2011年01月30日

バット持参

さきほど、カオス状態のまーぼの部屋から少年野球用の木バットと金属バットを発掘して来ました。

少年野球の練習中。毎回って訳じゃないんだけどノックを任されることがあります。
だけどMyノックバットを持っていないんでね、ノックをする時はいつもそばにある選手のバットを借りてやっていました。
ノックだけの時は良いんだけど、時にバッティングとノック、2カ所に分かれてって練習の時もあります。
そんな時は選手のバットを借りてノックをしているうちに「コーチ、そろそろ俺の番だからバット返して」って言われちゃうんですよね。(;^_^A

そうなるとその後はまた違うバットを借りてやることになる。
だけど、バットも重さや重心が違うから微妙に感覚が違うんですよね。

1、2年生の場合、もうね「ここ!」って位置に打たないとなかなか捕ってくれません。
よく動く選手とちっとも動かない選手がいて、動かない選手は2m離れた場所に転がしても諦めちゃったりします。
ゴロでもそうなんだからフライなんか。。。
何とか捕ってもらおうと、「ここなら届くよ〜」って位置に打ちたい訳です。
ただね、そこで問題になるのがバットの違い。
元々それほどノック技術がある訳じゃないですから、バットの違いがノックの精度に大きく影響しちゃうんですよねぇ。
アルミだったりカーボンだったり、ジュラルミンだったり。。。トップバランスだったりミドルバランスだったり。。。
長さもまちまちですしね。

と、言う訳でバットを持参することにしました。
以前から時々借りていた木バットに加えて、まーぼが小学生時代に使っていたアルミバット。
どっちが今の私にしっくりくるか。
楽しみながら試してみようと思っています。はたしてどんなかなぁ。(^^♪

posted by かに at 00:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も何度かノックを打ったことがありますが、子供たちの『オーライ!』の声が出る回数よりも、私の『ごめん!』の声の方が多かったかも^^;
Posted by PAT at 2011年01月30日 21:22
PATさん、どうもです。
私も何度「ごめん!」って言ったことか。
特にフライは難しいですからねぇ。
気を抜くと打ち損じてゴロになったりライナーになったり。
上手いこと同じような高いフライを続けられなくて。
この子の時はなんか失敗しちゃうんだよなぁってありません?
そういう時は本当に申し訳ない気持ちで。
Posted by かに at 2011年01月31日 18:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック