2010年02月26日

悔しいね

今回のオリンピック最大の関心事が今、終わりました。

真央ちゃんは銀メダル。

序盤のトリプルアクセル×2は完璧に決めてたのに、後半の3連続ジャンプでミスが出ちゃった。
願わくばミス無く終わって「キム・ヨナとの勝負!」になって欲しかったんだけどね。

それにしてもキム・ヨナの得点は驚きだね。
正直あのドヤ顔は好きじゃないんだけど、あの場面であそこまでパーフェクトに滑ってきたんだから文句の付けようはないよね。

ちょっと得点が高すぎって気もするけどさ。
ショート、フリー共に世界最高得点だもんね。

確かにさ、それに値する演技をしたことは事実だけど、得点方式に疑問が生まれたのは事実だね。
男子フィギュアでも4回転ジャンプを飛ばなかったライサチェックが金を取り、完璧に飛んだプルシェンコが銀になった。
女子のトリプルアクセルもそうだけど、現行の採点方式では高難度のジャンプの評価がそれほど高くない。

今、メダルを取るためには高難度ジャンプって必要無いんだよね。
奇しくも男女ともに金メダリストはそういう選手が取った訳だし。
安藤美姫はずっとこだわってた4回転を捨てて金メダルを取りに来た。
結局そうすることが金メダルに一番近づく道なんだよね。
それを極めたのがキム・ヨナだったんじゃないかな。

それでも真央ちゃんがトリプルアクセルを飛んだように、プルシェンコ、高橋大輔が4回転を飛んだように、世界最高のスケーターになるためにはやっぱり高難度ジャンプって必要なんじゃないかなぁ。

このままじゃ高難度ジャンプを飛ぶのは選手の心意気次第になっちゃうんじゃないだろうか?
素人の戯れ言だけど、それじゃあつまらないって思っちゃうだよなぁ。
posted by かに at 15:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バッテリーは、投手は、
その日の球審のクセと云うか、ストライクゾーンと云うべきか、早く掴まないといけません。球審を味方にする投球術を覚えないといけません。


フィギュアスケートを見ていると、国際大会のランクがモノを云つたと感じましたね。今シーズンの成績ランクが、基準点にあるような感じがします。


カーリングは、国際試合や練習試合の経験不足かもしれません。リーグ戦になりると、野球同様さすがに、実力どうりです
トーナメントだけなら、いいのですが。


スピードスケート陣は。遠征で自分達の実力を知っているから淡々としていたんではないでしょうか。
短距離は、室内でインとアウトスタートの2度スタートです。今なら黒岩選手
勝ったでしょうね。


アメリカのスポーツ雑誌やカナダの地元の予想に近い結果で終わりそうです。
日本国内の期待込み願望込み予想は……。


さてさて、甲子園センバツ予想のほうが、やはりむすかしいです。
I君はじめ 3人のすごい投手をようする 東京代表・T高や神奈川代表強そうですね。




Posted by まーぼくん応援団 at 2010年02月26日 22:31
まーぼくん応援団さん、どうもです。

ついにオリンピックがおわっちゃいましたね。
長いようであっという間の17日間でした。

このあと盛り上がるとしたらワールドカップでしょうかね。
あまり期待出来ませんが。
それよりはやっぱり高校野球ですかね。
Posted by かに at 2010年03月01日 21:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック