2011年05月25日

三度目は無くしたい

先日、こちらの地域では最大の低学年大会が始まりました。

かつては連覇したこともあるこの大会。
ここ数年は芳しい結果を出せていない。
当然、今年こそはと言う強い気持ちを持って臨みました。

が、結果は一回戦敗退。
市内大会決勝と同じく、最終回に3点リードするも、そのリードを守れず逆転サヨナラ負け。

もう悔しくって悔しくって。
低学年の試合で3点や4点がセーフティリードじゃないのはよく分かってるんだけどさ。
それまで出なかったミスが一気に吹き出して流れを止める術も無くあれよあれよと言う間に逆転されちゃった。

ただ、突き詰めて考えれば、それまでミスが出なかったのは紙一重。基本からかけ離れたプレーで結果オーライ的な形が続いていた。
乗ってる時はそれでもなんとかなっちゃうけど、最終回のリードを守ろうと言う緊張の場面ではやっぱり基本を離れちゃうとダメなんだよなぁ。

特に中心となる4年生にその傾向が顕著。
慣れでプレーしていた部分を見逃していた我々指導者の責任だよな。
一点差負けは指導者の負けですから。
試合直後のミーティングでは選手に対してより、指導者に対してより厳しい言葉を投げかけました。

その日の夕方。
どしゃ降りの中集まった指導者の反省会で改めてその点を確認しました。
低学年の試合の勝敗を決めるのはドデカイホームランを打つ中心選手を作ることでは無く、次の学年へと繋がる確実な基本を身につけさせる事なんだよね。
重々分かっているつもりでも試合があると思うと、ついつい基本より実戦的な練習を多くしてしまう。
もちろんそれも重要だけど、今すべきことはやっぱり基本の反復だよな。

二度あることは三度あるとしないためにも、苦しい時にも忘れない基本プレーの徹底。

ここしばらく優しいコーチ方針で行ってたけど、久しぶりに厳しい面も見せていくかな。
もちろんコーチ達に対してもね。
posted by かに at 01:45| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
嫌だ、ウチの野球部の話かと思っちゃった(笑)
Posted by ハッシー at 2011年05月25日 10:30
試合が近づくとどうしても、実戦的な練習をしたくなりますよねぇ^^;
こういうときって、少し離れた眼で見ることができるかにさんの存在って大きいんじゃないでしょうか。

うちの低学年チーム(今年は人数が少ないので3、4年生合同チーム)も、来月末から始まる大会に向けて実戦的な練習が増えてるようですが、3年生たちは、入団してまだ2ヶ月・・・大丈夫かなぁ(~_~;)
Posted by PAT at 2011年05月25日 20:38
ハッシーさん、どうもです。
いやいや、そんな。
でも中学でも高校でも、負けるときの根っこは同じですよね。
ただ高校生だとなんで今更基礎の基礎をって思っちゃうかも。
そう思った選手こそ起訴を疎かにしてミスしちゃうんですけどね。

PATさん、どうもです。
練習の方向性を決めるのは現在の選手達の親である父兄指導者。
監督を父兄がやるんだから当然です。
雑なプレーでも結果が出ているウチは選手は直そうとしない。
指導者も勝っているうちは練習方法を変えようとしない。
こういう機会がやるべきことを見つめ直すチャンスだと思ってます。
入団して2ヶ月で実践練習・・・あまり良いとは思えませんねぇ。
失敗して当たり前。それよりやるべき事があると思うんですけどね。
Posted by かに at 2011年05月26日 15:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック