2011年04月12日

初づくしの週末

この週末、我が家の姉弟にとって初めての事がいくつもありました。

まずは土曜日のまーぼ。
この日はチームのリーグ説明会がありました。
この説明会には役員や指導者、そして全学年の父兄が出席します。選手は出席しません。
見習いではありますが、指導者として名を連ねることになったまーぼ。
これが初めてのリーグ説明会となります。

大学進学に合わせて購入したニュースーツ。
本当なら入学式で初めて袖を通す予定でした。
しかし震災のために入学式が無くなり、この日のリーグ説明会が初スーツとなりました。
若者らしい細身のスーツ。決して私では入らないサイズですね。。。。ってほっとけ!

リーグ説明会ではそれぞれ一言づつ挨拶をします。
もちろんまーぼもね。
緊張したんでしょうね。早口でもごもごしゃべっているから聞き取りづらい感じでしたが、100人以上の父兄の前で初めて喋る訳ですから及第点を付けてあげましょう。(^^♪ 内容はちゃんとしていましたからね。

続く日曜日。
この日の初めては審判でした。
紅白戦を1日3試合。
この3試合をまーぼと先輩学生コーチのIコーチと二人で手分けして審判をしました。
1試合を4イニング、3イニングと分担するようにしてね。

まだまだ暑いシーズンじゃないですが、1日で3試合の審判ってのは疲れますよねぇ。
まぁ、昼休憩を挟んでるとは言えね。
しかもまーぼもIコーチも高校時代に審判をしたことがない。
まーぼは1年生の秋からレギュラーで使ってもらっていましたし、Iコーチも同じく1年生の頃からレギュラーだったそうですから、二人ともほとんど審判をした経験が無いんですねぇ。
(ついでに言うとスコアブックを付けた経験も同じく無いようです)

当然ながら審判講習も受けたことは無いですからね。
ただ、中高通じてキャッチャー経験がありますから。審判に一番近い位置を経験しているのは参考になったかもしれないですね。

まぁ、言っても紅白戦ですしね。審判と言っても主審だけ。
いわゆる難しい審判の動きも必要無いですから。
高校野球のコーチになればこうして審判をすることもあるでしょうからね。
良い経験になるでしょう。もっともっとこうした経験を積み重ねて欲しいものです。

そしてグランドから帰った私を待っていたのは姉ちゃんでした。
今年成人式を迎えた姉ちゃん。
先日の日曜日に初めての選挙を迎えたんです。
本当ならもっと選挙活動をしっかり注視し、選択基準を持った状態で投票させてあげたかったんですけどね。
残念ながらこうした状況で、選挙活動らしい選挙活動に触れる機会は少なかったですからね。
しかし初めての選挙を「絶対に行く」と迎えた娘を誇らしく思います。
娘のように若者が選挙に関心を持ち、しっかりと政治を見守れば今後の日本が必ず変わるはずですから。


初物尽くしの週末。
こんな週もあるんですねぇ。
posted by かに at 09:14| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私も、選挙権が使えるようになってから、しっかり欠かさず行使させてもらっています。
その昔は女性に参政権が無かったことを考えると…
せっかくいただいた権利、使わないともったいないです。
Posted by でぃあ at 2011年04月12日 09:45
でぃあさん、どうもです。
>せっかくいただいた権利、使わないともったいないです。
まさしくその通りです。
それが成人になった証とも言えるんだから、それを全うしないと大人になった意味が無い。
これって親にも責任があると思うんですよね。
「誰に投票したって何も変わらない」って親が言い続けてたら、その子供が選挙に行こうとする訳がない。
選挙の大切さ、権利を行使することの意味を親は子に伝える義務があると思いますね。
Posted by かに at 2011年04月12日 18:30
初めてづくし、それも、お姉ちゃんもまーぼ君も成長したからこその”初めて”だから、良いことばかりですね^^

初スーツや初選挙・・・もうすぐ20年も前の話になっちゃうなぁ・・・(~_~;)
Posted by PAT at 2011年04月12日 21:50
PATさん、どうもです。
小さい内は小さい内で楽しみがあるけど、こうして大きくなっても楽しみがあるんですね。
私の初選挙は確か参議院選です。アントニオ猪木も立候補していたオウム真理教が立候補してた。。。。と思う。
ゾウの帽子を被って歌ってた記憶があります。
Posted by かに at 2011年04月13日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック