2006年09月20日

何万分の一

先週の土曜日、我がチームの練習中に何万分の一の確率でしか起こらないであろう、と思われることが起きたそうです。

これまでも何度も書いている通り、我がチームの練習場は河川敷にあります。
グラウンドの真横には舗装された道路が通ってます。
この道路は上流から下流へずっと続いていて、一般車が通らないように何カ所もゲートがあるため、自転車やバイクと言った二輪車が多く通ります。

言葉にすると分かりづらいんで、写真を見て下さい。

kasen.jpg


写真下の方にあるのがその道路です。
バッターが引っ張るとすぐに道路の方にボールが飛んでいってしまいます。
普段、試合や練習でそちらにボールが飛んだ場合、大きな声を掛けて危険を察知してもらいます。
ゴルフ場で「ファー!」って言うのと同じような感じですね。

で、先週の土曜日。我が家は体育祭があったため不参加でした。
この日はウチと同じように学校行事のため、欠席がかなり多くバッティング練習中心だったそうです。ゲージを3つ並べ、一番道路側が変化球マシン、真ん中が直球マシン、右端に投手が投げる形で打ち続けていました。

不幸な出来事はそのときに起きました。

一番道路側の変化球マシンの球が外角低めに決まり、その球をカットするようにして打ったところ、強い回転が掛かった打球が道路方面に飛んでいった。

そこに写真右から左方向に向かっている自転車がいたそうです。

その場にいた選手も父兄も声を掛けたんでしょうが、なんと奥に向かうその自転車の運転者の側頭部にボールが当たってしまったそうなんです。

私は河川敷に来始めて1年半以上になりますが、こんなことは初めてです。
多い日には一日数百人が行き来するんですが、それでも実際に当たってしまうことはありませんでした。

こういっちゃあなんですが、離れていく人に追っかけていくボールが当たるというのはものすごい確率です。それこそ何万分の一の確率でしょう。
こういったグラウンド内外で起きる事故のためにも、チームでは保険に入っていますから、その方への賠償もきちんとなされることでしょう。

とは言え、こんな事を書けるのも、その方の命に別状がなかったからでもあります。カットしたような力のない打球だったから良かったようなものの、これが思いっきり引っ張った打球だったら、と考えるとゾッとします。

チームの事務局によると、西東京の伝統あるチームで、グラウンド外に飛んだボールが通行人に当たり、死亡させてしまったという事態が起こったそうです。この事故によりそのチームは1年間そのグラウンドを使えなくなったそうです。

軟式ボールは硬式より遙かに安全です。しかし以前私のすぐ目の前でこんな事もありました。
その日は小学校の校庭で練習していました。バッティング練習で選手の打った球が、鉄棒で遊ぶ娘を見ていたお母さんの背中にダイレクトに当たってしまったんです。
外傷と言うよりは突然ボールが当たったことにより呼吸が苦しくなったというものだったんで、しばらくしたら大丈夫になりましたが、かなりヒヤリとした事態でした。

その時の反省としては、指導者の数が少なく、グランド内の選手すべてにも瞬間的には目が行き届かない状態で、そこに母子がいたことすら気付いていませんでした。

それからは常に校庭のどこに選手以外がいるのかを把握するのが指導者の務めになっています。

我がシニアでも、道路側の安全をいかに確保するかを今、早急に考えているところです。




posted by かに at 15:02| 埼玉 ☔| Comment(20) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 我がチームも校庭利用していますが、校庭を使用する許可を受けているのは我々だけなので、校庭内で一般の人が入ってきて野球絡みの事故が起きた場合には、速やかに一般の人達を退出させなかった我々の責任を問われるそうです。
 つまり、鉄棒をしにきた娘さんとお母さん、お孫さん連れのお爺ちゃん、犬の散歩途中の近所のおばさんは、「一般開放」ではないから「追い出せ」ということ。。。
 でもねぇー 近所の人達に「何て、傲慢なチーム!」と、思われたくないから「追い出せ」ませんよ。危ないなぁーと、思った時は安全な処で遊んでもらいますが。
 勝手に入りこんで、バスケやサッカー始める中・高校生を追い出すのは、私の仕事ですが。。。
Posted by フルコーチ at 2006年09月20日 16:20
硬式チームが練習している場所を知っている人はそれなりに注意をするとは思いますが、全員にそれを期待する訳にはいきませんね。

ボールに当たった方も河川敷の常連さんで「今まで当たった事なんか一回もねーから、当たるもんか」と思っていたんでしょうね。

サード側のファール禁止ってわけにもいかないので厄介ですね。
Posted by 背番号29 at 2006年09月20日 16:53
かにさん球場にお邪魔させて頂いた時に、
「あっkohの河川敷と逆だ、やっぱりこの方が観戦しやすいなぁ〜」
川側がホームベースではなく外野だったので、土手側に腰をかけて試合をゆっくり観れました。
しかし、こういう問題も起きてしまうのですね。
川側がホームベースですと事故は少ないですが、NEWボールがファール1球で川にドボン、すぐにオジャンです。
やっぱり、三塁側にネットを立てる安全設備を考えるのでしょうか?
Posted by metoo at 2006年09月20日 17:18
3年ほど前、ブルペンの捕手後ろの金網の破れた隙間から中3投手の投げた球がノーバウンドで飛び出し、私の後頭部を直撃しました。一瞬、目の前が真っ白!
用心のために1日おとなしくしてましたが、なんともなかった。。。俺って石頭??
Posted by touch at 2006年09月20日 18:30
うわっ!とうとう当たったんだ・・・。
何度がボールが出て危ない時はあったけど、なかなか当たりそうで当たらないもんなんだよね。
今回は、ほんとに何万分の一の確率かもしれないね。
やっぱ三塁側はネットが必要なのかなぁ。
でも、ネットの高さもだいぶ高くしなきゃダメだろうし、しかも、取り外しができるものとなると・・・うーん、こりゃ〜ちょっと難しそうだねぇ。
Posted by Ayigus at 2006年09月20日 19:06
人命に関わる事ですから、事は厄介ですね。
今回は幸いにも最悪の事態は免れましたから、早急なる対応が迫られますね。
Posted by ドラ夫 at 2006年09月21日 01:38
こんにちは
こちらへは 初めての書き込みですが 星さんの所に度々登場します ジャビ子です。よろしくお願いしますm(__)m

第3者への事故は怖いですね。専用球場なら備えつけも可能でしょうが移動しきとなると。
うちの場合軟式で小学校でやっていますが 3塁側の民家が迫っていて普通の防球ネットでは高さが足らず 高校野球並の高さに増設しました。
それと 硬式をやっている児童数人が放課後 低学年ら近くで遊ぶ校庭で硬球でキャッチボールやロングティーをしているのです。
学校へ使用許可申請に行くジャビ子が硬球使用禁止とよく注意するのですが。こういう場合の事故の責任は授業後なので学校にはないんでしょうね。すると親?
親は知らんのでしょう。
事故があってから危険だから校庭で野球禁止って言われたらいいとばっちりです。
練習中なら大人の目があるので注意したり責任もあるのですが 保険関係になく事故はないのが一番
試合中だろうが校庭に入ってくる第3者にはいつもヒヤヒヤしてます。
Posted by ジャビ子 at 2006年09月21日 13:31
昨日は本当に楽しい時間をありがとうございました。

また、よろすぃ〜くお願いします。

T県I市にもネタ探しにいらっしゃってください。

Posted by HAL at 2006年09月22日 13:03
昨日は、話途中で申し訳ありませんでした、時間の関係で一番抜けでしたが、とても楽しかったです、

また機会がありましたら宜しくお願いいたします、

ベイもよろしく。
Posted by グラブ大好き at 2006年09月22日 18:50
フルコーチさん、どうもです。

今回の問題を書いた時に、軟式をやっている人達にどう伝わるかと思っていたんですが、まさしくフルコーチさんが一番の核心を書いてくれました。

本文でも書いた母子だけでなく、それ以外にも至近距離で遊んでる小学生がいたりするんですが、それらの人達に、こちらが許可をもらって使ってることを理解してもらうことは出来ませんからね。追い出せませんよねぇ。
せいぜい注意を促して、鉄棒の近くにコーチを置くというくらいしか出来ない。コーチの人数が足りてない時はこれが一番困るんですよねぇ。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:22
背番号29さん、どうもです。

そうなんです。危ないからと言って、引っ張るなとは言えませんからね。
とりあえず現時点では、道路上に人を配置して注意を促すということしか出来てませんが、抜本的な解決策ではないですね。
危険度を下げるほどネットを張るとなると、かなりの金額になりそうだから、貧乏球団のウチにどこまで出来るか。心配です。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:27
metooさん、どうもです。

確かにそちら方面の河川敷は逆の方が多いみたいですね。
ウチもそちらで試合したときには、何個川に入ったかなぁ。ウチのグラウンドならそうは起こりませんからね。

見学しやすいとはよく言われるんですけどね。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:31
touchさん、どうもです。

そんなことがあったんですか。よくぞご無事で。(^^)
そのピッチャーの子、ショックだったんじゃないですかね。

私はワンバウンドですねに当たったことがありますが、のたうち回りました。硬式って本当に硬いです。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:34
Ayigusさん、どうもです。

私自身当たったって話を聞いたことがないから、数年来なかったんでしょうね。
環境を良く分かってるAyigus姉さんなら完全に防ぐことの大変さ分かってもらえますよね。
かといって対策を立てない訳にはいかないし。うーん困った。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:38
ドラ夫さん、どうもです。

放置出来る問題ではありませんからね。
しかし近隣にある高校のグラウンドも同じような環境なんですが、それほど高いネットは立ってません。
よくこれまで大きな事故がなかったなぁと思ってしまいます。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:40
ジャビ子さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

ウチの息子も、平日の夕方に小学校の校庭で硬式をキャッチボールをしていて、その後ウチの選手達が野球をしに来て、一緒にいた親父コーチから注意を受けると言うことがありました。もちろん小学生優先ですから素直に譲ったそうです。

ウチのは中学生だから言われれば理解してすぐに止めますが、リトルリーグの子はキャッチボールをする場所すら困るでしょうね。
軟式でも無警戒のときに当たったら危険ですし、本当は練習中なんかは立ち入り禁止にしたいんですけどね。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:49
HALさん、どうもです。

昨日はお疲れ様でした。ホントに楽しかったですよね。
きっとこれからも参加したいなって思ったことでしょう。

きっと年内にもう一度はあるでしょう。その時もまたお会い出来ることを期待しています。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:53
グラブ大好きさん、どうもです。

興味深い話がたくさんあって、まだまだしゃべり足りませんでした。次回もぜひ参加してもっと色々楽しい話を聞かせて下さい。

楽しみにしています。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:55
こんにちは。
私もその堤防のコースをほとんど毎週末自転車で走っています。子供たちの野球の練習や試合をみているのが好きで、ついちょっとグラウンドに近寄って見ていたりするのですが、関係者の方たちにはあまり喜ばしくないことなんでしょうか。
部外者が、試合ならまだしも練習しているのを近くで見る機会はそうそうないですね。ちょっと寂しい思いをしています。
Posted by oba3 at 2006年09月23日 15:59
oba3さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

逆なんですよ。そういう方に安心してみてもらうことが一番のぞましいんです。
ウチの関係者はボールが飛んでくることを前提にグラウンド近辺を歩いてますが、そうじゃない人も必ずいます。そういう方に危険のないようにするのが必要なことだと思ってます。

チームとしては多くの方に見てもらい、知ってもらうことによって、一人でも多くの選手を獲得出来ると思うんです。

そのためにも安心して見ることが出来る環境作りを真剣に考えていきますので、これからも気楽に見学をなさって下さい。お待ちしています。
Posted by かに at 2006年09月23日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック