2011年01月28日

受け継がれている物

昨日、とある有名ブログにコメントをしている時、何となく思い出したことがありました。

今、ウチの少年野球チームで決まり事として当たり前に行われてることで、それまでは無かったけど息子が小学生時代に採用したことってのが意外にあるんですよ。

まずはコメントにも書いた『日曜日のユニフォーム着用』。
それまで練習時の着る物については特に決まりはなかった。
それまでは「練習出来てたら痛みが早くなる」と言うことで、ユニフォームは試合でしか着ることはありませんでした。

何度か書いたことですが、まーぼが4年生の時に高学年チームがスポ少の県大会で優勝しました。
この出来事はチームにとってすごく大きな転機になりました。
それまで以上にチームとしての一体感を高め、高学年低学年の垣根無くチームの連帯感を生み出したい。
そう思って日曜日だけは練習であってもユニフォームにしようと言う事になったんです。
県大会を優勝した先輩達と同じユニフォームで練習している。
低学年の選手達にとってはとても誇りになることですからね。

次に『練習着の導入』
正確には練習用ユニフォームのズボンですね。
あの真っ白なヤツです。
日曜日はユニフォーム着用が決まった我がチーム。
土曜日の練習は服装自由。
動きやすい服装ならばオッケーって事でした。
まぁ、ジャージが多かったですね。当然ながら。
でもジャージって意外に熱に弱い。下手なスライディングなんかすると一発で穴が空いちゃう。
結構不経済なんですよね。
で、経済性を考えたら練習着の方が良いんじゃないか、と考えてまーぼ達が6年生の時に数人が着始めたんですね。
値段はジャージよりは遙かに高いけど膝当て、ケツ当てが付いてるからそうそう破れない。
結局経済効率を考えたらジャージよりよっぽどいいんですよね。
しかも見た目はいかにも野球選手っぽくってカッコイイ。
小学生は目新しい物には目が無いですからね。
他の選手達もあっという間に飛びつきました。
しかも理由はしっかりとありますから。経済性を盾にされたらお母さん達だって買わない訳には行きませんよね。
かくしてあっという間にチーム内に流行しました。
ならばと新入団選手のための手紙には、強制ではなく、「オススメ」という形で明文化しちゃった訳です。
以降、結局3、4年生くらいになるとほとんどの選手が買うようになりすっかり定着しました。

次に『チームTシャツの導入』
元は父兄が着る応援Tシャツが欲しいね、って事で始まった事なんですけどね。
デザインはウチの奥さん。
ユニフォームと同じ紺を基調に、胸にはこれまたユニフォームと同じチームロゴ。
背中にはチーム名を入れてみました。
これが結構好評で俺も欲しいって子供が後を絶たなくて。
ユニクロで作ったんですが、当時のユニクロはジュニアサイズってのがそれほど多くなかったから、子供用には大人のSサイズを採用。
高学年ならこれで十分だったし、低学年がそれをダボッと着てる姿も可愛かった。
その後、ウチの代が卒団した後しばらくして新たなTシャツがデザインされ、ウチの代で作ったTシャツを着ている人はいなくなりました。
でも親も子も同じTシャツってのは未だに変わらず。

現在の父兄はほどんどがその起源を知らない。
指導者は息子が卒団すればどうしたって足が向かなくなりますからね。
当時を知る指導者は私を含めてほんの数人しかいないですね。
別に私もアナウンスするつもりもない。
でも起源を知らなくても、受け継がれている部分があるだけで嬉しいものです。

先日のブロガー飲み会でユニフォームの新調の話が出ました。
私はユニフォームに対する思い入れが強いから、ユニフォームの新調だけはどうしてもして欲しくないって思ってます。
それぞれのチームで考え方や事情があるから、新調したところについてあれこれ言うつもりはありません。
ただね、卒団して何年も経った時、ふと後輩チームを見たらユニフォームが全く変わってたら・・・。やっぱり淋しいと思うんですよね。違うチームになっちゃったって感じるんじゃないかな。
たぶんですけどね・・・もしウチのチームでユニフォームが新調されたら・・・私は今のチームを離れるんじゃないかな。
もちろん現在そんな動きもないですし、現時点でチームを離れる気持ちも全く無い。
まぁ、それくらい思い入れがあるよって話です。コーチとして同じユニフォームを着てましたしね。

受け継いでいくもの、新しくなっていくもの。
毎年選手が入り、毎年選手が巣立っていく。
関わる人間も日々変わって行きますから、チームが変わっていくのは当然です。
私もそれまで無かったものを導入したりと、チームを変えていった人間ですからね。
でも、中には変わって欲しくないものってあると思います。
posted by かに at 02:04| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
受け継がれて、”伝統”が出来ていくんですよね^^
うちのクラブは学年毎にほぼ別チーム。
応援Tシャツは学年毎に作るのでデザインも色もバラバラ・・・
でも、試合時に身に着けるユニフォーム・帽子は、受け継がれてきているものなので、これだけは変えないで欲しいです。
Posted by PAT at 2011年01月28日 23:58
私もユニフォームだけは変わって欲しくないなぁ。

でも、一番は監督です。
今でも少年野球の監督は尊敬しています。
おそらくこの方との出会いが無かったら、こんなに野球が好きになっていなかったと思います。
Posted by ハッシー at 2011年01月29日 11:14
PATさん、どうもです。
ウチは伝統って言うほどの歴史はありません。
でもこれからそれを作っていく。それを少しでもお手伝い出来るかと思うとワクワクします。

ハッシーさん、どうもです。
そういう指導者と出逢えたことは、ハッシー君にとってもハッシーさんにとってもすごく大きな事ですよね。
まーぼもそういう指導者に出逢ったからこそ、今目指している方向性が生まれた訳ですしね。
私もそんな風に思ってもらえる人間になりたいです。
まだまだ当分無理でしょうけど、もう少し人間的に成長したら・・・(;^_^A 
Posted by かに at 2011年01月29日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック