2010年06月29日

夏の大会を前にして思う

もう少しでまーぼの最後の夏が始まります。
知り合いから聞いてはいましたが、高校野球生活って本当にあっという間に過ぎ去ります。
早い早いと聞いてはいても、まさか本当にこんなに早く感じるとは思ってもいませんでした。

最後の夏を前にして、高校野球への思いも息子が小学生時代とは少し変わりました。
息子が高校生になると、多くの方から「甲子園」という枕詞付きで応援されます。
日本国中、多くの方が、それこそ野球に関わっていようといまいと、夏の甲子園のあの感動を知っていますから当然です。

でも、実際に高校球児の親になってみると、何かちょっと違いました。
まぁ、ウチの高校がそれほど強いところではないからではあるかもしれないけど。

「高校野球の華は甲子園ではなく地方予選だ」

って思う様になりました。
毎年毎年ですから、世の中に甲子園球児出身って人はたくさんいます。
でも、その年に甲子園に行けるのは地域で1校。
ウチの高校が出場する東東京大会で言えば144校の中の1校です。
そしてその学校の中でも甲子園の土を踏めるのはたった18人。

だからこそ夢に思うんでしょうけど、大多数の球児は夢破れて涙を流す。
1回戦で負けても4回戦で負けても、例え決勝戦で負けたって負けは負け。
どこで負けたって悔いは残るんだと思います。甲子園に行けないんだから。
東東京大会の143校の悔しさ、涙、想いが詰まっている地方大会。
それこそがやっぱり高校野球の華であり、メインだと思うんです。
そういう想いを背負ってるからこそ、甲子園には意味がある。
要は甲子園って地方大会ありきの話だと思うんです。


もちろんこれは、決して強豪とは言えない学校に進んだ息子を持つ私だからこその考え方かもしれないです。息子さんが強豪校で甲子園を目指してるって親御さんには賛同してもらえないかも知れません。


昨年、今年、我がシニアは全国大会を逃しています。
全国大会に言っても十分戦えるくらいの戦力があると思ってはいましたが、結果は出場することは出来なかった。
夏の全国大会ってそういうもんだと思うんです。
戦力があるから勝てる、強いチームが勝つ、そういうことではないんだと思います。
勝ったチームが強かった。そこにはもちろん戦力の裏付けもあるでしょうが、運や勢いやその他諸々の必然があって初めてたどり着くんだと思うんです。


もちろんまーぼだって甲子園を夢見て高校野球生活を送ってきました。
他の高校球児と同じくね。
そういう思いを持っている選手達がぶつかるからこそ、夏の地方予選は面白いんだと思います。

毎年甲子園を見ていますが、決して甲子園に出ている高校すべてが素晴らしい、代表に値するくらい良い野球をしている、憧れる存在か、と言われるとそうではないです。
例えウチのシニアの力を持った選手で、そこで十分通用するって選手だとしても、行って欲しくないって思っちゃう甲子園常連校もあります。

逆に「甲子園には届かなくてもあの学校は素晴らしい」「知り合いの中学生に勧めたい」って学校もたくさんあります。

高校野球に夢を持っている中学生達ですからね。
どうしても「少しでも甲子園に近い高校」って思いを持つのは当然です。
でも息子が高校野球生活が終盤に差し掛かっているという今だからこそ感じられた思いってあるんです。
そうした思いをちょっとでも中学生の父兄に伝えられたらなと思います。

なんか話が散漫になっちゃいました。
昨日の日記にしてもそうですけどね、この時期になるとやっぱり親としても、少年野球のコーチとしても、中学野球チーム関係者としても、色々なことを思ってしまうんですよね。

まぁ、そういう人間の戯れ言です。さらっと聞き流しちゃって下さいませ。
posted by かに at 01:27| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>甲子園って地方大会ありきの話だと思うんです。

 …うんうん。確かにその通りだと思います。
私も、実際に地方大会を観戦するようになってから、
地方大会の方が好きになっています。

 いずれにしても、私は真剣に戦う球児達を応援するのみです。
魂が口から飛び出しそうになるくらい応援するので、
今年もよろしくです。(^ ^)v

 
Posted by でぃあ at 2010年06月29日 08:48
最初の一行読んだだけで泣けて来ちゃった。

色々書いたのですが、結局まとまらず・・

とにかく・・

>「高校野球の華は甲子園ではなく地方予選だ」

そうだ!そうだ!

強さや上手さに関心は持っても感動は無い!
感動はもっと別の所にある・・と思います。

今年は感動の試合がいくつ見られるかな・・。
Posted by ハッシー at 2010年06月29日 15:07
ご無沙汰しております。なんか、いい意味で考えてしまいました。野球に打ち込む子を持つ親として、いろんな考え方があるのでしょうが、どうひっくり返っても、グランドでプレーするのは子なんですよね。甲子園に行けないどころか、ベンチに入れない選手だって数多くいるのが現実です。甲子園への目標を持って、日々頑張っている選手を純粋に応援しようと改めて思いました。野球に関わりが深くなると、我が子が野球を始めた時の親としての気持ちを忘れて、批評家みたいになってしまう部分がありますので、かにさんの考え方に触れて、考えてしまいました(笑)長文失礼しました。
Posted by まっちゃき at 2010年06月29日 18:17
変な言い方になりますが、学校選びは一種の賭けかもしれません。
うちは強豪ではなく、甲子園なんて大きな事を言える学校ではありません (^_^;)
でも息子は中心選手として活躍しており、
その姿を見て私も楽しんでいます。

強豪校に行く話もなかったわけじゃありませんが、
そこに行っていたら、果たして息子はどうなっていたか?
なので私は全く、息子が選んだ進路に後悔はしていません^^

Posted by ドラ夫 at 2010年06月29日 22:24
高校野球でベンチ入りできそうな息子、シニア(二年生大会)でベンチ入り出来なかった息子と二人見ていますが共に野球が大好きです。グランドに立てる立てないは別として野球が出来ることを感謝して欲しいです^^
Posted by RK at 2010年06月30日 15:44
はじめまして。
同じ高校3年の野球部員の息子を持つ親です。
うちの息子はベンチ入りが叶いませんでした。息子の高校は、都立ですがここ数年それなりの戦績を挙げて、部員も相当数います。(但し、ラスト2の高校とは違うようです)自分の実力以上の高校に入ってチャレンジした結果ですから仕方ないのですが…。(+o+)というのが正直な親心でした。こんなことならレギュラーを取れそうな高校に行かせれば良かったと思った事も事実です。
然しながら、先日実施された引退試合を見て、その心の狭さに恥じている次第です。
そこには背番号もレギュラーも関係なく、一緒に辛い練習をやって来た仲間達が楽しそうに且つ涙を堪えながらプレーをしていました。
甲子園に出ようが予選大会の1回戦で負けようが、息子の様にベンチ入りさえ出来なかったとしても、どんな結果であろうと、それぞれが真剣に向き合って来たのなら…。
そんな姿を見て涙するバカ親ですが、それなりに幸せ者だと思います。
まーぼ君の同級生君。夏の大会にスタンドで、大きな声で仲間達を応援してくれると…いいなぁ!
Posted by 渉外担当 at 2010年07月01日 17:25
でぃあさん、どうもです。
大規模な舞台と小劇場の違いって言うのかな。
地方大会ってすごく近い目線で感情移入出来るんですよね。
もちろん知り合いが出ていればもっと感情移入しちゃうし。
でも甲子園の様な大舞台だと、なんか違うんですよねえ。
ともあれ、今年も応援お願いします。<(_ _*)>

ハッシーさん、どうもです。
>強さや上手さに関心は持っても感動は無い!
そうそう、甲子園だとどうしてもそっちに目がいっちゃうんですよね。
野球をやる以上「より速く、より強く、より遠くに」という気持ちを持ってやるのは当然ですが、それと感動はまた違うんですよね。
本文に思いっ切り感情込めて書いた文、今、どう書こうとしてもうまく書けないんですが、ハッシーさんのおっしゃりたいことはすごく分かります。

まっちゃきさん、どうもです。
甲子園に行けた高校球児と行けない高校球児だと、行けない球児の方が圧倒的に多いですよね。
つまりその多い方にスポットを当てるって考えれば、当然地方大会がメインになると思うんですよね。
プレーの善し悪し、勝敗を語るのは元球児や野球好きのオヤジにやらせておけばいいじゃないですか。私達はそういう高校野球評論家じゃない。野球少年の親なんですから。
どうでしょう?

ドラ夫さん、どうもです。
誰にとってもベストの高校選びって無いと思ってるんです。
結果として「この学校を選んで良かった」と思えるかどうかだと思います。
そう思う理由がメンバー入りしたからか、それともそれ以外かということも人それぞれ。
厳しい環境で切磋琢磨出来たから良かった、という人もいるでしょう。
日本全国で夏の大会で負けないのはたった1校。
それ以外はどこかで負けるんです。
私は悔いのない負けって存在しないと思ってます。
どんなに良い試合をして力を出し切ってもやっぱり負けたら悔しいし悔いが残る。
だからこそ、大会の結果ではなく、そこまでの日々がどうだったかが大事なんだと思います。

RKさん、どうもです。
グランドに立てたとしても立てなかったとしても、最後の瞬間まで辞めることなく野球部員であり続けた、そこが一番大事なんだと思います。
つらく厳しい環境、チームメイトや指導者との軋轢など、様々な理由で辞めてしまう選手がいます。
辞めなかった選手は間違いなくそうした選手より勝ってると思うんです。
例えメンバー外であっても。
どうでしょう?違いますかね?

渉外担当さん、はじめまして。コメントありがとうございます
私が書いた友人にしても大会となれば一生懸命応援すると思います。
試合をしているのはチームメイトであり友人なんですから。
人数が多い、少ないではなく、そういう友人関係、チームメイトとの関係が築けるか。
一番大事なのはそこだと思うんですよね。
仲間を思う気持ちを持つことは、人間にとって絶対に必要なことだし、親として息子に養って欲しい気持ちだと思うんです。
親って欲張りですからね。
息子がメンバー外ならメンバー入りして欲しかった。
息子がメンバーならスタメン入りして欲しい。
息子がスタメンなら活躍して欲しい。
そして何より試合に勝利して欲しい。
そういうもんだと思います。
でも、息子は与えられた環境で一生懸命にやるだけ。
その結果がどうあれ、全力で迎えてあげればいいんだと思います。
それが出来るのは親だけなんですから。
Posted by かに at 2010年07月02日 17:58
小学校2年生の7月から野球を始めた息子。
今年高校2年で9年たちました。
学童野球では、3年生からほぼレギュラースタメン。市内では強いチームだったので、6年生で都大会まで楽しませてもらえました。
中学では強豪シニアを選び、さらに同じポジションにわざわざ呼び寄せたくらい上手な選手がいたため、最後までそのポジションは譲ってもらえず、ベンチ入りしても公式戦はほとんど出られないまま終わりました。
そのつらさが本人身にしみており、高校は強豪ではなく、自分が活躍できる中堅校にと希望し、同じポジション争いする選手がほぼいない状況で、1年秋からスタメン出場を果たせました。
今年も今日一試合目があり、無事勝つことができました。
私自身が野球好きで、一緒に楽しませてもらえた9年間。あと1年かと思うと、めちゃくちゃ寂しいです。
目標は上を見るときりがなく、やはり甲子園を目指していますが、とにかく怪我なく野球ができることが一番なのかな〜と思わされてしまいました。
野球をやってきたことで、学べたことはとても多く、これは一生の財産になる経験だろうなと思います。
あと一年、親子で野球そのものを楽しませてもらいたいと思っています。かにさんも暑い夏、楽しんでください。
Posted by 高校球児母 at 2010年07月05日 00:12
高校球児の母さん、コメントありがとうございます。
勝利おめでとうございます。
息子さんは今高2ですか。
ここからの1年、本当に早いですよ。あっという間です。
コメントを読ませて頂いて、境遇は息子と一緒だなぁと感じました。
残る1年、親子で存分に楽しんで下さい。(^^
Posted by かに at 2010年07月05日 15:14
実はときどきコメント書かせていただいています^^。
息子は西東京の高校のため、残念ながらかにさんの息子さんチームと対戦することなく終わってしまいました。
「目指せ甲子園ブック」手に入れましたか?
今年は東西両東京なので、去年より楽しませてもらっています。実は、息子はバッティングしている姿が掲載されていました^^。
あともしかしたら、次の代でキャプテンをやるかもしれません。ますますかにさんの息子さんと似ている境遇になるかもしれないですね!
キャプテンをやることで、大変だけど、その分いろいろな意味で勉強になるだろうと思っています。
ところで、ずっと涼しくて何か物足りなく、夏は暑くなくちゃ!と思ってはいましたが、いざ暑くなると、スタンドでの応援大変でした。水分、それもスポーツドリンクのようなもの、必須です。
11日初戦ですよね?たぶん山は18日かな?
うちもあと一勝すると山が17日です。17日勝つと神宮が見えてくるかもと思っています。
暑い夏、がんばりましょう!!
Posted by 高校球児母 at 2010年07月06日 00:50
高校球児母 さん、どうもです。ごぶさたしております。
「目指せ甲子園ブック」は確か息子が学校で予約してるはずなんですが。。。まだ実物は見ていないんです。早く見たいです。
息子さんはキャプテン候補なんですか。大変ですよ〜。キャプテンって。その親も。(^_^)
でもその分やり甲斐もあるんでしょうけどね。大変な思いも楽しい思いもどっちもあるでしょうが、それも含めて楽しんじゃって下さい。

で、我がチームですが、18日はもちろんそうなんですが、それ以前にまず初戦の11日が勝負です。
決して楽に勝てる相手ではありませんしね。結果はどうなるか分かりませんが、思いっ切り声を出してこようと思ってます。
東京で野球をやる以上、神宮のグランドは味わいたいですからね。ぜひ17日に勝って神宮を味わって下さい。
Posted by かに at 2010年07月06日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック