2010年08月23日

梨元さん死去

芸能レポーターの梨元勝さんが死去されました。
病床からツイッターで日々ツイートされていましたから、いつか元気に復帰してくれるものと信じていました。

梨元さんとは現場では幾度となく遭遇したことがありますが、実際にきちんとお話ししたのは1度だけ。
誰だったか忘れましたが、芸能人の過去についての取材で梨元さんに取材をした時でした。

ずいぶん昔、20代の頃でしたからまだまだぺーぺーの駆け出し記者。
質問だってたどたどしかったと思いますが、忙しい中で20分以上も電話で話してくれました。

元々、梨元さんというのはウチの出版社で随分昔に発行していた「ヤングレディ」という女性週刊誌の出身だったそうです。

私が記者になり、いろはを教えてくれた先輩記者がまさにその「ヤングレディ」で梨元さんと一緒に働いていた人で、その方から梨元さんのことはよく聞いていました。

当時から梨元さんは取材力抜群。
良い情報をもってくるんだけど、文章を書くのがすごく下手。
で、業を煮やした編集者が「じゃあ口答で報告しろ」って言ったら、これがまた抜群。
例の「恐縮です」こそ無いものの、立て板に水の如くペラペラと報告をし、それがまた抜群に面白かったそうなんです。

それを聞いた編集者が「お前は雑誌よりテレビの方が向いている」と言ったのが、芸能レポーターになったきっかけになったのでは、と先輩記者は話してくれました。

そういう話を聞いていましたし、見聞きする話を含めて、梨元さんは他の芸能レポーターとはひと味も二味も違いました。

私は現場で実際に自分が見た物を書き記事にする仕事です。
読者の方の中にはうがった見方をする人がいると思いますが、写真を撮るという作業をしている訳で、絶対的に「捏造」が出来ないし、しない取材をしています。
しかし芸能レポーターというのは、業界関係者や事務所関係者からの伝聞を元に「誰々と誰々が交際している」としたり顔で報道したりします。(あくまで一部ですけどね)
正直、芸能レポーターという職業にはあまり親しみは持っていませんでした。

そうした芸能レポーターの中でも、梨元さんだけはちょっと違うんですね。
もちろん伝聞が元にはなってるんでしょうが、当人に質問をぶち当てるなどして、伝聞から一歩踏み込んだ形で視聴者に情報を届けている。

そうしたところも含めて、尊敬に値する先輩記者だと私は思っています。

その梨元さんが癌に倒れた時はビックリしました。
ツイッターでの報告を毎日チェックして、復帰することを願い応援して来ました。
まったく弱気なところを見せず、前向きなツイートばかりで、きっと復帰すると思っていました。

しかしこんな事になってしまい、とても残念です。
梨元勝さんのご冥福をお祈り致します。合掌
posted by かに at 14:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック