2010年10月29日

ドラフト会議

ベイスターズの現状が現状ですからねぇ。
正直例年の様にドラフト会議を楽しむ余裕は無いんですけどね。

それでも注目度の高い選手がいるドラフトというのはやっぱり楽しいもんです。

しかしね、やっぱりベイスターズは誰がクジを引いてもくじ運が悪いなぁ。
一体いつになったらクジで勝てるんでしょう?野球で勝てないんだからせめてクジくらい勝って欲しい。(T_T)
嗚呼言ってて虚しい_| ̄|○

ハンカチ君は日ハムですね。ケンシがいますからね、パ・リーグは日ハムを応援しているだけに嬉しいね。
でもね、いろんなところで日ハムファンの方の意見を見てると、「駒苫の3連覇を破った斉藤」ってイメージがまだ強いみたいで、好きじゃないって人が結構いるみたいだね。
多分全国で一番アンチが多い地域なんじゃないかな、北海道が。
その北海道のチームがクジを引き当てるんだから運命って不思議だねぇ。

さて。
ベイスターズのこともちょっと書きますかね。
私はね、本当は成立して欲しかったんですよ、この交渉が。
確かに本拠地移転とか不安要素はあるけど、放送局がオーナーだという利点をまったく感じさせないTBSにはほとほと嫌気が差してましたしね。たまに中継したと思ったら、ベイスターズの応援って言うより番宣ばっかりだし。

まぁ、住生活の方にも不安はありましたけどね。
神奈川県知事が余計なこと言った途端に、売り言葉に買い言葉みたいな感じで会長がコメント発表しちゃってるし。
ああいうおしゃべりな人がトップにいたらきっとこれから苦労するだろうな、とは思いましたよ。
どっかの大新聞チームみたいにね。

私はね、チームが強くなるなら本拠地移転もやむなしという考えでした。
もちろん横浜という地名にこだわりはあるし、移転して欲しくないですよ。私も一応横浜生まれですしね。
でももし、すべてを残せないのだとしたら、ベイスターズという球団名を残して欲しいんですよね。
もし変わってしまうならホエールズになるとかね。(*^_^*)

私自身、今年は一度もハマスタに足を運べていない。そんな私があれこれ言うのもおこがましいんだけどね。
このチームが変わるとしたら監督やコーチを変えるとかそういうことではなく、もっと根本から変えないとダメなんじゃないかと思っちゃってます。
それこそ本拠地を変えるほどの荒療治をする必要があるんじゃないかな、とね。
それでもし内川や村田がチームを離れるのだったらしょうがない。
もちろん本音は来季もいて欲しい存在だけどさ。
でもこのチームがズルズルと生まれ変われずにいるのは、横浜という素晴らしい地域にいるから何じゃないかなと思うんですよね。
上手く言えないんだけどね、ベイスターズにとって、横浜という土地は最大の利点でもあり、最大の欠点でもあるんじゃないかと。

だから、万が一住生活が買収に成功して移転ということになっても、それはやむなしかなと思ってたんですよね。
横浜で継続ってのがベストだとは思うけど、移転したら何かが変わるんじゃないかって、期待がちょっとだけあったんですよね。

まぁ、交渉打ち切りですから、こんな話をいくらしてもしょうがないんですけどね。
ファンとしてはこんな状態を打破するにはやっぱりハマスタを人で埋めてやるしかないんじゃないかと思うんですよね。
そうすれば選手もより発憤するだろうし、チームとして魅力的なんだと思ってどっかの良い企業が手を挙げてくれるかもしれないですから。

来シーズンはTBSラストイヤーと思って、まだ見ぬ新オーナー企業に夢を馳せようかと思っています。
posted by かに at 02:39| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大学生の投手の指名に注目が集まったドラフトでしたね。
ハンカチ君の交渉権を得た日本ハムですが、2位指名の西川遥輝選手にも注目してくださいね!(私ったら智弁和歌山ファンなので^^;)

>ベイスターズにとって、横浜という土地は最大の利点でもあり、最大の欠点でもあるんじゃないかと。

コレ、わかる気がします。
タイガースも、”ダメ虎”と呼ばれ続けた【暗黒の時代(1990年代)】がありましたが、そのとき私も同じように、あれだけ負けても熱烈に応援するファンがいる大阪・神戸(というか甲子園)にいるから変われないんだろうなって思ってました。
結局、タイガースは、移転することなく、タイガースとしては珍しい外部からの監督(野村、星野両監督)の手によって再生されましたが、ベイスターズはどうなるんでしょうねぇ。。。
Posted by PAT at 2010年10月29日 22:18
地元にチームがあるのは、素晴らしいことです。


私、寂しい辛い日々をおくりましたから。


逆説的いえば、北海道ファイターズのように、
新潟、静岡、
に行けば、大歓迎でしょう。

少年野球の子供達の眼の輝きがちがってきます。

『神奈川を制するものは…』


そのうち、
昔物語りになるやもしれません。

沖縄強いのは、指導者もですか、

プロ野球キャンプの影響大と考えていますから、

Posted by 九州の野球小僧の父 at 2010年10月30日 07:45
PATさん、どうもです。
西川選手ですね。チェックしておきますね。
阪神が甲子園という舞台を捨てることはあり得ないと思いますが、どんなに弱くても応援していたということは、財産でもあり重荷でもありますよね。
でも強い時に応援するのは当たり前の事。ベイスターズも優勝の敏はにわかファンが増えましたしね。
でもきっとそのにわかファンの方も応援を辞めてしまった人がいると思います。それではね。┓(´_`)┏
長く応援しているからこそ、ファンはどうするべきなのか、考えてしまいますね。

野球小僧の父さん、どうもです。
難しいですよね。
日ハムの様な成功がどのチームにも当てはまるとは限りませんから。
そもそも神奈川の野球選手の内、どれほどの選手がベイスターズ選手になることを願っているか?
野球人口の多い神奈川県で本当に地元に愛されれば、もっと球場を埋められるだろうと思うんですよね。
昔からそこにチームがあるから、あるのが当たり前。でも無くなるかもしれないって思うと、やっぱりイヤですからねぇ。
北海道の様に老若男女多くのファンが集まるチームを目指して欲しいんですが、きっと難しいでしょう。地域性もあるし。
静岡はともかく(サッカーファンの方が多いってイメージしかないから)新潟ならもしかしたらって可能性もありましたからね。。
ちょっと文章が支離滅裂になってきちゃいましたね。
それだけ今回の問題に関して私の考えも支離滅裂なんだと思って下さい。
Posted by かに at 2010年11月01日 12:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック