2006年11月20日

またも痛くなりました

先週、腰を痛め、満木さんに治療してもらったまーぼですが、今週の練習でまた痛くなってしまいました。

しかもアップの走り込みの時ですから、土日の二日間ほとんど何もしてません。
(若干のトレーニングとストレッチ、そしてランコーはしてますが)

ヒジ痛に続いて腰痛ですから、ほかの父兄からも色々言われています。
監督からも「早く直って貰わないと困る」と言われてしまいました。

本人もかなり焦りが出始めましたし、私も周囲からあれこれ言われてちょっとへこみ気味です。

試合に出て、結果が出なくてレギュラーになれないのならば諦めもつきますが、出ることすら出来ないのはさすがに辛いです。

もちろん私以上に本人が一番辛いでしょう。
外傷ならば直ったかどうか、私の目にもわかりますが、関節の痛みというのは本人にしかわかりません。無理してでもやれるかどうかは本人しか判断出来ません。
甘いと言われるかも知れませんが、本人が出来ると判断しない限り、やらせることは出来ません。

他の方のブログで息子さんの活躍を読むたびにちょっと辛い気持ちになったりもします。
こんな天気だからですかねぇ。マイナス思考の連鎖が頭の中を支配し始めてます。

こんな気持ちを打破するのはやっぱり息子のプレイ。
一日も早く、グランドを全力疾走する息子が見たいと思います。

posted by かに at 16:42| 東京 ☁| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
辛いですよね、思うように動くことすら出来ない息子を見るのは。
うちの弟君も去年の夏過ぎから今年に入るまでオスグッドや股関節の痛みで苦労しましたから・・・その間はストレッチ中心に柔軟性を高める事に主眼を置いた練習ばかりでしたよ。
まーぼ君も辛いと思いますが無理は禁物です、ここは辛抱してください。
Posted by 背番27 at 2006年11月20日 18:05
治るイメージですよ♪ナオ〜ルイメ〜ジ♪

先ず、無理をしないこと、気持ちを切らない事♪ここで野球は終わりではありません^^
Posted by とうさん at 2006年11月20日 18:15
体のことは第一ですから、無理をせずに直すしかないでしょうね。
でも、うちの次男なんて、どこも故障してないのに出してもらえなかったですから、それに比べればいい????
かにさん、この時期から焦っては駄目ですよ。例年、春位になると親があせってきます(苦笑)。親の子供に対する期待があきらめに変わる時期なんです。
うちの次男坊主なんて、秋季大会、春季大会は4番を打ってましたが、全日本の予選ではベンチでした(笑)。でも、故障なしでベンチ落ちだから諦めがついたといえなくはないですが。
Posted by touch at 2006年11月20日 18:16
寒くなりましたから、故障や怪我をしやすくなる季節ですね。
まーぼ君、腰痛が癖にならず軽く済めばと思います。
無理しないで大事になさってくださいね。

Posted by baseball-oyaji at 2006年11月20日 19:14
かにさんの辛さも、まーぼ君の辛さも伝わってきます。
松井秀樹選手の手首の故障を思い出すと、故障をしても、それでも前向きに対処したと言えるでしょう。
来週のブログに書く予定ですが、
障害者野球大会が、12月1日の22:00から全国のNHKで放送されます。
野球が出来る喜びをかみしめながら、目指すところは今では無くもっと先なんだ、と考えてはどうでしょう。
休む事も練習です!

さとるさんと私は「来い!」と言われたらどこでもでも付き合いますよ^^
(できれば新橋,秋葉原あたりで・・・)
Posted by metoo at 2006年11月20日 19:41
「気持ち」がある子が故障で満足な練習ができない姿を見るのが一番つらいですね。
今は焦らず・・・悔しい気持ちをぶつけるのはきっともっともっと先にあります。

ご用命があればいつでも連絡下さいませ。
Posted by さとる at 2006年11月20日 21:29
かにさんもまーぼ君もつらいですね・・
期待されているからこその、監督からのお言葉
今からはオフシーズン
あせらずきっちり完治させましょう。
なんて、人のことなら冷静に考えて言えちゃいますが、
実際はものすごく悩んでいるし、落ち込んでいるはず。
励ましに駆けつけたいですが、すぐには行けないフットワークの悪さ・・・
でもでも応援してますからね!!
Posted by プーミー at 2006年11月21日 00:01
かにさん、心配しないでください。
水曜日神宮で簡単に元に戻して見せますよ!
まーぼ君にも伝えておきます!
骨盤の前屈走法!^^
Posted by 満木 月風 at 2006年11月21日 00:49
今年の春先に故障を経験した息子ですが、さすがにあの時は親子共々ショックでした。
ですからかにさんのお気持ちはよく判ります。

気休めにとられると困るのですが、もう冬にはいりますから、ここはじっくりと身体を元に戻すチャンスではないでしょうか。

かにさんが落ち込むとまーぼ君も気にしますよ。
元気出してください^^

オフになったから私も新橋に行きましょうか?^^
Posted by ドラ夫 at 2006年11月21日 00:58
かに兄、(ノ゚ο゚)ノ フテルナァァァァァァアアアアアアア!
ぐゎんばれぇぇぇぇぇえええええ!!
Posted by Ayigus at 2006年11月21日 01:04
私も腰痛再発です。寒くなってきたからでしょうか?でも、太りすぎが一番の要因ですね。
私は体育指導員の中では若手なので、教室を開催するときは私が準備体操を指導する係りなんです。それを腰がおぼつかない、体中硬くて曲がらない状態でストレッチの模範をやっています。みっともなくて他人には見せられません。

まーぼ君のことはプラス発想でいきましょうよ。この辛い時期が転機となって野球に対する考え方が変わって後に開花するという話はたくさんありますからね。何が良くて何が悪いかを時間軸で切り取っては語れません。中学野球でいくら活躍しても、高校野球でダメならいい野球人生とはいえなのではないでしょうか?大丈夫ですよ。必ずいい方向に向かいますよ。
Posted by 星 十徹 at 2006年11月21日 16:21
背番27さん、ありがとうございます。

間接の痛みっていつ直るって保証もめどもないから辛いんですよね。
まーぼも今まで以上にストレッチには気を遣っています。
地道な努力が大事なんだと理解してますし、きっと直る日まで小さなことを積み重ねていってくれると思います。
Posted by かに at 2006年11月22日 02:16
とうさん、ありがとうございます。

そうですね。治るイメージ。大切ですよね。
脳の働きってすごく大きいから、イメージするだけで好転することってあると思ってます。
やっぱり悲観的になってはダメですよね。
Posted by かに at 2006年11月22日 02:18
touchさん、どうもです。

『無事これ名馬』最近特に痛感してます。
良い野球選手になることも大切ですが、頑丈な野球選手になることもそれと同じくらい大事なことなんじゃないでしょうか。
そういう意味でもtouchさんの次男君は素晴らしい才能を持っていると思いますし、最後の大会はベンチだったとは言え、一時は4番に座っていたんですから、また何かのきっかけで大きく飛躍するときがくるでしょう。
お兄さん同様、高校での飛躍を期待してますからね。(^_^)v
Posted by かに at 2006年11月22日 02:22
baseball-oyajiさん、ありがとうございます。

まーぼが腰を痛めたのはこれが初めてではありませんから、癖になりかけてると言えなくもありません。

ですが、このまま手をこまねいていては、高校生活でも困ることがあるでしょうから、何とか良い解決策を模索していきたいと思います。
Posted by かに at 2006年11月22日 02:24
metooさん、ありがとうございます。

幸いなことに、焦りが出ているまーぼですが、私ほど悲観的にはなってませんし、驚くくらい前向きです。
明日も満木さんと神宮でお会いすることになってます。
(それについては後日エントリさせて貰います)

私も変に焦ることなく、選手権でのスタメン捕手を勝ち取るために援助していこうと思います。

二人の招集はまーぼがきっちり復活したら、声を掛けさせて貰いますから。その時までに胃の調子を整えておいて下さい。
Posted by かに at 2006年11月22日 02:31
さとるさん、ありがとうございます。

持つべきものは友だなぁ。ホントに嬉しい限りです。
まーぼが無事復活したら誘わせて貰います。

私があたふたしていてもしょうがない。今は高く飛ぶためにグンと膝を落としている時なんだと考えるようにしました。
きっとこの経験が生きるときが来る、そう信じてます。
Posted by かに at 2006年11月22日 02:36
プーミーさん、ありがとうございます。

一文字一文字からプーミーさんの優しさが伝わってきました。
プーミーさんが言われているように、歯牙にも掛からない選手だったら休んでいても特に気にされないでしょうから、それだけでも喜ぶべきかもしれませんね。
あとはその周囲の気持ちに応える日まで精進するのみ。
まーぼは私よりずっと忍耐強いからきっと良い春を迎えてくれると思ってます。
Posted by かに at 2006年11月22日 02:40
満木さん、ありがとうございます。

せっかく直して貰ったのにこのようなことになって申し訳ないです。
明日は私も出来る限り顔を出したいと思ってます。
満木さんには何度感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。

明日のこと、本人も楽しみにしています。よろしくお願いします。
Posted by かに at 2006年11月22日 02:44
ドラ夫さん、どうもです。

あの時のドラ夫さんのショックはすごく伝わってきました。
やはりいつでも息子が元気に野球をやっている。結果がどうこうではなく、それが一番嬉しいことですよね。

ドラ夫さんが来てくれるなら、本当に新橋ナイトを企画したくなりますねぇ。でもドラ夫さんに会いたいって他にも山のように手を挙げてきそうですね。
大所帯にならずにお会い出来ると嬉しいです。
Posted by かに at 2006年11月22日 02:47
Ayigusさん、ありがとぉぉうぅぅ!!

ぐぁぁんぶぁああるよぉぉぉうぅぅ!!
俺、負けないよぉぉぉぅ!!
Posted by かに at 2006年11月22日 02:50
星さん、ありがとうございます。

実は私も先日の日曜に腰をちょっと痛めました。
しかし息子のこともあるんで、あまり周囲には言えませんでした。
言ったら「親父がそんなだから息子が痛めるんだ」って言われちゃいそうですから。
私の場合は運動不足が原因だと思います。明らかに昔と比べても腹筋が弱くなってますし。やらなきゃやらなきゃと思いながら、なかなかトレーニングをさぼっちゃうんですよね。

元々、超プラス思考の私なんですが、一度マイナス連鎖が始まると止まらなくなっちゃうんですよね。
ですが、今回ここに書いて、皆さんから暖かい言葉を貰ったおかげでいつもより遙かに早く立ち直ることが出来ました。
星さんも先日書かれてましたが、本当にブログってすごいですよね。ブログをやっていて本当に良かったと実感しています。
Posted by かに at 2006年11月22日 02:56
いつも感動だけ貰って読み逃げしてました。ごめんね。オスグットで一年半走れなかった息子があるとき、「俺、試合には出れないけど、野球は出来てるから」と爽やかにのたまった事がありました。奴にとって土手での歩行訓練も、サッカー場でのストレッチもみんなみんな「野球」だったんだと思います。走れなくてもグランドに通い続けられたのは仲間がいてくれたから。彼らと一緒に野球がしたかったから。総監の言う「野球が好きですか?レギュラーが好きですか?レギュラーが好きならレギュラーになれるスポーツを選べば良い。」という言葉をかみしめていたのかなって思っています。ここがゴールじゃないよね。大きくなろうとしている野球小僧の歩みをじっくり楽しみましょー。
Posted by Qmama at 2006年11月22日 13:26
Qmamaさん、ありがとうございます。お久しぶりです。

本当は今回のエントリを書いているときに、Qのこともちょっと書いたんです。こんな強い先輩がいたんだ。彼のように強くなってほしいって。
しかし、どうせ書くなら息子のことのついでではなく、Qのことを単独で書きたいと思い直したんです。

とりあえず自分も精神的に復活出来てきたし、落ち着いたら書きたいと思うんですがいいですか?
Qmamaのコメントを読んだだけで、どんな選手なんだろうって興味を持った人いると思います。
今、息子が大きな故障を抱えている人にとって、この話は希望が持てて、すごい目標となると思います。

書き上がったらメールします。それでオッケーならこちらに載せますから。よろしくお願いします。
Posted by かに at 2006年11月22日 14:04
うわぁ〜ん。ありがとう!
全然強くなんかないQですが、奴の経験がもしも誰かの励みになるのなら嬉しいです。
そのときは落ち込んだり、腐ったりした事実もいっぱい暴露しますのでプロの手でしっかり書いてやってくださいね。何卒よろしくお願いします。
その前に12/2に会えるのを楽しみにしています。
Posted by Qmama at 2006年11月24日 12:47
Qmamaさん、またまたどうもです。

あんまり文章が上手い訳じゃないですから、過度に期待されちゃうと困っちゃうんですが、出来たらメールさせて貰います。あまり期待しないで待っていて下さい。
Posted by かに at 2006年11月24日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック