2012年02月02日

注目されるのは良い事だ

キャンプが始まって二日。

テレビでもネットでもとにかくDeNAベイスターズのニュースをすごくよく見ます。
チームが新しくなり、監督に中畑清という人気者になったことでこんなにも注目されてるんですね。

キャンプ地の宜野湾にもかなりの人数のお客さんが来てるみたいだね。

いつもならその他大勢的な扱いで、数秒しか扱ってくれなかったスポーツニュースでも二番目か三番目くらいに大きく扱ってもらえている。

4年連続最下位のベイスターズ選手にとって、ファン、マスコミに注目される事はすごく大きなことだと思います。

きっかけはどうであれ、自分たちの一挙手一投足を大勢の人に見られているという状態は選手にとって刺激になるはず。

4年も連続で最下位になり続けていたのには必ず理由があります。
単純に投手力がどうこうとか、打力がどうこうといった見える話から、取り組む姿勢から気持ちといった見えない話まで、色々な原因があると思う。

ファンにとっては聞きたくもない、耳を疑う様な話もありました。


中畑監督に決まった直後は不安要素がたくさんあって、とにかく決まって良かったと言う安堵感はあったものの、あまり歓迎という気持ちはありませんでした。

しかし現在では、その元気、明るさを前面に出した統率力に大きな期待を持っています。

初日を終え、返事をしない選手達に中畑監督が怒ったと言うことがニュースになってました。

まるで中学生が怒られる様な事をプロ野球選手が怒られてる。
情けないけどそういう状態のチームなんですよね。

以前、阪神の二軍練習場の道具部屋が散らかってると、藤川投手が怒ったと言う事がありました。

小学生でも中学生でも果てはプロであっても、結局野球選手に問われる事って同じなんだなって感じました。

だとしたら、勝って欲しいと盲目的に応援するだけってのは間違ってる気がする。
小学生や中学生に言っている様に、野球選手として、アスリートとして間違ってると思えば声をあげなきゃいけないと思う。

愛するが故に厳しい言葉も投げ掛ける、そういう姿勢も必要なんじゃないかな。

球場に行くと、時折辛辣なヤジを飛ばすおっちゃんがいますよね。
ああ言うおっちゃんの存在ってすごく大事なんだと思う。

俺もそういうおっちゃんになりたいな、って思いますね。
良いプレイには最大の賛辞を与え、ダメなプレイには遠慮無く厳しい言葉を投げ掛ける。
そうなるためにも実際に球場に足を運ばなきゃいけないよね。
今年は二軍のホームグランド横須賀にも行くつもりだしね。
posted by かに at 21:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり、野球は現場で観て、贔屓のチームかどうかにはかかわらず、素晴らしいプレーには大きな拍手。ダレたプレーにはブーイングですよね!^^

あ、注目の中畑監督ですが、今日は、インフルエンザに罹ったってニュースになってましたね(~_~;)
Posted by PAT at 2012年02月02日 23:12
PATさん、どうもです。
そうなんです。
まさかこんなに早々に監督がダウンしちゃうとは。
ある意味中畑流の演出、と言う風に受け取る事にします。
Posted by かに at 2012年02月02日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック