2006年09月19日

ボークについて

metooさんが突然入りたがったためにすっかり話題になっているミクシィですが、私も以前から入っていました。

ミクシィにはコミュニティと言う色々な集まりがあります。
その集まりは誰でも勝手に作ることが出来るから、ものによっては1000人を遙かに超えるコミュニティもある反面、一人しかない、つまり作った人間しかいないコミュニティもあります。
つまりネット上の同好会みたいなもんですね。

当然私は複数の野球関連のコミュニティに所属しています。
その中の一つでちょっと気になった話題があったので、こちらで取り上げようと思いました。

それはタイトルにもあるように、ボークの話。

これはあるお母さんが書いたものなんですが、小学4年生のお子さんが所属するチームが練習試合をしたときの話です。

この日は対戦相手の総監督が主審をしたそうです。
筆者のお子さんのチームの投手、セットポジションの時に構える位置がその時々で違うそうなんです。
これを見た主審である相手チームの総監督が、「今度やったらボークを取るぞ」と怒鳴られ、萎縮してしまった投手はフォアボールを連発してしまった。交代した投手にも同じような事を言ったそうです。

4年生相手に主審がそのような注意の仕方をすること自体、ひどいことだと思うんですが、それ以前にこれって本当にボークなんでしょうか。

静止しなければボークというのは分かっていますが、構える位置が違うだけでボーク?
この記事に「確かにボークです」とコメントしている人がいるんですが、私はそんなルール知りませんでしたし、5月のオフ会で日ノ本さんに頂いた今年版の『公認野球規則』を読んでもそんな表記は見つかりませんでした。

これって私の探し方が悪かったんでしょうか。
普段から読んで勉強してれば良いんですが、機械の取説と同じで必要なときにしか開かないんですよねぇ、こういう文字がいっぱいのものは。


と、話がちょっと逸れてしまいました。
改めてお伺いします。


『投手は1試合の内、ずっと同じ位置で両手をセットしなければいけないんでしょうか?そうしなければボークなんでしょうか?』


教えて下さい。
posted by かに at 15:49| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『投手は1試合の内、ずっと同じ位置で両手をセットしなければいけないんでしょうか?そうしなければボークなんでしょうか?』


うちの場合はこれが適用されています。
セットの位置は変える事は出来ません。変えるとボークを宣告されます。
私はこれがずっと当たり前だと思っておりまして、かにさんのエントリーを読んで、失礼ですがビックリしている次第です。。。

でも実際のところはどうなんでしょうね?
息子はあまりピッチャーはやりませんが、息子は喉の前でセットを止めます。
うちのエースはお腹の横で止めます。
Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 21:03
公式規則にはありませんから、各連盟の「運用」の問題です。
 出所は「高校野球」で、「申し合わせ事項」として通達されていたということでした。
『高校野球審判の手引き』の「規則上注意すべき事項」に平成17年度版から記載されているとのこと。打者、走者に紛らわしい、アンフェアだということだそうです。

 高野連の話ですから、我がJSBBは関係ありませんので、そう言いだした主審がいれば「関係ないもん。」と言っちゃいます。
 ボーイズでは高野連のルールをそのまま適用しているのでしょうか、リーグによっては通達そのままで「ボーク」を取るとしているところもあるようです。

 軟式は関係無いと言っても、将来を考えればセットを一定するように指導した方がいいんでしょうね。
Posted by フルコーチ at 2006年09月19日 21:52
いろんなルールがあるんですね。
フルコーチさんの出所は高野連を聞いて、高校野球にも限定のルールがあったのか!と驚きました。
ルールはルールですから、高校野球からはこーなんだよ、と子供達に教えたいですね。

打者と走者に対してアンフェアを考えたルールだと思いますが、あきらかに四球を誘うバントの構えだけ、これは投手に対してアンフェアだと思いますので、こちらには少年野球特別ルールをつくりましょうか^^
Posted by metoo at 2006年09月19日 23:23
 規則では、グラブは、体の前面で静止するという規定があるだけですので、毎回、静止する位置を変えてもボークではありません。静止したら、首だけは動かすことができます。
 静止した後には、打者に投球しても、自由な足(規則では、軸足でない足をそう言います。)を走者のいる塁の方向に踏み込んで投げてもよい。投球に関連する動作に入ったら打者に投げなければなりません。また、投球動作に入ったら、途中で変更したり、止めたりしてはいけません。(2段モーションなんかは、これにあたります。)
 2塁、3塁には偽投ができますが、1塁にはできません。また、走者のいない塁に投げても、ボークです。
 私が審判講習会に出たときには、講師の先生が、「打者や走者を、故意にだますような行為を認めた場合は、積極的にボークをとるべきです。」とおっしゃっていました。しかし、私には指摘されているような行為が、故意にだますような行為とは思えませんがね〜。ただ、試合の後で、「できれば一定の位置でとめたほうがいいと思うよ。」と指導はすると思います。^^
Posted by ナル at 2006年09月20日 21:43
こん○○は〜、ご無沙汰しておりました。

【フルコーチ】さんのご指摘どおり、高野連発行の『高校野球審判の手引き』では、「1試合を通して一定の位置で止めるよう指導する」とあります。

しかし「ボークである!」とは記されておりません。
よって当地ではグラブを止める位置が違ったからといって、注意はしても即ボークを取る事はしておりません。(地区によっては解釈に違いがあるでしょうが…。)
もっとも…フェア・プレイを身上とする高校野球では、注意しても改められなければボークを取らざるを得ません。

『公認野球規則』上ではOKですので、所属なさっている「連盟・団体」の「特別規約」を確認した上で指導されてはいかがでしょうか?
Posted by 日ノ本 盛 at 2006年09月21日 05:27
ドラ夫さん、どうもです。

私のエントリーでビックリと言うことは、少年野球のときからそうだったんでしょうか。だとしたら私もビックリです。
ウチの選手がそのような注意を受けたこともありませんでしたから。

実際そのルールが大会規定でどのように明記されているのか、見てみたい気がします。
Posted by かに at 2006年09月22日 13:46
フルコーチさん、どうもです。

さすがですねぇ。よくご存じでしたね、このルールを。

言わんとすることは理解出来ますが、それを少年野球のしかも低学年に適用したその審判の考え、私は理解できません。
Posted by かに at 2006年09月22日 13:51
metooさん、どうもです。

正直、私はこのルール賛成出来ません。って言うか、公式規定に無いものを高野連が勝手に作るということが解せないんです。
ユニフォームや道具の規定を作るのは良いけど、この規定は野球のルールですからねぇ。

そもそもアンフェアかどうかすら?です。
Posted by かに at 2006年09月22日 14:02
ナルさん、どうもです。

ですよねぇ。ナルさんもそう書かれているなら、シニアではそのルールは適用されていないんですね。
まぁ、試合が終わったあとに、「高校ではダメだから直した方がいいよ」と伝える位で十分かも知れませんね。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:04
日ノ本さん、どうもです。

この話を書いた時点で、日ノ本さんがコメントされるのを待っていました。
皆さんコメントを読んで、ようやく納得がいきました。
野球ってかなりルールを拡大解釈してしまうことがありますよね。プロでもそうですもんね。

くだんの総監督がどこでそのルールを聞いてきたのかはわかりませんが、聞きかじりで勘違いしちゃったんですかねぇ。
審判はあくまで「公認野球規則」に基づいてジャッジして欲しいと思いますね。
Posted by かに at 2006年09月22日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック