2006年03月08日

今年の卒団生の進路

先日の日曜日に、我が市では卒団試合が行われました。

この時期には、それぞれ新しい道に踏み出しています。卒団試合というのは、中学進学を前に、勝ち負けは度外視で最後にユニフォームを着てもらおうと言う趣旨で行われています。

シニアの開幕式とかぶってしまったんで、私は見に行く事は出来ませんでしたが、怪我人が出る事なく楽しんでやれたようです。

これで6年生の少年野球における試合のすべてが終了しました。

今年の我がチームの卒団生は11人。ウチとしては一学年でチームを作れるのは珍しい事でした。

人数には恵まれていましたが、結果には恵まれませんでした。

まーぼ達の代と身体能力的に違いがある訳ではないんですが、気持ちが優しいというか、勝利に対する執着心が違ったんですかね。

何にせよ、彼らも中学校生活を見据えて、どこで野球をやるか決まってきた。

キャプテンM君は都内の私立中学に進学します。
ここは全国大会にも出たことがある有力校ですから、いまから2年後が楽しみです。

硬式を選んだのは3人。内一人はすでにチームも決め、練習に参加し始めているようだ。このチームにはまーぼ達の代の四番だった子が入っている。

残る二人は、硬式に進むことは決めたものの、まだチームを決めかねているようだ。
我がシニアに入るという子は残念ながらいません。気の優しい彼らにめっちゃ厳しいウチはさすがに視野に入らなかったみたいです。

残る7人は中学野球部に入るようだ。

その中でも私が一番期待しているのは、5年生の時に入団したY君。

彼は中学野球部を見据えてその準備のためと我がチームに入って来ていた。
しっかりとした目標を持っていたからこそ、成長も早く、昨年秋にはライトでレギュラーを獲得していた。

その気持ちを忘れないでやっていけば、野球部でもきっと活躍出来るでしょう。
何はともあれ、11人全員が野球を続けようとしているのが嬉しいですね。

全員の活躍を期待しています。
posted by かに at 20:35| 埼玉 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それぞれの道、皆さん頑張ってほしいですね。

でも東○馬はそんなに厳しいので有名なんですか?!
Posted by ドラ夫 at 2006年03月08日 21:24
ドラ夫さん、どうもです。

ウチが他に比べてことさら厳しいとは思わないんですが、今年の卒団生には考える以上だったようです。

っていうか、硬式はどこも厳しいですよね。オープン戦で対戦した相手の監督はどなたもものすごい怒り方してますから。審判をやってる私がビックリするくらい。
Posted by かに at 2006年03月09日 12:57
かにさん、こんにちわ。
審判やっていると露骨に「えー!!あれがボール!?やってられんわ!」と大声で批判する監督さんいますよね(笑)。
また、中には試合中にベンチ裏で選手に鉄拳制裁する(「?」と、しときましょう)チームも少なくないですね(苦笑)。
概して中学硬式チームの練習量は多く、そして中身が濃いですね(休む間が無いほどに)。それは中学校野球部(一般の)の練習を見学して比較してみて痛感しました。
最近、うちの下の子の中学硬式もあと半年となり、2人の子の5年間くらいの中学硬式を見てきて感じるのは、「体力」うんぬんよりも「やる気」がないと中学硬式は続かないだろうなってことでした。ですので、よほど強い意志を持って野球に打ち込む気構えの子(上手い下手に関係なく)以外は誘えないってのが本音です。でも、案外下手だった子が大化けするのも多いですよね。ま、要は「どこまで真剣に野球好きかどうか」ってところでしょうか。
Posted by touch at 2006年03月09日 15:50
全員が野球を続けるなんて指導者としては大変嬉しいですよね、今年の6年生は5人全員中学野球です、私中学にも顔出していますのでまだまだ付き合いが続きます。

たしかに硬式は練習きつそうですよね、サンスポ(分かります?)で今年選抜に出場するチームが練習・試合をする時は時々見に行ってますが○り入ったりしますよ。
ちなみにキャプテンうちの卒団生です。
Posted by 背番27 at 2006年03月09日 18:13
touchさん、どうもです。

まさにその通りだと思います。
まーぼの後輩の親からも「うちの子は体が小さいから」と言われるんですが、「やる気があるなら体の大きさは関係ないですよ。要はやる気です」
とはっきり言っています。

毎日放課後に目の前のグラウンドでやる部活と、週末に朝5時、6時に出て、30分以上かけてグラウンドに行くクラブチームとでは、おのずと求められるやる気も変わってくると思ってます。
ウチでも1時間以上掛けてグラウンドに来る選手が何人もいますから。

ですから、後輩に対してでも、「入ってくれ」と強要することはしていませんね。やる気が追いつかなくなって来たくないと言い出されたら、チームも本人も不幸ですからね。
Posted by かに at 2006年03月09日 19:00
背番27さん、どうもです。

硬式だから特別厳しいという訳ではないと思うんですけどね。軟式クラブだって十分厳しいでしょう。ウチのまわりにないから実際どうなのかわかりませんけと。(少年野球コーチさんは鬼コーチには見えませんでしたけど)

部活が楽だと考えてる訳ではないんですが、顧問の先生によるところが大きいですからね。

サンスポのこと、よくわからないです。サンケイスポーツが主催している大会って事ですか?良ければ差し障りのない範囲で教えて下さい。
Posted by かに at 2006年03月09日 19:54
全員中学に行っても野球をやり続けていただけるのは、うれしいですね。
現在長男は水曜だけ硬式クラブにてバッティング練習に参加しています。(小学5年です)
中学になったら、そのままこのチームに入れようと考えておりますが、最終的には本人に決めさせます。
やる気ですよね!やる気。
Posted by 満木 月風 at 2006年03月10日 13:27
満木月風さん、どうもです。

5年生でそのような形で参加するなんてすごいですね。
軟式と硬式では打ち方が違うから、すぐには打てないと思いますが、硬式をしっかりと打ち返すくらいのパワーが付いてくれば楽しみになりますよね。

どのチームに入るかというのは重要な問題ですが、なにより大切なのは本人の意志だと思いますね。実際に通うのは本人なんですからね。それがやる気につながると思います。不本意なチームに行かされたらやる気も失せてしまいますもんね。
Posted by かに at 2006年03月10日 14:29
>まーぼの後輩の親からも「うちの子は体が小さいから」と言われるんですが、「やる気があるなら体の大きさは関係ないですよ。要はやる気です」
とはっきり言っています。

ははは、後輩の親からよく聞くせりふですね(笑)。
私も「体格なんて関係ないですよ。それに中学で30cm伸びる子だっているわけだし。そんなことより本人が石にかじりついても、やり通してみせる位のやる気がないと続かないのが本音ですよ。体力もさることながら精神力が大事だから。そして「大きな胃」になるようにまずは鍛えた方がいいですよ、体が出来るかどうかや技術力・精神力以前にね(笑)。」と言っています。
この意味わかりますよね?(笑)
Posted by touch at 2006年03月10日 17:57
touchさん、またまたどうもです。

よーく分かりますよ。
今まさにまーぼは胃袋を鍛えているところですから。まだ1度に食べる量はさほどではありませんが(それでも私より食べます)回数が1日3食から5食に増えましたね。

食うこと、そしてよく寝ること。勉強で忙しくてもこのふたつだけはきっちりやらせないとって思ってます。天気に関係なく毎日出来るトレーニングですからね。
Posted by かに at 2006年03月11日 03:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック