2006年11月29日

3年生ありがとう 1

今週末、我がチームは納会・総会があります。
3年生にとってチーム絡みの公式行事はこれが最後。晴れて卒団となります。

思えばこの3年生達には良い思いや悔しい思いをいくつもさせて貰いました。
選手、父兄に対しては感謝の言葉をいくつ言ってもしきれません。

私はこんな性格ですから、選手個人とも割りと話をしてきた方だと思います。
18人の選手それぞれに色々な思い出があります。
その中で1番思い出が多いのは、やはり少年野球の時から見て来ているR君でしょう。
以前、このブログでもちょっと書いたことがある、体が小さい背番号19番君です。

少年野球に時のR君はつねに守備の中心としてショートを守り、攻撃でも1番を打つ、チームの中心選手でした。
R君の学年の選手数が少なかったこともあって、まーぼは数多くの試合で一緒にプレイしてきました。

そのR君が中学生になったらシニアに行く、というのを聞いたのは、新チームとして動き始めた2月頃のことでした。
それまで我がチームからシニアに行った選手はほとんどなかったため、かなり驚いたんですが、同じくチームのコーチをしていたR君の父親から、その指導内容や練習環境を聞くにつけ、次第に我が家の中でも中学になったときの選択肢として、シニアというものが大きなものになっていきました。

春になりまーぼは6年になりました。当然チームの中心として毎週試合や練習で忙しく、同じように私も忙しくなっていきました。
R君のその後の様子はコーチを続けていたR君父から聞いていました。
身長が低くパワーがないから苦労しているということを。
パワー不足は少年野球の頃からずっとですから分かっていましたが、R君ほどの選手でも苦労するほど、硬式野球というのはハードルが高いのかと痛感させられました。

そして1年が過ぎ、まーぼも引退の時期となりました。
この頃には実体験こそしてないものの、硬式に進むと決めていました。
年明けからいくつものチームを見学し、最終的に選んだのが現在のヒガ◎リ。
そしてまーぼも「R君」から「R先輩」と呼び方が変わるようになりました。

息子が入ったことにより、たびたび河川敷に通うようになり、2年生になったR君の様子もたびたび見るようになりました。
2年生の中でR君は飛び抜けて小さい選手でした。それでもスピードがあるからやっていけるだろうと考えていたんですが、他にもたくさんスピードがある選手がいたため、中の上というくらいのポジションでしかありませんでした。
バッティングはやはり体格に勝るチームメイトと比べると飛距離が足りない。
それならば得意の守備でと思っても、スピード不足と体力不足であと一歩のところでミスしてしまう。
R君父が「苦労している」と言っていたのをまざまざと見せつけられた格好でした。

しかしR君はへこたれませんでした。
何度も何度もミスをして、そのたびに総監督に怒鳴られて、それでも必死に食らいついていました。
何より彼はほとんど休むことをしませんでした。
少々熱があっても休むことはしない。小さい体で必死にやっているから足にかなり負担が掛かってかなり腫れあがったときも、練習を休むことはしませんでした。

オープン戦などで、父が来ていないときに良いプレイをすると、
「今のプレイ見てた?お父さんに言っておいてよ。お父さんは俺が良いプレイしたって言っても信用してくれないからさ」
と人なつっこい顔で言ってきます。

しかし頑張っているからと言って試合に出られるほど、シニアの世界は甘いものではありません。
今年に入り、チームがめきめきと頭角を現すようになってきても、R君の出番はほとんどありませんでした。
梅雨から夏になり、チームは着々と勝利を重ね、ついに選手権出場を勝ち取ったのですが、その大会でもR君は数試合代打や代走で出場するだけでした。

そして始まった日本選手権。3年生であるR君にとっては正真正銘これが最後の大会でした。
しかし、準決勝を終わった段階でR君の出番はまったくなし。
残るは3位決定戦のみでした。
チームにとってメダルの掛かるこの試合は是が非でも勝ちたい。
そのために控え選手が出るような場面はないだろうと思われました。

試合は5対0で最終回を迎えました。
2アウトランナー無しの場面で、監督がタイムを取り、選手の交代を告げました。
ベンチを飛び出すように全力疾走で守備位置のセカンドに向ったのはR君でした。

全力疾走する彼の姿を見た瞬間、すぐに涙があふれ出しました。
「R!!R〜〜!!」大声で声援を送りながらも、カメラを構えました。
ピントが合ってるのかどうかさっぱり分かりませんでした。
カメラのオートフォーカス機能を信じてシャッターを押し続けました。

そして最後の打者を三振に打ち取ってゲームセット。
R君も飛び上がるようにして整列に向かっていきました。
この日初めてベンチからではなく、フィールドから整列に向かったんです。

試合後、色んな思いをこめて「お疲れさん」と声を掛けました。
彼は「俺は何もしてないけどね」と少しおどけて言いました。
やはり戦力として活躍出来なかった悔しさがあったのでしょう。
「バカ言ってんじゃねぇよ。お前が頑張ってたのは俺は十分分かってるから」
それだけしか言ってやれませんでした。

彼は今、地元の県立高校に入学するため勉強を頑張っています。
その高校は今年の夏の予選で甲子園出場した浦和学院を1回戦であわやというところまで苦しめたすごく良いチームです。
部員数は少ないんですが、良い指導者がいるので、今後強くなっていくでしょう。
何度か練習にも参加していて、監督からもその守備力を高く評価されているそうです。

中学時代には悔しいことがいっぱいあっただろうけど、彼の才能はこれから花が咲きそうな気がします。
幸い彼の選んだ学校は河川敷からほど近いですから、折を見て見学に行きたいと思っています。
その時にも彼はきっと、いつもの人なつっこい笑顔で迎えてくれるでしょう。

DSCF0442.jpg

(左からまーぼ、R君、S君)
posted by かに at 03:38| 東京 🌁| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
彼は最後まで良く頑張ったね。
いろいろと辛い思いや苦労もしただろうけど、きっと高校では活躍してくれると思うよ!
あの県立高校を目指しているのね。。。
これからは注目しておかなくちゃー!

3年生もお疲れ様でしたm(_ _)m
早いね・・・1年経つのって。
まーぼ達も実質的には10ヶ月ないんだもんね。
1試合1試合、大切に戦ってほしいよね・・・。
バッティングも好調のようで良かったね。
うちの兄弟も時間があれば何が悪いのか教えていただきたいくらいよ・・・ヽ(´o`)ノ
Posted by Ayigus at 2006年11月29日 06:13
体格の違いを努力で埋める、簡単に言いますが、心を折らずにコツコツと努力を繰り返すことは、極めて難しい事です。それをやり遂げた心の強さこそ、後輩たちが受け継いでいかなければ勿体ないですね。
Posted by 館長・P助の父 at 2006年11月29日 09:18
酔っぱらってますぅぅ の次に、
こんな泣けるいい話を書きやがって・・・
。・゚゚・(´_ゝ`)・゚゚・。
Posted by metoo at 2006年11月29日 09:59
R君!高校で何センチ身長が伸びるのかな?

この時間帯にこの手の話!ヤバイです^^;
Posted by とうさん at 2006年11月29日 10:36
19番君って、あの19番君ですよね!
立ち姿、ホント似てるね〜。
高校でも全力プレーで頑張って欲しいですね。
かにのダンナあんまり泣かせないでおくれ。
Posted by つよし at 2006年11月29日 12:27
職場でお弁当を食べながら読んでたんですけど、胸が熱くなって、restroomへしばし席はずし。。。
頑張っているのを見ていてくれる人がいる、認めてくれる人がいるっていうのはきっとR君の大きな支えになっているでしょうね。ガンバレ!
Posted by oba3 at 2006年11月29日 12:36
はじめまして。北の大地からのコメントです。

花の開く時期は、それぞれです。努力は
必ず報われます。R君の今後にエールを
送ります。
Posted by てら at 2006年11月29日 13:50
懸命に頑張る子は無条件で応援したくなりますね。

「3年生ありがとう 2」を楽しみにしてます^^
Posted by 背番号29 at 2006年11月29日 16:31
R君頑張りましたね。中学野球のことは絶対人生のプラスになると確信しています。

人の成長曲線はそれぞれ個体差がありますから、いかんともし難いですね。私は生まれた時こそ4000gもあるBIG BABYでしたが中学時代は前かた数えた方が早い背の丈しかありませんでした。それが中学卒業近くから伸び始め高校1年〜2年で10cm近く伸びました。筋肉がつき始めたのは身長が止まってからなので、それまではガリガリ君でした。

私の知人の息子さんは、大学からアメフトを始めて大学4年でやっとスタメンをとった何処にでも居る選手でした。それが、社会人3年目で才能が開花し今期は日本を代表するランニングバックとなり、現在リーディングラッシャーです。短距離のタイムは年々速くなっているとのことです。

誰だって諦めさえしなければかなりのところまでは行けると思います。周囲の雑音に耳を貸さずに夢を持ち続ければきっといい結果が待っていると思います。R君頑張れ!

Posted by 星 十徹 at 2006年11月29日 16:53
 R君の頑張りを読むと、恵まれた身体しているのに、頑張らない選手に「辛く」当たりそうだ!
Posted by フルコーチ at 2006年11月29日 17:57
この試合、私も見に行ったときのですよね?
R君の頑張りに、そして監督さんの采配に
私の涙腺は耐えられません!
中学でわたしより小さな男の子が、
高校でグッとでかくなっててビックリ!!
なんてこと多いですよね。
これからのR君に注目したいと思います。
もちろん応援します!!
Posted by プーミー at 2006年11月29日 19:15
強豪のヒ○ネリだからこそ、出場機会には恵まれなかったかもしれませんが、うちのチームなら不動のレギュラーですよ^^

最後の試合での出場の場面、私も自分なりに空想してみましたが、その場に私がいたらかなりヤバイ状況だったと思います・・
かにさん同様、目が真っ赤になっていたことでしょう。

高校での活躍を願ってます^^
Posted by ドラ夫 at 2006年11月29日 22:08
どんな子にも可能性があります!
R君が高校で開花できるか?
それとも社会人になってからなのか?
それは神のみぞ知る・・のでしょうが、
R君、その後をぜひレポートしてくださいね。
Posted by 満木 月風 at 2006年11月30日 00:19
Ayigusさん、どうもです。

ホント時間の過ぎるのって早いよね。
新年になったらいよいよまーぼも最終年だからね。
次男君のスピードを見て、「はえーなぁ」って思ってたのが昨日のようだよ。
Posted by かに at 2006年12月01日 01:58
館長・P助の父さん、どうもです。

仰るとおり、3年生にはたくさんの置き土産をもらいました。
それを後輩達が引き継いでこそ良いチームであり続けられるんだと思います。
Posted by かに at 2006年12月01日 03:13
metooさん、どうもです。

あれだってタイトルは、まぁ、あれだけど、真剣に書いたんだよ。酔ってるのに。

なんにせよ、良い話と言ってもらえて嬉しいです。
Posted by かに at 2006年12月01日 03:16
とうさん、どうもです。

実は先日グランドに遊びに来たんですが、すでにグッと伸び始めてましたね。
体を動かさなくなると太るって思ってたけど、背も伸びるんですね。
それにしてもとうさん。業務時間中じゃないんですか?(^^)
2でも感動してもらえたかな?
Posted by かに at 2006年12月01日 03:20
つよしさん、どうもです。

そうです。あの19番君です。
今回は前からの写真ですがやっぱり似てますか?
自分の息子はでかい方なのにこんな事言うのもなんですが、私は小さくてキビキビ動く選手の方が好きですね。
つよしさんの息子さんのプレイもそのうち見てみたいなぁ。
来年の夏、横浜スタジアムに来て下さいよ。
Posted by かに at 2006年12月01日 03:24
oba3さん、どうもです。

お弁当が塩味になったりしてませんでしたか?
見てくれている人がいるから頑張れるってありますよね。
私はこれからも彼を見続けていこうと思います。
Posted by かに at 2006年12月01日 03:31
てらさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

>花の開く時期は、それぞれです。
ほんとにそうですよね。だからこそその日を目指して努力し続けないといけません。
諦めてしまってはそこで終わってしまいますからね。
Posted by かに at 2006年12月01日 03:40
背番号29さん、どうもです。

こうして恵まれない体格の子でも頑張っているのに、体が大きいくせにそれだけで野球をやってる、努力をしない選手を見るとよけいに腹が立つんですよねぇ。

2書きました。感想お待ちしてます。(^^)
Posted by かに at 2006年12月01日 03:45
星さん、どうもです。

さっきも書いたんですが、諦めない限り、可能性は無限大にあると思います。
その知人の息子さんは、自分の可能性を自分で信じているんですね。だからこそ努力出来るし、それが身に付くんでしょう。
最後に必要なのは諦めないこと。年が増すにつれ、色んなことを諦めてしまいがちですが、彼には自分の可能性を諦めて欲しくないと思います。
Posted by かに at 2006年12月01日 03:52
フルコーチさん、どうもです。

お気持ちよーくわかります。私も同じ気持ちです。

そういう選手ってすごーく腹が立ちますよね。
Posted by かに at 2006年12月01日 03:55
プーミーさん、どうもです。

そう、プーミーさん親子が観戦に来てくれたときです。
写真の時は160センチそこそこしかなかったけど、最近グッと身長が伸び始めましたからね。
久しぶりに会ったらでかくなってるなんてあるかもしれませんね。
Posted by かに at 2006年12月01日 03:59
ドラ夫さん、どうもです。

確かにR君を含め、試合に出られなかった選手達のほとんどが中学野球部に戻ったらレギュラー間違いなしだと思います。
それでもうちでやり続けてるのは、やっぱり多くのことを吸収出来るってことと、野球が好きだからってことなんだと思いますね。

ちなみにあの場面。目が真っ赤どころじゃなかったです。ほんとに滝のように涙が流れてましたよ。あんなに泣いたのは久しぶりでした。
Posted by かに at 2006年12月01日 04:04
満木さん、どうもです。

彼の目指している高校は河川敷から近いので、時間があるときには見に行こうと思ってます。
そのときにはまたエントリを書きたいと思いますので、ご期待下さい。
Posted by かに at 2006年12月01日 04:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック