2010年04月23日

懐かしや

先日の日曜日。

シニアの試合のために小田原に行った私。
神奈川出身の私にとって小田原というのは地元みたいなもの。

かつて20数年前、初めて出来た彼女とデートしたのが小田原でした。
関東以外の方は知らないと思いますが、小田原には城がありまして、かつては上杉謙信や武田信玄の攻撃にも耐えたとされるかなり立派なお城なんです。

私の子供の頃は、お城の周りにちっちゃい遊園地(らしきもの)や動物園(らしきもの)があって、当時、地元では有数の観光スポットだったんです。

その日の試合が終わったのが午前10時。
息子の練習試合は埼玉県内で行われてますから、その時間から行っても1試合目は完全に終わっちゃってる。
それならせっかくだからとお土産を買うついでに小田原城観光をすることにしました。

と、言っても一人ですからそれほどのんびりはしませんでしたけどね。

車を止め、真っ先に向かったのは当然天守閣。
さすがに桜は散っちゃってましたけど、このしだれ桜はまだ咲いてた。

IMG_2324.JPG

やっぱり城と桜って合うんだよねぇ。
ソメイヨシノが咲いてる頃だったらもっと良かったんだけどね。

そこを越えてさらに進むとあるのがこちらの「常盤木門」

IMG_2278.JPG

子供の頃はとてつもなくデカイってイメージがあったけど、大人になってもやっぱりデカかったですね。

「常盤木門」を抜けて左に向くと見えてくるのが小田原城本丸。

IMG_2282.JPG

天守閣まで登ることが出来るんだけど、さすがにこの日はそこまで行きませんでした。
昔はなかったんだけど、甲冑や打ち掛けの貸し出しなんかもあったりして、城をバックに写真を撮ってる人が結構しましたよ。

IMG_2285.JPG

で、私にとって小田原城というと、天守閣と並んで思い出深いのが先程も書いた遊園地と動物園。
かつては観覧車もあったりしたんだけど、さすがに老朽化で撤去されちゃったみたい。
今はミニSLなんかがあるらしい。乗らんから見てこなかったけどさ。

そして動物園。
私が子供の頃は象や虎がいて、それなりに楽しめる感じだったんだけどね。
1999年に虎が、そして去年、象が無くなってしまったそうだ。

この象はね、ウメ子って言って日本最高齢(推定62歳)の象として人気があったんだよ。
虎の檻は撤去されちゃってるけど、ウメ子のいた場所はそのまま残ってた。


IMG_2281.JPG

無くなったのは知ってたけど、こうしてがらーんとした状態を見るとやっぱりちょっと淋しかったな。

猿だけは未だに健在。たくましいよね。

IMG_2318.JPG

俺が写真を撮ってる時も、隣で孫を連れたジジイがピーナッツをあげようとしてた。
「止めろよ」って言いたかったけど、逆ギレされてもイヤだから言わなかったけどね。
根性なしです。(>_<)

駆け足だったけどすごい久しぶりにここに来られて嬉しかった。
それもこれもウチの試合を小田原に飛ばしてくれた連盟のおかげ?(笑)

このあと、駅前まで移動して、かまぼこと塩辛を買って帰りましたよ。

なんだか小旅行って感じの遠征でした。
posted by かに at 16:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック