2010年11月16日

その力が…

先日の日曜日。
例によって私は河川敷に出動してました。

この日の予定はオープン戦。
しかも相手は関東大会のチャンピオンチーム。
とうぜん私も気合入れて応援し、写真を撮りましたよ。

と、結果はなんと3連勝。
3試合やって3つとも勝っちゃったんです。

とは言っても所詮はオープン戦です。
こっちはチャンピオンチームが相手だと気合を入れても、相手はそこまで気合を入れる理由もないですからね。
そう言う訳で額面通りにこの結果を受け取ることは出来ないけど、それでもそれだけの力があると言うことだけは事実。

ただそれを公式戦で発揮出来ない。
ここ2年、そう言うことが続いてるのがすごく悔しくてね。

実力通りの試合をするって本当に難しいことなんだよね。

振り返ってまーほ野球部の最後の試合。
結果は負けだったけど、出せる力はある程度出せたような気がする。
エースは故障があってほんらいの力は出せなかったけど、その時点で出来る精一杯は出せたんじゃないかな。

試合後にまーぼが見せた涙。
あれは悔しさじゃなく、やり切ったからこそ出せる涙だったんじゃないかな。
だからこそ、その後友人達とすごくいい顔で話が出来たんだと思う。

試合で本当の力を発揮するためにはどうすればいいのか。
総監督ともその事で話したりしたけど、簡単にこれって答えられるものじゃないよね。

ただ、最近ブログ仲間と話をして気付いたことがあるんだよね。
長くなっちゃうからその事についてはまた後日ね。
posted by かに at 22:07| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
緊張する場面で、”本来の力”を出すことって、難しいですよね。
試合が終わって、『あの場面・・・』と思い出してみると、『チームの本来の力なら・・・』『アイツの本来の力なら・・・』と思っちゃうことがホント多いです。

>最近ブログ仲間と話をして気付いたことがあるんだよね。

なんでしょう?すごく気になります。続きをお待ちしてます!^^
Posted by PAT at 2010年11月17日 20:40
何度も言っちゃいますけど、まーぼ君のあの写真は、思い出しただけでもジーンと来ちゃう。

ホントにホントに貴重な一枚・・ですよね。
好きだわ〜、あの写真。
Posted by ハッシー at 2010年11月18日 10:57
PATさん、どうもです。
結局はたらればになってしまうんですけどね。
しかも何を持って「本来の力」とするのかですよね。
緊張する公式戦で出せたモノが真の実力という考え方もありますしね。
と、すればウチの選手達はまだまだ力が足りないと言う事なんでしょう。
もう一皮むける様に、応援していきたいです。

ハッシーさん、どうもです。
ありがとうございます。(*^_^*)
そう言っていただけると本当に嬉しいです。
あの1本、あの結果があるから余計に充実感を感じていたのかもしれません。
実はいまだに私の携帯の待ち受け画面になってます。
親バカですね。(*^_^*)
Posted by かに at 2010年11月18日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック