2006年06月27日

上部大会を見に行こう

昨日のエントリのコメントを返しているときにしみじみと思ったのですが、やはり上のレベルを知ると言うことはものすごく意味があることなんですよね。

コメントを返しているうちにまーぼが少年野球の時のことを思い出しました。

ウチの少年野球チームは親父コーチの持ち上がり式で監督をやっています。高学年チームの監督をするのは6年生の親父コーチということです。
同じ代を長い期間見ることが出来る、信頼関係を築くことが出来るという利点がある反面、前年までの蓄積を伝えにくいという欠点もありました。

まーぼが5年生の時は6年生の父兄Nさんが監督でした。
Nさん自身は軟式野球の経験しかないんですが、ものすごく勉強家でした。

ウチは新年明けから新チームが始動します。
Nさんはその前の前年秋の県大会の準決勝、決勝を全試合観戦し、ここに来るにはどれだけの技量が必要なのか、ということを肌で感じたそうです。

それを受けての指導はとても的確でした。言葉がきつい人なのでちょっとしたいさかいやトラブルもありました。私自身、Nさんとぶつかったこともありました。私もコーチをやってましたからね。

それでも彼の勉強熱心さ、戦略の緻密さは特筆に値しますし、彼と一緒ならば本当に息子をが上手くなる、強いチームになるという思いがありました。

残念ながらNさんの息子の代は上部大会に進むことは出来ませんでした。
しかし秋にあった最後の大会でもある、埼玉県南部大会で優勝することが出来たのです。
Nさんが監督をしていた1年で唯一の優勝でした。

その大会でまーぼはサード、キャプテンS君はセカンドでスタメン出場していました。
それ以外にも現在中学野球部でキャプテンになったN君を始め、5人の5年生が出場していました。

この5年生の経験が翌年すぐに生きました。上部大会進出を決める市内大会で優勝。5月の池山杯優勝。そして秋の県大会準優勝。

どれもこれも5年生の時の経験の蓄積から得たものの総決算だったのだと思ってます。

昨日のコメントで、星さんがこんな話をしてくれました。


全日本学童に東京代表で出た「竹仲」は、一度も出たことが無かった年に、選手全員で水戸に
行ったらしいですね。来年必ずここに来て戦うという気持ちを新たにし、その後2年連続で水戸に行っていますね。HIT&RUNに書いてありました。



全国大会とまでいかなくても、県大会でも良いと思います。
都大会、県大会、道大会、府大会、それぞれの地区でそれぞれ開かれるでしょう。
その個別の開催時期はわかりませんが、観戦することを強くお勧めします。
それら上部大会決勝戦に臨むために、何が必要で何が必要でないのか、準決勝の2試合4チームを見ることが出来ればそれがはっきり見えてくると思います。

実際に試合があったり、練習があったりと、実現は難しいかも知れませんが、それが1年後、2年後に必ず生きてくると思います。

今、息子さんが4年生、5年生だったらぜひ考えてみて下さい。
posted by かに at 12:50| 埼玉 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上部大会を見ることで得るものは大きいハズですが、ウチの場合、子供たちも連れて行くべきか迷いますね。どうせジックリ見ちゃいないですよ。でも、そんな中で一人でも、一瞬でも何かを見てくれればそれで良いかもしれません。
指導者たちが上部大会を見ることで、少年野球の今、最前線を知ることになるでしょう。もしかしたら自チームで当たり前にやっていることが時代遅れの古典になっているかもしれません。
上部大会を見るという発想に触れる事が出来てよかったです。有難うございました。
Posted by 館長・P助の父 at 2006年06月27日 14:49
県大会を知らないチームは市内で勝ち上がる事は無理でしょう。全国大会を見たことが無いチームは県大会を勝ち抜けないでしょう。

ですからまーぼ君!おじさんを夏季大会の全国大会に連れて行ってね!

学童監督時代に、見に行きたい気持ちはあったのですが・・・
自分の監督時代には、どこで上部大会を開催してるのかさえ知りませんでした。あの時もっと勉強しておけば!今は後悔してますが、これからにつなげて行こうと思います。

G1を勝った馬しか有馬記念は勝てません!
(私の馬券購入の掟です^^)
Posted by metoo at 2006年06月27日 17:09
館長・P助の父さん、どうもです。

試合観戦に選手を連れて行くかどうかというのは悩みどころですよね。小学生はそれが高校でもプロでも1試合集中して観戦するって出来ませんからね。

出来るなら指導者数人で行くといいと思うんですよね。
「あれはウチも出来ている。あれは出来ていない」ということも確認しながら見ていると、おのずとどこを鍛えればいいのかというヒントがいくつも転がってますから。

野球経験のない私にとってそういう事の積み重ねが財産になると思っています。
Posted by かに at 2006年06月28日 03:33
metooさん、どうもです。

>県大会を知らないチームは市内で勝ち上がる事は無理でしょう。全国大会を見たことが無いチームは県大会を勝ち抜けないでしょう。

まさにその通りだと思います。
ただどんなチームでも全国大会を見ればいいかというと、やっぱり段階があると思うんですよね。まずは県大会上位のレベルを知り、そして全国レベルという風にステップアップしていけば確実に意識が向いていきますから。
漠然と全国大会出場が目標と言っているより、かなり現実的になると思います。

今年の秋には次期監督を連れて県大会を見に行こうかとも考えています。ただ私の本格復帰は1年先なんですけどね。

ところでシニアの全国大会の方ですが、ブルペンキャッチャーのまーぼに何が出来るのか、という話もありますが、一応本人には伝えておきますね。(笑)


Posted by かに at 2006年06月28日 03:53
私は練習を1日敢えて休んでも、チーム全員で上の大会を観戦するのは必要だと思います。
実際監督に提言した事もあるんですが、諸般の事情で実現出来ませんでした・・

Posted by ドラ夫 at 2006年06月28日 07:55
上部大会は私も観たい、子どもにも観せたい。
練習休んで行くのは、気が引けるので、やはりチームとして観戦するように提言してみようかな。まずは、県大会の観戦かなぁ。
Posted by 始動者 at 2006年06月28日 09:49
ドラ夫さん、どうもです。

私も練習を休んでも、と考えますが、なかなか実現しませんね。
それは他チームの試合から、何かをくみ取ろうと考えない選手や指導者がいるからですね。それよりも練習した方が良いとかんがえるのでしょう。

そういう人を説得するだけの有効性を証明出来ないのが難点ですね。
Posted by かに at 2006年06月29日 14:50
始動者さん、どうもです。

そこからなにか吸収しようと見ていると、収穫がたくさんあると思います。
公式戦とぶつかっちゃったりしてなかなか実現しにくいとは思いますが、都合が付けられるならぜひ観戦してみて下さい。
Posted by かに at 2006年06月29日 14:59
ご存知かと思いますが全日本学童軟式野球大会は毎年夏休み中で土曜の開会式からはじまり木曜に決勝ですからチームの練習を休まなくても観戦出来ます。東京足立区から水戸市民球場なら丁度100K、ドライブ感覚の距離です。毎日お仕事で疲れているお父さんに頼らずお母さんでも連れて行けますよ。是非、行くべきです。
 2年前、当時5年生の息子が観戦帰りの車中で『流石にみんな上手いね。でも、もう少し頑張れば僕たちにも出来そう。』とささやき、野球に詳しくない私は帰宅後、行けなかった関係者の方々に『どうだった?やっぱり凄いの?』と尋ねられても『うちの(チーム)子供たちとあまり変わらないみたい』といい加減な報告をした事を思い出しまた。そして翌年、子供たちは入場行進の列にいました。           
Posted by 当事者 at 2006年09月06日 15:44
当事者さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

まさに私が考える理想的なパターンですねぇ。息子さんは見たことではっきりとどれくらいやれれば水戸に行けるのか掴んだのでしょう。

もちろんそれだけで水戸には行けませんが、財産になったことは間違いありません。

今は中学1年生ですかね。中学でも同じですよ。スーパープレイが出来なくたって、練習で出来ることを試合で実践出来るチームが勝つんです。
今後も頑張ってくださいね。
Posted by かに at 2006年09月07日 00:39
昨日は突然の書き込み失礼しました。しかも、そそっかしい私は数字の入力ミスをしていました。観戦に行ったのは3年前の事で息子は現在中学2年でボーイズです。(どっちでも差異はないのですが)今年は神宮へ甲子園の地区予選を見に行っていました。甲子園までは連れて行けなかったのでが来年は必ず観戦させるつもりでいます。
Posted by 当事者 at 2006年09月07日 16:53
当事者さん、どうもです。

中2ですか。ウチと一緒ですね。
すでに新チームで始動しているんでしょうね。ボーイズの方の大会は良く分かっていないんですが、もう秋季大会は始まっているんでしょうね。

ラストイヤーになりますから、お互い良い1年になるといいですね。
私は今年は自分のチームで精一杯で神宮には行けませんでした。もし来年も行かれるなら、今年甲子園に出た東東京のT京高校のショートがお勧めです。ウチのOBなんですが、良い選手ですよぉ(笑)
Posted by かに at 2006年09月08日 02:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック