2006年10月07日

スクランブル出動!

埼玉地方では木曜から降り出した大雨が、金曜日にはさらに強い風も伴って、大変なことになっています。

こうなると心配なのが我がホームグラウンドである河川敷の様子。
先日の『魂の一撃 氣迫の投球』というエントリーの写真を見ても分かる通り、ウチのグラウンドは外野のすぐ後ろが川になってます。
で、上流での雨量が一定量を超えると、その水がグラウンドにまで流れ込んでしまう可能性があるんです。

まぁ、相手は自然ですから、流れ込んでくる水を防ぐ事なんてもちろん出来ません。
ただ、チームの財産でもある、芝刈り機やグラウンド整備用の軽自動車、はたまたバックネットと言ったものがまんまと流されてしまっては、今後の練習に大きく支障をきたします。

ということで、夕方、競技部長(2年生父)から緊急招集が掛かりました。
といっても、父兄のほとんどが会社勤めですから、そういった父兄が急に30分後の来いと言われて来れる訳もなく。必然的に私のような浮き草稼業の人間や、家業を持つ方が急遽河川敷に集合となりました。

折しも雨はどしゃ降り、風はビュービューで、作業をするには最悪のコンディション。しかしだからこそしなきゃいけない作業ですから、長靴、ポンチョという格好で作業を始めました。
他の人はちゃーんと全身カッパを着てるからいいんでしょうが、何せ私はそんなの持ってないから、だいぶ昔にネズミーランドで買ったポンチョを着込んでの作業。あっという間にズボンはびっちょりになりました。

それでも合計6人でてきぱき動いたせいか、30分ほどで作業も終了。
(私が到着したときには作業もだいぶ進んでたんですけどね)

流されたら困るようなものは、↓のように土手に上げておきました。


DSCF1014.jpg


かなり雑に見えるでしょうが、なんせ大雨ですから。丁寧になんてやってられませんって。

作業終了後、一度自宅に戻って風呂に入った後、仕事に向かったんですが、もう気が気じゃなかったですね。どうせ大雨で芸能人だってめったに出掛けやしないんだしね。

ともあれ仕事終了後、ちょっと様子だけ見に行ってみました。

で、その時の様子がこちら ↓


DSCF1007.jpg

満潮の時間は過ぎるから、ピークは越えたように見えるけど、かなりゴミがライト奥に流されていましたね。明日はこれらのゴミを撤去することから始まりそうです。

関東近辺では明日、グラウンドの水抜きからって父兄も多いんじゃないかな。
お互い大変でしょうが、頑張りましょう。
posted by かに at 02:02| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東東京大会優勝おめでとうございます。
お祝いのメッセージが遅れました。申し訳ないです。

河川敷は河川敷の大変さがあるんですね〜。
うちは山の上なんで、まず流されることはありませんが(笑)

関西は早めに雨がやんでくれましたが、水抜きが嫌なんで、「早くやめ〜」ってお祈りしてました^^;

なんとか水抜きしなくても良さそうな雰囲気^^;
それよりまだおきているので、朝ちゃんと起きれるかどうかの方が心配です。
Posted by 文球 at 2006年10月07日 03:10
文球さん、ありがとうございます。

こればっかりは河川敷の宿命ですね。
こちらの地域では圧倒的に河川敷グラウンドをホームに持つチームが多いですから、どこも苦労しているでしょう。
たまに住宅街の中にグラウンドを持っているチームがあるんですが、練習中に大きな声を出してはいけないというルールがあったりして、本末転倒な状態だったりするらしいです。

先日グーグルアースで見させてもらいましたが、ホントに山の中ですね。冬場にイヤになるほど走り込みが出来そうな素晴らしい環境ですね。(笑)
Posted by かに at 2006年10月10日 14:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック