2010年03月29日

3人の投手

よそのチームと同じく、まーぼ野球部にも新1年生が合流し始めました。
最初は大雨でまともな練習が出来なかったようですが、先日の土曜日は天気も良く朝から一日ビッチリと練習が出来たようです。

私も以前作ったバッティングゲージの補習のため、午後から大学グランドに顔を出しました。
到着して早々は作業があったのでのんびり見ることは出来なかったんですが、一段落してからはじっくりと練習を見学させてもらいました。

この日、練習に加わっていた1年生は10人。
去年のこの時期と比べたら格段に多い数字。
大所帯の高校とは比べようもありませんけどね。

以前も書いたように今年はシニアの後輩が入学する。
そのうちの一人は投手希望のW君。体は小さいけどコントロールは抜群。
気持ちも強いタイプの子です。
コントロールが良いですから、きっと入学早々B戦の登板がありそう。

この日、ブルペンで1年生投手のピッチングを受けたまーぼも、そのコントロールを絶賛。
ここ最近の週末は雨が多かったため、3週間ほどピッチングをしていなかった様ですが、それを割り引いてもなかなかの出来だったようです。

でもこのまま順調に彼がエース候補になるかというと、そうでもない。
他にも二人、投手候補の子がいます。

一人は中等部からの内進組のT君。もちろん中学時代も投手だった。
上背もあり、バッティングもなかなか。
受けたまーぼによると「球の切れは一番良い」ということでした。

もう一人は受験組なんですが、軟式野球部出身者。
3人の中で身長は一番高い。
線が細く、ひょろっとした感じ。腰高であまりフィールディングが上手くない。
見た目的にあまり運動神経が良さそうには見えないんだけど
まーぼ曰く「スピードは一番速い」ってことのようです。

まさしく三者三様。一長一短といったところ。
後者二人はまだ硬式ボールに慣れていないという感じですね。
指先が滑って高めに抜けちゃう投球がかなり多かったですからね。
変化球もまだまだ「試合で使う段階じゃない」ということのようですが、慣れてきたらどうなるか、気になるところでもあります。

いかんせん、2年生には安心して任せられる投手がいないという状態ですから、3人の1年生投手が切磋琢磨してチームに刺激を与えて欲しいですね。
posted by かに at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック