代打にQ君が告げれれました。
私はもちろん、特に3年生の父兄がものすごい応援の声を上げました。
Q君のこれまでの頑張りを私よりも長く見続けてきた父兄達ですから、思い入れが強くなるのは当たり前です。
そんな声援を背に、Q君はきれいなセンター前ヒットを放ち、貴重な追加点をあげたのです。
父兄はまるで勝利したかのような大騒ぎでした。中には涙ぐむお母さんもいたくらいです。
残念ながらその時にQmamaは都合で試合を見ていなかったと思います。
試合が終わったあとに駆けつけたQmamaにみんな口々に
「何やってるのよ。今日Qが試合に出てタイムリーを打ったのよ。見に来なきゃダメじゃない!」
と嬉しそうに報告しているのが印象的でした。

夏季大会も勝ち進み、あと1試合勝てば全国出場決定と言うところまで来たとき、その出場決定の鍵となる試合が先日行った佐◎シニアに遠征して行われました。
Qmamaも今度はちゃんと試合を見に駆けつけました。
しかも私の車の助手席でした。試合会場へは1時間以上掛かる距離ですから、その間色々話をしました。
その中に先日コメントいただいたQの話もありました。

こんなに野球が出来なくて辛い思いをするなら辞めてもいいんだよ、と言ったQmamaの言葉に、

「試合には出られないけど、野球は出来てるから」

彼にとっては、土手を歩くのも、サッカー場でストレッチするのも、それら全てが野球だったのです。
私はその時、彼はなんて強い選手なんだろう、心底思いました。
彼がこんな思いをもっているから、だからこそ他の父兄もみんな熱い気持ちで応援するんだと改めて気付かされました。

コメント欄にもある総監督の言葉で

「野球が好きですか?レギュラーが好きですか?」

と言う言葉もグランド内で戦ってこそ、故障していたらそれも出来ない、そう考えていましたが、彼は心底『野球が好き』なんですね。

この日の試合は惜しくも1対0で敗れてしまいました。
それも自慢の打線を完璧に封じられ、わずか2安打で3塁すら踏めない状態でした。
それでも最終回、2アウトからヒットが飛び出し、最後のチャンスが出来ました。
ここで監督が代打に送ったのがQ君でした。
正直彼よりも打力がある体の大きい選手は何人かいます。
それでも監督が彼を代打に送ったのは、彼がヒットで続けばチームにとってそれが一番ムードが上がるから、そう考えたのではと私は推測しました。残念ながらその場面で彼はヒットを打つことは出来ませんでしたけど、それほど信頼される選手になっていたのです。

遠征先に向かう車の中でQmamaから、彼は小学生時代から走るのが好きで、走力が自慢の選手だったということを初めて聞きました。
自慢の武器を封じられ、1年半もの間、地道なトレーニングを続けることが出来る。
それほど強い精神力を持った選手がどれほどいるでしょうか。
Qmamaも少しコメントで書かれてましたが、きっと泣き言を言っていた時期もあったでしょう。
しかしそれでも彼は野球を辞めなかった。

だからこそ彼のことを野球の神様は見捨てなかったのだと思います。


日本選手権の2回戦。大田スタジアムでの山梨都留戦で彼は代打に立ちました。
強く振り抜いた打球はレフトの頭を越え、レフトスタンドに向けて転々と転がっていきます。
彼は自慢の足を飛ばして、1塁、2塁と回っていきます。
3塁に到達しようかと言うとき、ようやくレフトが打球に追い付きました。
ランナーコーチャーのS君は躊躇無く腕を回しました。
さらに加速した彼はそのまま一気にホームに滑り込みました。
これがチームにとって貴重な貴重な追加点となり、我がチームは2回戦を突破することが出来ました。

公式戦初ヒットのあの時と同じく、応援席はお祭り騒ぎ。
そんな中、ビデオカメラを手に一人涙を流すQmamaの姿がありました。
その時彼女の胸にどれほどの思いが去来したのか、想像すら出来ません。

まーぼもそうですが、全国には今、故障で苦しんでいる選手が数多くいると思います。
全ての選手にQ君のような幸運が訪れるのかは分かりません。

しかし、野球の神様はきっといる、全ての野球選手を見ている。私はそう思います。

KC3C8981.jpg
(ホームランになった一振り)
posted by かに at 02:11| 東京 ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな泣ける話を
こんな夜中に書きやがって・・・
。・゚゚・(´_ゝ`)・゚゚・。

Qmamaさん、Q君、次は甲子園を目指して、
野球を頑張ってくださいね!
ほんとにブログの影ながらですが、応援してます!
Posted by metoo at 2006年11月30日 03:35
残念ながら、あたしはQちゃんの野球をしている姿をほとんど見ることなく引退してしまったよ。
本当に長くて辛かったよね。。。
でもきっと、彼の努力は高校になって報われると思うよ。
高校が決まったら教えてね。
Qちゃんの勇姿も楽しみにしていまーす!(^_^)
Posted by Ayigus at 2006年11月30日 06:32
昼夜逆転のようで、お疲れ様です。
連続で泣かせていただきました。(ToT)
私は、高校に行って伸びた子を何人も見て来ました。この子達の今後の活躍を心から祈念し、応援したいと思います。(^-^)/
Posted by ナル at 2006年11月30日 08:50
いい話ですね。そのHR私も見たかったです。
Q君の頑張りがったことはもちろんですが、その様に不運な状況にある子に対しても、暖かい目を向ける監督・指導者・父兄が居てくれたからこそ踏ん張れたのではないでしょうか?
○○ネリはいいチームですね。だからこそ結果が出たのだと思います。
Posted by 星 十徹 at 2006年11月30日 17:49
こんな素敵な記事にしていただき、本当にありがとうございます!
『稀にみる重症。完治まで最悪2年。』と4つの病院に同じ診断を受けた時は目の前が真っ暗になりました。
『オレ、本当に治るの?全然治る気がしないよ!』と焦ったり、
『久々にキャッチボールしたらボールが怖かった。もうみんなには追い付けない。辞めたい。』と腐ったり・・・。
こんな事が何度もありましたが、こちらの記事にもあるように、チームのみんなが、ダメダメな私たち親子の手をいつも引っ張って歩んできてくれました。挫折したからこそ見えたものもありました。
今は「感謝」の一言に尽きます。
Posted by Qmama at 2006年11月30日 18:19
>試合には出られないけど、野球は出来てるから
>野球が好きですか?レギュラーが好きですか?

こういう言葉が言える子供。
ご家族、仲間たち、大人たちが素晴らしいからですね。
総監督の言葉がそれを証明しています。

ええ話やぁ〜!

Posted by さとる at 2006年11月30日 19:31
さらに号泣・・・
Q君そしてQmama、あ〜なんて声をかけたらいいのかわからないけど
野球やってて、こんな家族に会えてよかったと思えます。
これからも応援したい!!!
かにさん夜寝ないで、感動話ばっかり書いてたら
目が腫れるよ・・・・
Posted by プーミー at 2006年11月30日 20:44
こういうお話を聞くと、身体に痛みがなく野球を出来る事。に対してもっと感謝しないといけませんよ。うちの息子は。

オスグッドが完治した後のQ君、高校での大暴れを期待したいですね!

Posted by ドラ夫 at 2006年11月30日 22:13
凄い精神力ですね。
支えたご家族の皆様も素晴しいです。

それにしても良く選手の事をご存知ですね。
このあたりもヒ○○リの強さの秘訣のように思います。

単なる仲良しだけではなく、チームが一丸となっているように思います。

その3もありますか^^
Posted by 背番号29 at 2006年12月01日 12:44
metooさん、どうもです。

そっちもそんな時間まで起きてちゃダメじゃん。
起きるのつらいでしょ。俺はねえ、早起きするつもりがないから大丈夫。(^_^)v

これだけ辛い思いをしたんだから、きっとどこに行っても楽しんで野球をやってくれると私は思ってます。
甲子園に出場してくれたら嬉しいけど、そのためにはAyigus兄弟のT高校をやぶんなきゃいけないんだよねぇ。(^^;)

Posted by かに at 2006年12月01日 16:04
Ayigusさん、どうもです。

俺もグランドを駆け回るQを見たのは随分経ってからだったしね。
でも元気になってみると、ホントに良い選手なんだよね。
ちょっと人見知りするタイプだから、あまり話したことはなかったけどね。

春からはAyigusさんちの息子達とはライバル関係になるんだよね。先輩に追いつけ追い越せで頑張ると思いますよ。
Posted by かに at 2006年12月01日 16:09
ナルさん、どうもです。

なんだかんだと色々あるから、結局夜中に書くのが一番早く書けるんですよねぇ。
で、書き始めるとこんな時間になっちゃう。
だから、今、この時間くらいが一番眠い。いつもこのくらいの時間に小一時間昼寝しちゃったりしてます。
じゃないと夜の運転が怖いですから。

彼はまだまだスタートしたばかりですからね。これからどんどん成長してくれるでしょう。楽しみです。
Posted by かに at 2006年12月01日 16:14
星さん、どうもです。

ウチは結構横のつながりが強いですからね。選手も親も。
きっと本当の強豪チームだったらこうはいかなかったんじゃないかな。

今後、チームがどんどん強くなってもそういうらしさだけはなくさないで欲しいと思いますね。
Posted by かに at 2006年12月01日 16:18
Qmamaさん、どうもです。

今回は話題にさせて貰っちゃってどうもすいません。
でもここに書かれている皆さんのコメントを読んで分かるとおり、一家が通ってきた道は生半可なものでは無かったと思います。
だからこそ、周りのみんなが、手を取り合って頑張ろうとしてくれたんだと思います。
でもQの野球人生はまだまだ続きます。もっともっと野球をやりたいだろうから、存分に野球が出来るようにバックアップして欲しいと思います。
Posted by かに at 2006年12月02日 01:40
さとるさん、どうもです。

えぇ話やろ〜。俺かてこんな話書けんねんでぇ。
(合ってるかどうか知らん)

こんな素晴らしい環境で野球に携われるってホントに私は幸せです。
Posted by かに at 2006年12月02日 01:43
プーミーさん、どうもです。

プーミーさんも涙腺弱いですからねぇ。来るでしょう、この手の話は(^_^)
プーミーさんに「野球やってて、ブログやってて良かったなぁ」と思ってもらえたらすごく嬉しいです。

実は今回の話も、前日に書いた話も、気合い入れて読み返してはないんです。読み返したら泣いちゃいそうで。自分の書いた文章なのにね。
Posted by かに at 2006年12月02日 01:47
ドラ夫さん、どうもです。

今日、metooさんが記事を書かれていた、障害者の野球の番組がやっていましたね。
仕事中だったんでしっかりとは見れなかったんですが、こういうのこそ子供に見せたいです。
好きでいればこんなに素晴らしい選手になれる、そういうことに気付いてくれたら言うこと無いです。
子供はついつい忘れがちですが、痛みもなく五体満足に野球を出来ることは、それだけでありがたいことなんだ、と自覚して欲しいですね。
Posted by かに at 2006年12月02日 01:52
背番号29さん、どうもです。

野球というのはチームスポーツ。親だってチームになって選手をバックアップしないといけませんからね。
となれば、チームメイトは息子みたいなもんです。そんな気持ちで見てるから、よりのめり込んじゃうんでしょう。私の場合は性格上の人よりさらにめり込みやすいですから。

一応、このシリーズは2までのつもりだったんですが、今後また話題を選んで書くかもしれません。その時はまた読んでやって下さい。
Posted by かに at 2006年12月02日 01:56
こんばんは。ちょっと間があきましたがまた遊びに来ました。
日記はときどき読ませていただいています。
3年生二人の話は読み終わって息子に読ませたいと思いました。
がんばっているからといって報われるとは限らないシニアの世界。
息子のチームは人数が多いため1年生大会では2チームでした。
息子は上手な子が多い方には選ばれず、それがわかった日、グランドから帰って家で悔し涙を流してました。
小学校の時はレギュラー当たりまえできていて、初めて経験する壁でした。
でもその日のうちに下のチームでも全力でがんばりAチームを負かしてやる!とたちなおってくれました。
幸いBチームではレギュラーで試合には出ることができ、それなりの結果で終わることができました。
ただ来年になると1チームです。レギュラーに選ばれず、試合はベンチで観戦が多くなった時どうするか、親としては応援しながら見守るしかないと思っています。
本当に野球が好きであれば、きっとここで紹介されている二人の3年生のように続けていくのでしょう。
これから一年で一番厳しい季節です。かにさんも息子さんともども風邪などひかないようにがんばってください。
Posted by 某東京シニアチーム母 at 2006年12月02日 23:41
某東京シニアチーム母さん、どうもです。

まだ1年生ですからね。これからいくらでも成長するチャンスがあるんですから、この冬頑張りましょうね。
チーム内の人数が増えるシニアでは、少年野球では体験出来ないような悔しい思いをすることは珍しくないですよね。
ウチもピッチャーとして相当自信を持ってシニアに入ったんですが、わずか2試合に先発しただけで、総監督からキャッチャー転向を言い渡されましたからね。その時は親子共々相当のショックでした。
しかし、そうした選手が頑張ってレギュラーの尻を叩くことによってチームは強くなるし、自分自身もチャンスが増えるんだと思います。
まずは夏までが勝負。そしてそこからは日々の勝負だと思います。
お互いレギュラーを目指して頑張りましょうね!
Posted by かに at 2006年12月04日 14:09
うーーん、ええ話や・・

ここまででないにしても、シニア時代に不遇だったOBの名前を新聞の地方大会の欄で見つけたときには「あいつ・・頑張っているんだなあ」と目頭が熱くなることがあります。
西武の中島だってシニア時代は外野の7番打者、中日の岩瀬だってシニア時代は控え投手、・・まだまだ活躍するのは先ですよ。
Posted by touch at 2006年12月04日 16:35
touchさん、どうもです。

OBの活躍ってすごく励みになるから、ついつい新聞で学校名を探しちゃうんですよね。
高校で頑張って、たまに出身チームに顔を出してくれるともっと嬉しいです。長くチームに関わるとそういうことが楽しみになりますよね。
Posted by かに at 2006年12月05日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック