2005年02月28日

ひさびさの試合

息子がシニアに行き始めて早1ヶ月強。目の届かないところでの練習で、どれほど息子が成長してるのか、どこが悪いのかなどが分からない日々が続いてた。
今日は久しぶりに少年野球の大会がある関係で、一緒のユニフォームを着て家を出た。

背番号1もこの大会が終わったら当分見納めだから、たっぷり見させてもらった。

初戦は同じ市内のチームが相手。秋の市内大会では4対3で負けている。
とは言っても、もうこの時期だから是が非でも勝ちに行くということもなく、あくまで楽しんで野球をやろうというのが、この大会に臨むウチのスタンスだから、気楽なもの。
ところが相手は違うようで、6年生主体の卒団記念大会であるこの大会に4,5年生も引き連れて全面的に勝つ気満々。なんでもどこも新チームに向けて動き始めているこの時期に、まだ去年と同じ体勢で練習試合なんかしてたりしたらしい。おーやる気満々じゃない。

まぁ、よそはよそ、ウチはウチの考えてやらせてもらいますよ。といっても6年生は8人しかいないから、4年生に助っ人を頼んでの試合となった。

試合はまずキャプテンがホームランを放ち先制するも、こちらはエラーや内野安打が絡み4点を返され逆転されてしまう。ところがここからホームラン、タイムリー、タイムリーとトントン拍子に得点を重ねて追いついてしまった。その上ランナー1,3塁の場面で相手投手がボーク。さよならで1回戦を突破してしまった。

2回戦も息子はマウンドに望み、ホームラン1本打たれたものの、それ以外にヒットはなし。しかしこちらも1点しか取れず、延長、サドンデスと、実に9イニングを投げきってくれた。2試合で16イニング。はっきり言って小学生としては投げ過ぎです。だけど当人はシニアでの練習で鍛えているからなのか、実に平然としたもの。まだもう一試合投げられる、とまで豪語してやがりました。

まぁ結果としてもう少し、息子のピッチングを見ることが出来るから、嬉しくもあるんですけど。

こうなったら次の2試合も勝って、最終日にまで駒を進めたいもんだ。
頼んだぜ、エース。
posted by かに at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック