2010年01月18日

出足が早い

早いところではすでに新一年生が合流し、三学年で活動している中学クラブチームもあるようですが、こちらの地域では本格的に新一年生が流入するのは少年野球の行事がすべて終了する2月末から3月というのが普通のようです。

余所は分かりませんがウチに限って言えば、例年この時期の入団は数人程度。
2月上旬の時点で10人に届かない程度というのが普通です。
そして卒団大会や卒団行事が終わる3月頃になるとドッとラッシュが起こり、現一年生で言えば最終的に39人もの選手が入団しました。

それが今年、どうも少しだけ出足が早い気がする。
先日の三連休に行った体験見学会には、延べ160人強の六年生が来てくれた。
その数自体は去年とそれほど変わらないんだけど、去年は体験後の反応がさっぱり。
やばいのか? なんて思っていたら、先程書いた通り2月末から3月にかけて驚くほどのペースで新入団がやって来た。

そして今年。
現時点での10人弱ですが、入団の意志をはっきりと表明している子が10数人いる。
まぁ、その子達が心変わりする可能性もあるけど、その子達も含めて例年通り2月末からのラッシュがあったら相当数が入団することになるかも?

まだ一年生の中には顔と名前が一致していない子もいるってのにね。(;^_^A
posted by かに at 10:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 中学硬式野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そちらは盛況ですね。
田舎の我がチーム、存続の危機が続いています・・
困った ^^;

Posted by ドラ夫 at 2010年01月19日 21:48
ドラ夫さん、どうもです。

そちらの新入団動向は気になりますね。
うちは広域から選手が集まりますが、そちらはそこまで広域じゃないからどうしても厳しくなりますよね。
それでも存続が一番の願いですからね。
Posted by かに at 2010年01月20日 15:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック