2006年06月19日

ようやくスタート!

昼間のエントリで書いた通り、2週も順延になっていた関東連盟の夏季大会、2回戦が今日、無事に行われました。

かに坊主の力も及ばず、昨夜に降り始め、「今回もまたダメなのか」と落胆しながら床についたんですが、目が覚めてみるとなんと曇り空。

と言うことで、水抜きがある前提で長靴、手袋持参で河川敷に向かいました。

予想通り、グラウンドは至る所で水が浮いている状態。すぐさまスポンジを持って水抜きを始めました。
1時間半近く掛けてグラウンドは万全な状態に。さぁ、始めようという時間になって、急に大粒の雨が。

あんなに時間を掛けてグラウンド整備をしたっていうのに、わずか15分でまたも水が浮いている状態に。
今度こそムリだ、と諦め掛けたところでまたも雨が上がった。

ここで審判が試合決行を決断。グランド整備後試合を開始することになった、ただ、また雨が強く振り出したら中止にするという条件付き。ことは急を要する。

で、先のエントリのように両チーム関係者総出のグランド整備となったわけです。
早朝と比べれば2倍以上の人数になったため、かなり速いペースで水たまりが減っていった。
それでも完全になくなった訳ではない。外野にはまだまだ水たまりがある。それでもやれるに越したことはない。

ともあれ、予定より1時間遅れの午前10時に試合開始となった。

試合の方は幸先良く初回から2点を上げる。
そしてその後もこつこつと点を重ね、7回の表を終わって6対0。
出来ればこのまますっきりと終わりたいところだが、欲でも出たのか、フォアボールとヒットでランナーが二人も出てしまう。
しかし、このあと内野フライを2つ取り、あとアウトカウント一つ。

ところが、なんとここで、出会い頭のホームランが出てしまった。
しかもそのあとのバッターにもヒットが飛び出して、俄然相手ベンチが盛り上がってくる。
それでも次のバッターをライトフライに仕留めゲームセット。

3週間掛けて、ようやく夏季大会最初の勝利をもぎ取りました。

次回の試合は今週の土曜日。ついに土曜にも試合が入り出しました。
相手は埼玉の強豪シニア。春季大会でも全国大会常連のチーム相手に拮抗した試合をしている。
今回の相手よりは数段上のチームである。
この大会での最初の難関と言ってもいいでしょう。

しかし、ウチだって力は付けてます。きっと良い試合をしてくれることでしょう。
次回も会場は我がグラウンド。地の利を生かして力を発揮して欲しいと思いますね。


追記・・・土曜はグラウンド提供のみで、ウチの試合はないみたいです。
     2試合終了後に練習なんだって。どうやら最近はグランド提供出来る
     チームが減ってるみたいです。

NEC_0300.jpg
posted by かに at 00:56| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はぁ・・・
今回の水抜きは相当たいへんだったんだねぇ・・・(^-^;

相手チームも整備を手伝ってくれるとは珍しい・・・。
よっぽど日程が詰まってんだね。

でも良かった、勝って。

毎度の事だけど、子供達も父母に感謝しなくちゃね。
Posted by Ayigus at 2006年06月19日 06:42
グランドの水抜き、大変な作業のようでしたね。
でもそのおかげで試合も出来、更に勝利を飾れたのは幸いでした^^

それにしても週末の雨。もう勘弁してもらいたいですね・・
Posted by ドラ夫 at 2006年06月19日 07:58
群馬から帰ってくるみちすがら、同様なグランドの水掻き出し作業を何度も見ました。かなり絶望的な湖が出来上がっているのに、頑張っている姿も見て、頭が下がる思いでした。
雨にみずをさされても、試合は良い結果だったので何よりです。必ず全国まで行ってくださいね。
Posted by 星 十徹 at 2006年06月19日 08:23
Ayigusさん、どうもです。

相手チームが手伝うのって珍しいの?俺は前にもあったような・・・。

試合をやらせてあげたいという気持ちは一緒ですからね。変な連帯感が生まれたのかもしれませんね。
Posted by かに at 2006年06月20日 21:24
ドラ夫さん、どうもです。

水抜きの苦労も勝利があれば報われますよね。

とは言え、毎週となるとさすがにしんどい。
たまには快晴の中試合をやらせてあげたいですよ。
Posted by かに at 2006年06月20日 21:32
星さん、どうもです。

小学校の校庭と違って、河川敷は水捌けが悪いですからね。
強制的に抜いてやらないとなかなか水がいなくなってくれないですからね。

次の試合から一気に相手が強くなります。だから楽観は出来ませんが、選手を信じて応援したいと思います。
Posted by かに at 2006年06月20日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック