2011年02月24日

20

一月初めの体験見学会から早ひと月半。

一人、また一人と入団者がやって来て、ついに先日、20人に到達しました。

今年の体験見学会は去年と比べて少かった。
去年が3日間てのべ160人超の六年生が集まったのに対し今年は110人くらい。
まぁ、正直去年が多過ぎだったって気もしますけどね。

体験見学会の人数に比例してって訳じゃ無いんだろうけど、その年の入団、つまり現一年生は49人が入団。
うちの代は21人ですからその多さがわかっていただけるでしょう。

そして今年。
体験見学会の人数が減ったし、その後の普段の練習時の体験もずいぶんと少ない気がしました。

体験が少ないと言う事は、必然的に入団も減っちゃうんじゃないかと危惧していました。
しかしこの時期に20人を越えたと言う事でひとまずホッとしています。

と言うのも、例年入団者が一気に増えるのは、少年野球のスケジュールがすべて終了した後の3月ですからね。
1月2月辺りにも卒団大会がある地域は多いですからね。

それはきっと今年も変わらないと思うんですが、この3月入団に関して去年辺りからちょっと違った兆候もあります。
体験見学会でうちに入団を決め、その後体験を一切せずに少年野球が終了したらすぐに入団って子が結構多いんです。
体験見学会が1月初旬。入団が3月。その間一度も来ないんですから、入団しないんじゃないかって思いますよね。

どういう経過を経て入団でもうちとしては歓迎なんだけど、いいのかなぁ?って思うところもありますね。

我が家の場合。
11月末まで県大会がありましたので、見学に行き始めたのは12月に入ってからでした。
それから入団届けを出した1月中旬までの間に5つのチームを見て回りました。
特に意識したのは練習開始から午前中の間にどんな練習をするか。
アップが終わった後にどんな練習をするかって、結構チームによって特徴がありますからね。
そして一番自分に合ってるとしてまーぼが選んだのが今のチームでした。
ここが良いって思ってから2度体験をして、その後決意を決めて1月中旬に入団。そんな感じでした。
ちなみにまーぼは硬式チームに入団した以上もう軟式ボールは握りたくないって言って、卒団大会当日以外は少年野球に顔を出しませんでした。卒団大会すら「出たくない」って言ったんだけど、それはさすがにダメって当日のみの参加になったんですけどね。

まぁ、あくまでこれは我が家の場合。
チーム選びはそれぞれの家庭で違うでしょうから良いんですけどね。どれが正しいって訳じゃないし。

選び方はどうあれ、選手が増えるのは嬉しいです。
ただ、、、流石に覚えられないんだよなぁ。あまりに多いと。
49人いる現一年生一年生。未だに顔と名前が一致しない子が半分くらいいるんだよなぁ。(^_^;)
posted by かに at 09:49| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1年後を考えると、小猿くんも決めてる頃なんでしょうね。。。まだまだ先のこと、って思ってたんですが早いなぁ^^;
うちも2月中旬までは、なんだかんだとローカル大会があるようですから、どれほど体験にいけるかわかりません。体験に行かずに部活って決めるかもしれませんね。
とにかく、決めるためのサポートは全力でしてあげないと、って思ってます。
Posted by PAT at 2011年02月24日 23:08
ウチは卒団試合の日が卒団式だったんで、体験以外は硬式の練習には参加出来なかったです。
6年生は、チームへの奉仕って事で。

でも、その間も気持ちはすっかり硬式へ行ってましたけど(笑)

Posted by ハッシー at 2011年02月25日 11:13
PATさん、どうもです。
体験はそれほど多く行く必要はありません。
信頼出来る先輩父兄などに話を聞いて、3チームくらい行ければ十分です。
体験会以外でも体験は受け付けてくれるチームがほとんどですから時期については焦る必要はありませんよ。
軟式でも良いチームはたくさんあります。
要は信頼して任せられる指導者がいるかどうか。
どんなチームを選ぶにせよ、選んだ以上は止めずに続ける。これが一番重要な事だと思います。
小猿くんに関してはその点は心配無いでしょうけど。

ハッシーさん、どうもです。
ウチは秋に行われる公式戦が一通り終了した時点で世代交代ですから、その時点から来る来ないは任意になります。
この辺はチーム事情によりけりなんでしょうね。

Posted by かに at 2011年02月27日 07:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック