2006年04月09日

ひじ痛ゼロ宣言

実はまーぼは去年の春からひじを痛めていました。
それはシニアに正式に入団し、それまでやっていた投手、サードから捕手にコンバートされた頃とかぶります。
不器用なまーぼですから、投げ方の違いに対応が遅れ、思いもしないほどひじに負担が掛かったのでしょう。実際、夏前には投げるのがつらくなり、治療に係り1ヶ月ほどノースローの日々を過ごしました。


私はその時の治療で痛みが完全に消えたもんだと思っていたんですが、実は練習再開して間もない頃には、かすかな痛みがあったようです。その小さな痛みはずっと消えることなく付きまとってきていました。
それでもその後は投げられないほど痛むことはなかったため、私に申告することなく来ていたんです。


それを申告されたのはつい最近でした。最初に聞いたときはすごいショックを受けました。
あぁ、また休ませなきゃいけないのか。これで背番号はもらえないだろうし、今まで気付いてきたポジションも危うくなるんだな、と考えてしまったんです。ひどい親ですね。
中、高校生になればみんなどこかしら痛めていて、それと上手く付き合いながらやっていくしかないんだろうと考えていたんです。


しかし、それの考え方を覆してくれたのが、metooさんの書かれている『少年野球BLOG』の『ひじ痛よ、さようなら!』という記事でした。

metooさんの息子さんのひじ痛を治したのは、同じ少年野球ブロガーでもある満木月風さんでした。
私自身、それまでも満木さんのブログも読んでいたんですが、やはり長くしみこんでしまった知識、固定観念はぬぐうことが出来なかったんです。
それでも、毎日読んでいるブロガーの体験談は私の心に強くしみこみました。放置するくらいなら一度行ってみよう、ようやく重い腰を上げたのです。この決断は今となったら大正解でした。

詳しい処置方法などは満木さんのブログやホームページを読んでいただきたいので私は書きません。

でもひとつ断言できることがあります。



まーぼのひじ痛は消えました。



今朝も確認しましたが、一切痛みはないそうです。
昨日から何度「ホントに痛みがないの?」と確認してしまったことか。それほどあっさりと治ってしまったんですから。
でも痛みがないのは本当なんです。治療後にボールをスローして痛みがないと言うことを実感したまーぼの顔は輝いてました。
帰宅のため車に乗り込んだ後も、「すげぇよ、すげえよ。これマジすげえよ。」と興奮状態。
そして正捕手の先輩もここで治療を受けるべきだと力説を始めました。彼はまーぼ以上に肩が強く素晴らしい選手なのですが、肩を痛めているんです。しかし正捕手というポジション柄、長期に欠場するわけにはいかず、完治しないままずるずると来ています。
これまでひじを痛めてきたまーぼと同じように。
そんなまーぼも驚くほどあっさりと痛みが消えたんですから、あこがれの先輩の心配にまで気が回り始めたんでしょう。

満木さんは「すべての野球少年のひじ痛を治しますよ」と話していましたが、全然不可能なことじゃないと思いましたよ。
本当にすごいです。
今、息子さんがどこかを痛めて苦しんでいるのなら、ぜひハートフィル治療院の満木さんのところに行ってみることをお勧めします。
ウチはシニアの練習後、迷いながら2時間以上掛けて行ったんですが、これなら3時間掛けたって損ではないと思ってます。

今日、試合のため出かけていくまーぼの顔は晴れやかでした。
それはこれまで苦しめられてきたひじの痛みが消えたから。そしてこれからもひじを痛めるのではと怖がらなくて良くなったのですから。
今まで以上に正捕手獲得に邁進して、素晴らしいスローを見せてくれるでしょう。

最後に、満木月風さん、本当にありがとうございました。
そして、きっかけを下さったmetooさんありがとうございました。
posted by かに at 07:50| 埼玉 ☁| Comment(11) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむふむ・・・。
そうなんだぁ。

こういった「痛み」について皆さんいろいろと書かれてたんだね。
凄く参考になったわー。

実は、うちのお兄ちゃんも右肩に違和感があって、外野手を外されそうになってるんだよね。
(だから最近はもっぱらサードの練習)
理由は「肩が弱いから」と言うこと。

前は遠投を100m以上投げてたらしいんだけど、今は肩痛で80mも投げられないんだと。

右肩を回すと「コキッ、コキッ」と音がするの。
練習の休みはないし、接骨院だってろくに行けなくてさ・・・。困ってたところなんだわ(+_+)

満木さんのところは、千葉県だけど土日にやってるって書いてたね。
練習の休みはないので、いつ行けるかわからないけど、急な休みが出来たら電車ででも行ってみようかなぁ・・・。

皆さんのHPやブログを参考にして、もうちょっと勉強してみますぅ〜。
Posted by Ayigus at 2006年04月09日 08:30
私も満木さんのHPに紹介されている「足組法」「足踏み法」「捻転法」を自分で我が子にやっています。これで次男の左肩痛は消えました。
長男のヒザ痛も・・・満木先生からメールを頂きまして・・・
ついでに妻の足首痛も消えました。
私の素人施術でもなんとかなっていますのが・・・
できれば、直接見てみたい!
千葉は遠いです・・・
Posted by さとる at 2006年04月09日 10:46
 まーぼ君もひじ痛でしたか。色々な状況から本人が言い出せないこともあるようです。あまり過敏になってはいけないかも知れませんが、肘や肩を頻繁に気にする仕草をしている子には声を掛けるようにしています。
 まーぼ君もひじ痛が消えて良かったですね。体験した人にしか分からない驚きがあるのだと思います。これでまた野球に打ち込めますね。
Posted by 四十肩コーチ at 2006年04月09日 13:58
Ayigusさん、どうもです。

可能ならば是非連れていってあげて下さい。
すぐが難しければ、ホームページを見ながら親がやってあげるだけでも良いと思いますよ。
Posted by かに at 2006年04月09日 20:09
さとるさん、どうもです。

私も一度素人施術をしてみましたが、その時はヒジの痛みを取れませんでした。
今回まーぼが体感したんでやりやすくなるかなとは思ってます。

さとるさんの5月の上京の時に会えるといいんですけどね。
Posted by かに at 2006年04月09日 20:18
四十肩コーチさん、どうもです。

筆舌に尽くしがたいって、こういうことを言うんでしょうね。

まのあたりにした今でも、まだ?が渦巻いてますが、痛みがなくなった事は事実ですからね。
Posted by かに at 2006年04月09日 20:27
かにさん、まーぼ君、遠路お疲れ様でした。
そして、まーぼ君が1年ぶりに思い切り腕が触れると聞いて、正直涙が出そうでした。
私ごときの腕でこんなにも多くの人に喜んでいただけるのは本当にうれしく思うのです。
おかげさまで(?)、土日は野球肘少年が大量に押し寄せ、ブログの更新も出来ません。
また痛めることがあっても、私が絶対の責任をもって治療に当たりますので、心配せずに、思い切り、プレイをしてください。
とにかく痛くなったら、即調整!
全治4週間なんて言わせません!
これからもよろしくお願いします。
Posted by 満木 月風 at 2006年04月10日 00:37
69年トリオ
お会いできて嬉しかったです!
私もまーぼ君の笑顔も見れて、自然と笑顔になりました。

さとるさんの出張に合わせて、ぜひ朝まで飲みましょう!

Posted by metoo at 2006年04月10日 13:58
満木さん、どうもです。

ほんっとに感謝してます。
日曜に試合中、ブルペンキャッチャーをしてましたがやっぱり痛みは出なかったそうです。

私のブログはチーム内でも数人が読んでいるをですが、早速反響がありました。
このままチーム内のひじ痛撲滅に尽力していくつもりです。
Posted by かに at 2006年04月10日 19:43
metooさん、どうもです。

こちらこそ、お会い出来て嬉しかったです。metooさんの生ボウズ頭も見られましたし。

5月には肝臓を整えて臨みますから。楽しみです。
Posted by かに at 2006年04月10日 19:49

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。

腰をお大事に。
Posted by 腰痛アドバイザー at 2008年03月14日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

長男=ヒザ痛!次男=肩痛!
Excerpt: 先週末に長男が言い出しました。 「ヒザが痛いねん・・・」 春休みに入り、我がチームの高学年は朝6時〜7時半までの"朝錬"を実施中。 これが、階段ダッシュとか坂道ダッシュとか下半身強化メニューがふんだ..
Weblog: 「さとる」の少年野球days!
Tracked: 2006-04-09 10:47

metoo様、満員御礼でございます!
Excerpt: metoo様、土曜日・日曜日と野球少年が大量に押し寄せてきました。 「明日、投げれるようにしてください!」 「親からは、そんなところで治るわけ無いだろ・・といわれましたが、どうしても、レギュラ..
Weblog: ケガやスポーツ障害(野球肘・野球肩)の無い野球選手になろう!
Tracked: 2006-04-10 17:36