2012年07月03日

楽な山なんて無いぞー


Twitterで全国各地の高校野球地方予選の情報を得ています。
すでに沖縄や北海道では試合が始まってますが、東京を含めてこれからってところが多い。

するとね。
組み合わせ表からあれこれ予想する人のTweetとかも読む事になる。
○○高校は楽な山だ、とか、□□高校はベスト16確実とかね。

私も息子が小学生の頃から中学野球時代も高校野球時代も、組み合わせ表を見てはそんな話をしてました。
親としてはやっぱりそうやって安心したい、期待を膨らませたいって思うものなんですよね。

でもね。息子が引退し、親という立場ではなく野球を見る様になると、改めて『野球に絶対は無い。楽な山なんて無い』って思う様になりました。

特に全国大会出場を賭けた夏季大会ではね。

少年野球は全国大会を逃してもなんだかんだと大会があるけど、中学野球、高校野球では全国大会を賭けた夏季大会が終わったらそのステージでは引退となる。
当然ながら夏季大会に賭ける思いはどのチームも熱いものがあるんだよね。だからこそ何が起こるか分からない。

息子が中学3年生の時、組み合わせ表を見ながら「ここと当たるまでは行けそうだ」とか「良い山だ」とか言ってましたよ。
しかし監督(当時は総監督)は、「良い山かどうかは勝ち上がって初めて言う事が出来る。大会で結果を残して初めて『良い山だった』と言う事が出来るんです」は言ってた。
当時は「そうは言ってもさぁ」って思ってたけど、最近になってようやくその言葉が理解出来る様になって来た。

去年結果を残した我がチーム。今年のチームは色々苦しみましたが、最後の大会を前にかなり良い状態になってた。そうそう負けないだろうって思ってた。それこそこの組み合わせなら○回戦までは勝てそうだ、選手権出場権は取れるだろうって思ってた。
でも現実はそうならなかった。

すごく良い試合をした。でも結果は敗戦。
相手の方が気持ちが優っていた。
勝つって言うのは本当に難しい。特に大会の初戦はね。

まーぼ高校の野球部は決して強くないです。
それこそ、山表を見た人が「楽な山」とか、「○回戦までは余裕」とか言われてしまうチームです。

しかし後輩達は今、必死に練習しています。
下馬評ではきっと相手の勝利を予想する人が多いでしょう。
昔の事だけど甲子園に出た事もある学校だしね。

でも野球って難しい。初戦に勝つのって本当に難しい。

だから。
したり顔で勝敗予想をする高校野球通がビックリする様な結果を残して欲しい。
「良い山だったね」と言える様な結果を残して欲しい。

夏季大会に「楽な山」など無い。
それを言っていいのは今ドキドキしてる親だけじゃないかなぁ。
posted by かに at 13:47| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば、昨年、小猿くんチームは数多くの大会に出ましたが、『良いクジ、引いたなぁ〜』って言われるときに限って、早く敗退しちゃってました(~_~;)

ゲームセット!の声が聞こえるまでは何があるかわからないのが野球ですもんね。
Posted by PAT at 2012年07月03日 21:51
おっしゃる通り、楽な山なんて一つも無いと思います。


いよいよウチも最後の夏が始まります。
初戦は9日です。
まずは息子達の悲願である夏1勝、校歌斉唱、そこを目指して応援頑張ります!

先日の激例会で、後援会の会長さんが子供達に向けこんな話をしてくれました。

「夏の大会は、殺るか殺られるかの真剣勝負。たった一人の心の隙、弱さが命取りになる場合だってあります。勝負に勝ち負けはつきものですが、勝っても負けても、どうか選手の皆さんは魂のこもった試合を見せて下さい。それが今迄支え、応援してくれた方々に君達が出来る、唯一の恩返しです。」

魂のこもった試合、見せてくれると信じたいです。
Posted by ハッシー at 2012年07月04日 13:24
PATさん、どうもです。
少年野球、中学野球では「良いクジを引いた」と言う立場。
高校野球では「良いクジを引いた」と言われる立場。
どちらも経験して、やはり今回の様な気持ちになりました。
気持ち一つで勝敗が大きく変わる。だからこそ最後の瞬間まで勝利を目指して欲しいです。

ハッシーさん、どうもです。
楽勝と言われた相手チームだって、その試合、その大会のために多くの人の思いがこもった日々を送ってきている。
勝負である以上勝ち負けはある。でもその結果のためにどれだけ思いをぶつけることが出来るのか。表現することが出来るのか。
その思いのぶつかりあいに「楽」なんて言葉は適さないですからね。
Posted by かに at 2012年07月05日 11:29
ご無沙汰です。
遂に長男坊主も最後の夏になってしまいました。
高校野球はあっという間でした。
(まだ終わってませんが)
ここまでくるとオヤジとしてはベストな状態で望んで欲しいと祈るだけです。
一発勝負のトーナメントそれも高校野球最後の大会なんで楽な山なんて本当に無いですよね。

Posted by RK at 2012年07月06日 11:58
RKさん、どうもです。
それぞれの野球部に数十人の部員がいて、その後ろには父兄やOBがいて。
甲子園を前提に見る高校野球とは無縁の様な野球部にも熱い思いを持った人達がいる。
そんな思いを「楽な」なんて一言で片付けちゃうのは本当の「高校野球ファン」と言えるんでしょうかね。
でも意外に強豪野球部OBだったりするんですよね。悲しいかな。
Posted by かに at 2012年07月08日 15:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック