2010年05月05日

えがお

まーぼが遠征から帰ってきました。

この遠征、勝ちより負けの方が多く、決して望ましい試合が出来たとは言えない。
負けるべくして負けたという試合もあった。

でもそれも今の息子チームの力。
受け入れるしかない。

そんな中、見られた息子の笑顔。

私はそれで十分です。(^^♪
posted by かに at 08:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マウンドの息子、先輩達に、『喝』を入れられ激励されています。

喝が活になり、勝ちにつながる、価値ある言葉。

ベンチに戻りながら「ナイス・ピー」と言ってもらって、息子の白い歯と笑顔がこぼれました。

三年生は、気合いがちがいます。
そのエネルギーを吸収して、期待に応えて欲しいですね。

Posted by 野球小僧の父 at 2010年05月06日 12:03
野球小僧の父さん、どうもです。

先輩の空気を身近に感じられるのは良いことですね。
そうした関係を作れるチーム、いいですね。
Posted by かに at 2010年05月06日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック