2011年02月21日

合格御礼

昨日の日記に速報として書きましたが、まーぼが第二志望の大学に合格しました。

合格発表の時間は午前11時。
これまでの数校と同様、この時間になったらインターネットで確認する予定でした。

ところがその20分前。

ピンポ〜ン。とインターホンがなりました。

出てみると速達の封書を持った郵便の配達員さん。

それを受け取ってパッと見ると!

『S大学入学手続き係』とあるじゃない!

こ、これって!!

慌てましたさ。まだ20分もあると思って心の準備は出来てなかったからね。

しかも奥さんは風呂に入ってるし、まーぼに至ってはまだ夢の中だし。(^_^;)
(緊張するからギリギリまで寝倒すつもりだったらしい。まだかまだかと待つのが嫌なんだって)

慌ててまずは奥さんに声を掛け、それからまーぼに声を掛けた。

当然ながら飛び起きたまーぼ。

と、同時に風呂場から「5分待って〜〜」の声が。(笑)

まーぼも苦笑いしながら「仕方ねぇなぁ」と言う顔で起き上がって来た。

そして約束の5分後。

まーぼが開けた封書の中には無事合格通知が入っていました。

今回、まーぼが受験した学校の中で、学部としてのレベルは当然第一志望が一番高かったんだけど、知名度は今回受かった第二志望が一番高いんだよね。チャレンジ校を除いたらね。(ここだけは正直別枠です)

何をどう学ぶかと言うのはもちろん重要だけど、知名度ってのも就職にも影響かある気がするしね。

そういう意味で今回第二志望に受かったのすごく大きい。
本格的に勉強を始めてから実質半年でこのレベルの学校に行けたという事で、担任の先生からもお褒めの言葉をいただきました。

夏季、冬期の講習は行ったけど塾には結局お世話にならず。
やっぱり野球で培った集中力が生きたのかな。

多くの方が気にしているかもしれませんが、まーぼは大学では野球はやりません。
実際まーぼくらいの実力でやって行ける様な野球部じゃありませんしね。

どんな大学生活になるのか。

それについてはまた後日、色々決定したらこちらで報告させてもらいます。
それまでしばしお待ち下さい。

まだチャレンジ校の結果待ちではありますが、ひとまずひと段落という事で、これまで応援してくれた皆さんに厚く御礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

野球選手としてのまーぼの日記を読んでいただく事は出来ませんが、これまで同様ポツポツとでもまーぼの事を書いていきますので。
よろしくお願いします。m(_ _)m
posted by かに at 11:50| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
合格御礼"へのコメント

okosan yakyu jyozudesho ?
yakyu wo mikeizoku nisuru konkyo wo osiete ?
daigakuyakyu no reveru wa gozonjidesuka ?
okosan yakyu jyozudesho.
KEIZOKU KEIZOKU KOUKAI SURUYO.
Posted by YOMIZURAKUTE GOENNE at 2011年02月21日 19:03
YOMIZURAKUTE GOENNEさん、コメントありがとうございます。
どのような考えでこの様な形でコメントされたのか、さっぱりわかりませんが・・・・。
親として子供が野球をする姿を見ていたい気持ちはもちろんあります。
しかし子供が考えて出した結論です。
過去の自分、今の自分、未来の自分、それらを本人なりにじっくり考えて出した結論ですから私は素直に受け入れました。
まったく野球から離れてしまう訳ではありません。
それについては本文でも書いている通り、書ける時期になったら書きます。
我が家で出した結論です。ご理解下さい。
Posted by かに at 2011年02月22日 01:51
合格おめでとうございます
まーぼ君受験勉強頑張りましたもんね。

高校野球を夏まで頑張ってからの受験勉強本当に偉いです。

うちは来年次男坊の高校受験、再来年長男坊主の受験が控えてます。
Posted by RK at 2011年02月22日 13:22
RKさん、どうもです。
本文でも書いたんですが、野球を終えての受験については担任からもすごくお褒めの言葉をもらっちゃってすごく嬉しかったです。
頑張りを認めてもらえるのは嬉しいことですからね。
RKさんのお宅は2年連続ですか。そりゃあ大変だ。(^^
Posted by かに at 2011年02月23日 17:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック