2006年05月15日

遠征より帰宅

昨晩8時過ぎ、まーぼが浜松遠征から無事帰宅しました。

すでにご承知のことと思いますが、初日の土曜は全国的に大雨。
浜松もご多分に漏れず、とても野球が出来る状態ではなかったようです。

午前中には名物『ウナギパイ』の工場へ。
そして午後からはユニフォームメーカー 『レワード』の工場へ。

「せっかく野球をやりに来たのに」なんていう愚痴が出るかと思いきや、意外にみんな楽しんだようでした。
もちろん社会科見学だけで一日が終わるわけもなく、ホテルではきっちり座学があったようです。

そして一夜明けて日曜日。前日とはうってかわって良い天気になった浜松。
前日の分も取り戻すつもりなのか、遠征参加選手全員を使って、連続で3試合を行ったそうです。

まーぼも2、3試合目にキャッチャーとして出場。
打席も3打数1安打1四球だったそうな。
俺としてはその辺の試合の話をいっぱい聞きたいと思ってたんだけど、本人が喋りたいのは、野球以外の時間。

宿舎のホテルや移動のバスで、やれ3年の◎◎さんがどうしたとか、2年の△△がどうだったと、実に嬉しそうに話してる。
よっぽど楽しかったんだなぁってしみじみ思っちゃいました。ホントにチームメイトのことが好きなんですよねぇ、こいつ。

良くも悪くもこの仲の良さがウチのチームの売り。
強豪シニアのように、チームメイトといえどライバル、相手を蹴落とさないと試合に出られないなんてシビアさがない。

でもまぁ、それもまた良しです。
もしかしたら高校ではそういう思いをするかもしれないし、もう少しこういうチームメイトを素直に応援出来る心の通ったチームで楽しんで欲しい。

そして、この仲の良い3年生と一緒に過ごせるのもあとわずか。
次の大会で敗退してしまえば3年生は引退になってしまいます。
一日でも1試合でも長く一緒に出来るように、心の底から応援したいと思います。
posted by かに at 02:13| 埼玉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5年生と一緒にしたら、まーぼ君に怒られますが・・・
我が長男も練習試合などに出かけ、結果を聞くと道中の面白話から入ります。
こっちが知りたいのは「試合」の話なのにねぇ〜、ったく!^o^
まあ、仲間と楽しくやってるということで、「ヨシ」としますかね!
Posted by さとる at 2006年05月15日 09:19
仲の良いチームメイトに囲まれて、まーぼ君!!楽しそうですね^^

時には【シビア】にそして【楽しく】なんて良い環境で子供が育ってくれるのが一番良いですね^^
Posted by とうさん at 2006年05月15日 14:40
まーぼよ、おつかれ〜。

あたしも強豪浜松戦の話を楽しみにしてたんだけどねぇ(^-^;
まいっかぁ〜・・・。

それにしても早いもんだね、、、
3年生もあとちょっと。
ついこの間入って来たばかりのまーぼ達が最上級生になるのかと思うとなんだか不思議な気分だよ。。。
Posted by Ayigus at 2006年05月15日 15:48
まーぼ君、練習試合に2試合も出て期待されていますね。羨ましい!!!
それに引き換え、うちの愚息ときたら、3年生最後の大会(全日本選手権予選)が近いというのに、控えに落とされたまま。。。
私は昨夜、出張から帰ってきてGW遠征中の試合の結果を初めて聞きました。
全て途中出場で
犠牲打スクイズ(打点1)
犠牲打スクイズ(打点1)
三塁打
三塁ゴロ
二塁打(打点2)
一塁ファールフライ
死球
本塁打(打点1)
三振
三振
四球
二塁打(打点2)
単打(打点2)
打率.555 打点9 出塁率.636 長打率1.333
と打撃はいいのですが。。。。エラーが通算で7個・・・・・
こりゃ控えのままで卒団だわ。

Posted by touch at 2006年05月15日 16:38
さとるさん、どうもです。

自分もそうですが、一番印象が強かったところから話したいものですからね。
その辺は子供も大人も一緒でしょ。きっと気付いてないだけでさとるさんもそうに違いないですよ。
>まあ、仲間と楽しくやってるということで、「ヨシ」としますかね!
そうですね、チームワークの重要性を改めて実感したのなら「ヨシ」としないといけないですね。
Posted by かに at 2006年05月15日 17:47
とうさんさん、どうもです。

やはり父としては「楽しく」ばかりでは不満に思ってしまいますもんね。
それでも良いと思えるのは低学年までかなぁ。高学年、中学生になったら、「シビア」が8割「楽しく」が2割くらいがいいかなぁ。選手は5対5くらいを望んでるのかもしれませんが。
Posted by かに at 2006年05月15日 17:51
Ayigusさん、どうもです。

うわっ!そうなんだよね。最上級生になっちゃうんだよね。秋の大会と1年生大会が終わる頃にはさらに6年生が来始めるかもしれないし。
ほんとに中学野球って硬式軟式問わず早いですよねぇ。
Posted by かに at 2006年05月15日 20:56
touchさん、どうもです。

期待されてるって言って良いのか?一応全員使ったってことですし。
それにしてもやはり息子さんのチームは厳しいですねぇ。打撃だけならすごい立派な成績ですもんね。なんと言っても長打率がすばらしい。どうすりゃうちのもそうなるんだろう。見習いたいです。エラーは技術じゃなく気持ちの部分が大きくさようするから、追い込まれてこれからやってくれるんじゃないですか?
Posted by かに at 2006年05月15日 21:57
シニアも軟式と同じように、この時期が最後の大会になるんですね。もっと先まで(秋頃)試合があると思っていたので^^

先輩達と過ごす時間、1日でも長くするには大会を勝ち進むしかないですね。関東大会にまで進んだチームですから、きっと次も期待できますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年05月16日 00:44
ドラ夫さん、どうもです。

次の大会で勝ち残っていかなければ、夏の合宿は1〜2年生で行くことになります。全国まで行ければ合宿は3年生も行くそうです。ぜひそうなって欲しいと思います。
選手とも父兄ともまだまだ付き合っていきたいですから。

ただ、前回大会で関東大会に進んだことはもう無かったことにした方がいいかなって思ってます。
それを忘れてまた一から伝説を作っていく、そんな姿勢があれば、きっと良い成績が残せると思います。
Posted by かに at 2006年05月16日 11:49
次男の打撃成績を過大評価していただき、誠にありがとうございます(笑)。
実は、ここだけの話、長男のときの経験より次男にはことごとく言っていたことがありました。
長男も中学硬式経験者ですが、そのときに色々とみてきた選手の中で「レベルが違うなあ」と痛感させられたバッターが何人がいました。そこで、どうしてそう感じさせるのだろうと思い返すと、ひとつの共通点が浮かび上がりました。それは彼らにとっては打ち損じがシングルヒットなんです。
詳しく言うと、通常、バッターは内野手の間を抜く(内野手の頭を越す)ヒットをまずは狙うでしょうが、彼らはあたかも外野手の間を抜けるヒットを狙っているようでした。つまり、外野手を内野手のごとくイメージしているかのようなのでした。そして、それを打ち損じた場合、内野ゴロになってしまうわけですが打球が早いため、内野を抜けていき、シングルヒットとなります。
ですので、次男のおりには、「外野へ速いライナー打球を打て」をテーマにし「そうすれば、飛距離もついてくる」といっておりました。
ですので、長打が多いといっても飛距離が凄いわけではありません。外野の間のあたりの距離に外野手が追いつけない速い打球がいっているだけです。
でも、これをマスターさせるために守備練習をおろそかにしてしまいました(笑)。
Posted by touch at 2006年05月16日 15:25
touchさん、どうもです。

いやー本当にtouchさんの話は勉強になります。m(__)m

>外野手を内野手のように
>外野に速いライナーの打球を打て
ともにすごく考えさせられました。

息子はずっと打撃が苦手で、特に長打率が低いんです。
私はどうすれば外野の頭を越える打球を打てるようになるかばかり考えていましたが、今回の話はぜひ息子に伝えようと思います。

そういうバッティングが出来るようになるのは、まだまだ先の話でしょうが。

Posted by at 2006年05月16日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック